工場を売買する方法2つ!需要やデメリット・流れも解説

「事業縮小が決定したため、自社工場を売却せざるを得なくなった」
「工場を他の場所へ移転することになった」
「廃業するため工場を売却したい」

工場を売却したい理由は様々でしょう。工場を売却することになった際、どうやって売買するのか?

また、売買するにあたってどのような流れになるのかも解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

工場を売買する方法

結論として、「工場そのものを売却する方法」と「工場を解体して更地にしてから売却する方法」の2種類あります。

また、どちらの場合でも、「土壌汚染対策法」に指定されている物質を取り扱っている場合には、土壌汚染調査が必要になってきますので注意してください。

それでは、それぞれの方法のメリット・デメリットを解説していきます。

工場そのものを売却する方法のメリットデメリット

工場の解体費用がかからずに売却できるというところです。

また、工場そのものは考え方次第で用途は様々です。例えば、その建物の広さを利用して倉庫にしてしまったり、「工場カフェ」という全く新しい手法に転換するケースも考えられます。

売り出し方次第では、工場売却の際に発生するメンテナンス費用が不要になったり、買い手にも困らないかもしれません。

その裏返しになりますが、工場の買い手は限られてしまうという部分がデメリットとして挙げられます。

工場を解体して更地にしてから売却する方法があるのメリットデメリット

用途が広くなるため、購入者側のニーズにも広く対応できる点が挙げられます。

例えば、工場を解体せずに売却しようと考えた場合には、「立地はいいけれど工場の解体費用がかかるならやめておこうかな」と土地を探している人は考えるでしょう。

解体して更地にしてしまえば、例に挙げた障害がなくなるわけです。

デメリットは、当然ながら解体費用がかかります。そのため、土地が売却できたとしても結果的に損をするケースも考えられます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

工場を売買する流れ

工場を売買する流れは次のとおりです。

  1. 不動産業者へお問合せをする
  2. 工場の状態や成約状況などを見て、不動産業者が提案書を作製する
  3. 売却金額を決定する
  4. 不動産業者が物件の募集をする
  5. 購入検討者に当該工場を説明や提案をする
  6. 購入の申込があれば、合意するかどうかを決定する
  7. 不動産業者が契約書を作成
  8. 引き渡し

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

工場売却の際に必要な書類

次の書類が必要となります。

  • 登記済権利証(もしくは登記識別情報通知書)
  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 公図
  • 固定資産税納付通知書
スポンサーリンク

まとめ

工場売却方法からその流れ、必要書類までを解説しました。

工夫次第で解体することなく売却できているケースも見られます。

もしも工場を売却せざるを得ない状況にあるのであれば今一度、考えてみてはいかがでしょうか。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。