【解体業者の最新営業法で月利300万円】現役の解体企業が教える顧客獲得の仕組み

市川
日本全国で解体工事業を営まれている社長へ。 こんにちは、解体の達人を運営しています市川工業(株)の市川です。

私の父の代から解体業を創業して、30年を超え、今は二代目です。

当社は、

  • 新潟県の地方の田舎で
  • 解体工事が3ヶ月先まで予約でいっぱい
  • ホームページやちらしを使ったシンプルな方法

で、売上をあげています。

お客様の8割が個人様からの依頼です。下請けではなく、元請けで解体工事をしています。

ここでは、私たち新潟の田舎にある解体企業が、どんな営業方法をして、稼いでいるのか、その具体例をお伝えしたいと思います。

※私たちは広告会社やマーケティング会社ではありません。現役の解体会社ですので、机上の空論は一切なく、包み隠さず公開します。

解体業者が目指すべき将来像

  • 解体工事業者って、怖い人たちが働くイメージ
  • 泥臭い仕事
  • 地味な仕事

一般には、解体業ってこんなイメージを持たれがちです。

でも、私たち解体業者は、社会の基盤を支える事業である誇りをもっています。

新しい家、街のグランドデザイン、ほとんどは解体工事から始まります。

古くなった建物を壊して、新しい街づくりに貢献できる素晴らしい仕事です。

解体無くして新しい未来はない仕事なんです。

  • 世の中に大事な役割である解体業をもっと多くの方々に知ってもらい
  • お客様に喜んでいただき
  • クリーンなイメージを持っていただき
  • そして若い人たちが働きたいと思ってもらえるような業界

にして行きたいと考えております。

そのために私たちができる1つのこと

私たちのミッションは上に記載した通りです。

これを支えるのは、

  • 解体業者がイキイキと仕事をして
  • 商売がうまくいって
  • それを発信すること

が重要です。

そのために重要な2つの状態

そんな解体企業になるために、私たちが考える状態は2つです。

  • 会社が儲かっていること
  • 自社の決済権で仕事ができること

だと考えています。

下請け仕事ではなく元請けとして売上をあげ、利益をだす。

指図され、コントロールされるのではなく、元請け業者として仕事、利益率をコントロールしていくことです。

そのために、私たちが作った仕組みが

  • 個人のお客様から直接仕事をもらうこと
  • 元請けになること
  • 価格コントロールができること

という状態を作りました。

私の会社は、この分野に10年以上取り組んできて、成果を積み上げることができ、地元ではダントツの企業といっても過言ではないと思っています。

今では、個人のお客様からの予約で数ヶ月先まで埋まっています。

このような状態を作る第一歩として、私たちのノウハウとシステムを知っていただけたらと思い、このページを書いています。

このページに記載したガイドをぜひ読んでみて、実行してみてください。

具体的な方法に入る前に少しだけ私について、お伝えしておかなくてはいけないことがあります。

解体会社を継ぐ決意を。二代目をして

巷によくある話だと思いますが、私は会社経営者の息子として生まれ、おのずと会社を継ぐという流れで幼少期を過ごしてきました。

両親ともに同じ会社で経営をしていたので、毎日帰りが遅くなり、仕事の事でケンカが絶えない毎日でした。

やはり、会社経営って大変なんだな~という感覚を持ちつつも継ぐのは嫌だなと思ったことはありませんでした。

使命感っていうのでしょうか?自分が会社のために何とかしなくてはという考えの方が強かったように思えます。

20代前半の頃、他にもやりたい事もあったのですが迷わず会社を継ぐ将来を決めました。

建設系の学校へ行き、大手ゼネコンに就職。5年間の修業後に家業である今の会社に入ります。

当時は、仕事依頼の9割が工務店などの法人様からでした。

あのときはインターネットの普及も少なく、個人のお客様から直接解体屋に依頼する事は珍しく、昔から知っている工務店等に依頼するケースが多かったのです。

工務店などからの依頼の場合、どうしても元請け企業の手数料が上乗せされてお客さんの支払金額となってしまいます。

これも商売ですので、様々な手続きを行う関係上多少の手数料は当然の事ですが、中には法外な金額を上乗せする企業もあり、結果、高い!というイメージが付いてしまい内心的には納得いかないケースもありました。

これでは、本当にご依頼いただけるお客様のためにならないのではないか、という疑念が湧いてきました。

当社の様な解体屋がお客様から直接ご依頼を受けれるようになれば、もっとお得にサービスをご提供できるのに。

そこで、

「個人のお客様より直接ご依頼を受けるためにはどうすればよいか?」

の挑戦が始まります。

古い体質、社内の反発を乗り越えて・・

まずは集客、営業です。

お客様に興味を持ってもらい、問合せを増やさなければ受注もありません。

しかし、古い人間と古い体制の状態でしたので、広告、マーケティングという集客の概念などありません。

営業が根性論のみで建築会社を訪問して仕事を取ってくるというスタイルでした。

新しい営業方法を取り入れようと社長に提案しても、「そんな方法は通用しない」の一点張りで話になりません。

部長に相談しても、今までのやり方は変えられない…といった感じです。

このままじゃラチがあかない

と思った私は独断で新しい集客活動に取り組んでいきます。

ウェブサイト、チラシを作ってみたが・・

インターネットの普及がすさまじい勢いで進んでいく中、WEBサイトの整備から着手し、お客様の興味を引くような様々な仕掛けを取り入れて行きます。

次に折り込みチラシや新聞、雑誌への広告出稿にもチャレンジしていきました。

今でもそうですが、土木業界でチラシや広告を出しているところは少ないため競争はあまりありません。

当初は会社のイメージをウリにした会社概要を説明した様なホームページを作りました。

良く大手の会社などで見かけるものです。

大手企業は認知度があるのでそれでいいのですが、我々の様な地方の中小企業で、かつ解体屋など認知度があるはずがありません。

当然、問い合わせもほとんどありませんでした。

お客さんが何に反応するのか?

そこで、問い合わせの増える方法、マーケティング戦略といった本や教材を片っ端から買って独学で勉強したり、セミナーに参加して集客知識の習得にかなりの時間とお金を費やしました。

自社の強み、特徴、得意な分野…
お客様の悩み、不満、要望…

当社に依頼して頂く事によるメリット、といった根底になるものを作りあげ、それをホームページやチラシに反映させながら反応のテストを繰り返していきました。

そういった事を繰り返すうちに反応の取れるホームページの見せ方やチラシの作り方が分かってきて、問合せ件数も年々増えて行くようになりました。

一番最初、個人のお客様からの問い合わせは今でも鮮明に覚えています。年配の女性の方で、今まで住んでいた家を離れて息子さんの所で暮らすので、家を綺麗に処分してから行きたい。

問い合わせが来た時、社長も部長も少し動揺しているようでした。

お客様からの直接依頼でなければ、こういった経験は出来ません。

改めて、直接依頼の大切さを実感した思い出です。

そして、現在では3〜4ヶ月先まで予約が埋まる状態を作り出しています。

これを新潟県の田舎でやったのですから、あなたができないことはありません。

【動画】私たちについて、そして過去10年でやってきたこと

▼再生ボタンをクリックして、動画を再生してください

私が掲げる次の大きなミッション

私どもが長年かけて作りあげたこのウェブの集客システムを同業の企業様にお伝えする事を次のミッションに掲げています。

これは十数年の集大成といっても過言ではありません。

今はご飯が食べれて、仕事はできてるからうちには関係ないよ、という企業さんはこれまで通りで良いと思います。

しかし、私は常に危機意識をもって、この仕事をしてきました。

  • 今のままでは、明日の未来はないかもしれない・・
  • 家族もいる、従業員もいる、そしてお客さんがいる。
  • 時代はどんどん変化しています。

もし、私が先代と同じ仕事を今もし続けていたとしたら、、もう手遅れだったかもしれません。

しかし、私は先手を打ってきました。

インターネットの発展、一括見積もりサイトの台頭など、業界も目まぐるしく変わっています。

今と同じ仕事をしていたら、3年後は潰れているかもしれない。

これが、私の根底にあります。

もし・・、下請けから脱却したいなら

これをご覧のあなたが

  • 下請けから脱却して、直接依頼の頂ける元請け企業になりたい
  • すでに直接依頼は多いがお客様満足度を更に高めてお客様に心から喜んでいただけるサービスを提供したい

と思われている会社様であれば、この先を読んでみてください。

「地域で一番お客様に喜んでいただける企業になって、会社にしっかり利益を残し、安定軌道に乗せ、従業員も幸せになる次世代につなげる会社」

この状態を目指せます。

このページに記載したガイドをぜひ読んでみて、実行してみてください。 何かの参考になれば、嬉しいです。

このページは以下のような解体業者へ向けたものです

  • 下請け仕事のメインの解体業者
  • ホームページを持っていない、またはホームページの活用法がわからない
  • 新規のお客様から受注していきたい
  • 素人だけど、新しいことに挑戦する意欲がある

こんな方が対象です。

誰もがスマホを持つ時代になった今、インターネットからお客さんを見つけたい、と思っている方に読んでもらいたいです。

今、Youtubeやインスタを筆頭に「SNS時代」と呼ばれますが、そんな難しいことを我々解体業者が最初からやる必要はありません。(これらはとても難しいです。)

私等が作った仕組みは、 簡単でシンプルです。

ウェブ上の3つの入り口から顧客獲得をしていきます。

ステップゼロ すべての中心地・ウェブサイトを準備しよう

個人の相談客を集めるためのホームページを準備します。

このホームページはすべての中心地になりますので、必須です。

ですが、注意してほしいことがあります。

ホームページ制作会社やデザイナーに依頼をしても、ほとんどの場合は失敗します。しかも何十万円もかけて・・

この理由は簡単です。

彼らは、解体工事のお客さんを集めたことがないからです。

また、多くのホームページ制作会社はおしゃれな、見た目がスタイリッシュなものを作ることが仕事です。

売上に直結する、顧客を集めるホームページの専門家ではありません。

大事なポイントは、顧客の心をつかみ、集客できるホームページを作ることです。

そのために網羅しなくてはならない説明要素が多くあります。

よく分からない分野だからという理由で、何十万円もする費用をホームページ制作会社に丸投げしないようにしましょう。

では、まずはどうすればよいか、をここに記載します。

依頼をするときのポイント

ホームページを作るときのポイントは

  • 初期制作費は30万円以上かけないこと
  • 制作会社に解体業者の実績があること
  • ウェブ集客について熟知した担当がいること
  • 難しいことを簡単な用語で説明してくれる会社であること

などが挙げられます。

自社で作るとなるとそれは大変な作業になると思いますので、上記のポイントを押さえながら、依頼をしましょう。

※私たちが提供する解体事業者向けのウェブ集客システムは、上記すべてが網羅されています。ページ下部でご紹介しています。

3つのウェブ集客の入り口を用意しよう

今、スマホユーザーは7000万人。

ほとんどの消費者がスマホで情報を集めていると思ってください。

もし、お客さんがはじめての解体工事を検討していたとしたら、どのように探すでしょうか?

  • 知人の紹介?
  • お付き合いのある工務店やハウスメーカー?
  • ネット検索?
  • 折り込み広告やちらし?

おそらく、複数を検討するでしょう。

私たちは「ネット検索」をお客さんがしたときに、接触点を持つような仕組みを作ります。

例えば、お客さんが川崎市で解体業者を探していたら

「川崎の解体業者」
「川崎市の解体費用相場」

といったキーワードで検索します。

このときに表示された検索結果にあなたの会社のウェブサイトを告知するようにします。

詳しくは以下の動画をご覧ください。

<▼動画を再生>

解体事業者に革新が起きる!全解体業者必見ののオンライン告知の原則

このウェブでお客さんを集めて利益にはなるの?高い費用が必要なのでは?

とはいってもコスト面が気になる方も多いでしょう。

いくら使えば、いくらの費用対収益が上がるのか?を包み隠さず公開していますので、ご覧ください。

社外秘データとなっています。 この理由は多くの解体事業者さんにその魅力やメリットを知ってほしいからです。

周りくどいことは言いません。利益がでてしっかり儲かります。

以下の動画を再生して、私たちが月間いくらの利益を出しているかチェックしてください。

<▼動画を再生>

基本を押さえればコストをかけず顧客獲得に繋がる

こういった「仕組み」はインターネットを利用すれば、作ることができます。

『下請けではなく、元請けの仕事(お客さんからの直接相談)を多く獲得できる仕組み』 です。

私たちのような解体業界の人間はネットにうとく、パソコンもうまく使えない経営者の方は多くいらっしゃいます。

そんな方でも、基本に忠実に実行して、まずは小さく収益に繋げることから始める、ということが大切です。

もし、今あなたが ・インターネットを活用できていない ・ホームページを持っているが放置。

ホームページからお客さんなんて来ていない という状況で頭を抱えているなら・・

現役の解体業者が成功しているウェブ集客システムを検討してみてください。

解体の達人では、これらの顧客獲得と受注支援システムを提供しています。

もし、これを試してみたい、という方がいらっしゃる場合は当社にご相談いただければ、その仕組みを丸ごとお作りします。

私たちはホームページ制作会社ではなく、現役の解体企業です。

たった今、ウェブやちらしを使ってお客さんを集め、3ヶ月先まで予約を埋めています。

だからこそ、常に最新の集客方法、数字のリアルな部分を知っており、あなたの事業の目的を叶える顧客獲得システムを提供することができます。

ここに記載したこと以外に、月利300万円を超える仕組みはこのシステムに盛り込まれています。

そんな価値のある顧客獲得システムを提供します。

気になる導入費用は?

とはいっても、きっと金額が高いのでは?とお考えかもしれません。

ホームページの制作費用の相場は、安くて20〜30万円〜、100万円を超えるものもよくあります。

これは、あくまでホームページを作るだけの費用でお客さんを獲得できるかはまた別の話です。

ホームページ制作費用+顧客獲得の施策、これがセットになっていないと、成果を出すことはできません。

私たちは、こういった点を踏まえ、

  • ランディングページ制作
  • ウェブの運用アドバイス
  • Google、Yahooの上位表示対策
  • 有料広告運用代行
  • SNSの運用アドバイス
  • お客さんの口コミで問い合わせを加速させる方法
  • Youtube動画で一気に認知を獲得する施策
  • あなたの会社のウェブ担当(ITの苦しみからは解放)

などの、サポートをさせていただいています。

気になる方は、以下のフォームから資料請求してください。

詳しいサービスや料金体系の資料がすぐにご登録のメールアドレスへお送りします。

ゆくゆくは毎月数百万円の粗利を生み出すものですので、決して安くはありません。

設備投資として考えて頂ければと思いますが、おそらくそのサービスや料金体系を聞いたら驚くと思います。

私たちのミッションは

  • 世の中に大事な役割である解体業をもっと多くの方々に知ってもらい
  • お客様に喜んでいただき
  • クリーンなイメージを持っていただき
  • そして若い人たちが働きたいと思ってもらえるような業界

であり、これを支えるのは、

  • 解体業者がイキイキと仕事をして
  • 商売がうまくいって
  • それを発信すること

にあります。

そんな全国の解体企業グループを作っていくことがミッションだからです。

現在、全国の各地域で受付を締切りしています。

また、このウェブ集客システムに関心を持つ事業者様から毎月のように問い合わせを頂いております。

同一地域で1社までの提供とさせて頂いています。

先行者の利益を守るため、同一エリアでの提供はありません。

もしご興味のある方は、できるだけ早く詳細を知っていただくことをお勧めします。

申し込みできる方の条件

私たちがこのシステムを提供する解体企業さんには、以下の10か条をお願いしています。

私たちは、このシステムを使っていただきたい企業様を限定しています。

解体品質を向上させ、お客様に安心と喜びを提供し解体業のイメージUPを図る、これが大きな大きなミッションだからです。

  1. お客様へは親身で丁寧な対応で接します
  2. 解体工事の不安を安心に変えます
  3. 近隣対応は入念に行います
  4. スピードより安全と品質を重要視します
  5. 仕上がりの綺麗さを追及します
  6. 身なりと言動に気を付けます
  7. 乱暴で大きな声は出しません
  8. メンバー間のコミュニケーションを大切にします
  9. 解体業に誇りをもって仕事に取り組みます
  10. 関係するすべての方に感謝の気持ちを忘れません

以上です。

もし興味のある方は以下からお問合せください。

オンラインセミナーを開催しております

説明文や資料を見ただけでは伝わりにくい部分もありますので、詳しい内容を解説するセミナーを不定期ですが、オンラインにて行っております。

「解体屋・初めてのウェブ顧客獲得セミナー」

です。

こちらのフォームよりお申し込みください。

次回日程をご案内させて頂きます。

LINEの質問チャットはこちら

LINEチャットから気軽に質疑を受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

スマホの方は以下からアクセスください↓
https://lin.ee/6mJw0eN

パソコンでご覧の方は、スマホで以下のQRコードを読み取りください。

 

個別相談をご希望の方はこちら

無理な営業も一切いたしませんので、ご安心ください。

サービス内容を見て、興味のある方は詳細ミーティングを実施します。

現状の悩み、やりたことをヒアリングさせて頂き、一次面談で当社システムが提供可能か確認をいたします。

お電話希望の方:

お電話からご相談を希望の方はこちらから

025-522-4498

当社受付、担当に「解体の達人の集客システムについてのご相談がしたいです。」とお伝えください。

その際に、
・御社名
・連絡先の電話番号
をお伝えください。

折り返し、担当者よりご連絡いたします。

メールからご希望の方: