不動産売買の前に情報入手せよ!おすすめ不動産情報サイト4つ

不動産売買をする際には費用がエリアごとの相場に対して適正か、不動産売買ではどういった費用がかかるのかなど、さまざまな情報を収集しておく必要があります。

そこで活用したいのが不動産情報サイトです。

大手の不動産情報サイトでは、ただ不動産情報を提供するだけでなく、不動産売買や引っ越しなどにまつわる疑問を解決するコラムを掲載しているので、不動産を売る側にとっても買う側にとっても非常に役立ちます。

当ページでは、不動産情報サイトの選び方やおすすめの不動産情報サイトを4つピックアップして紹介していきます。

情報量が豊富で自分に合う不動産情報サイトを見つけ出せれば、不動産売買についての知識を深められて安心して取引に臨めるはずです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

不動産売買の前にチェックすべき不動産情報サイトの選び方

不動産情報サイトは多数あるのでどのサイトを見るべきか悩むでしょう。

不動産情報サイトによって特徴が異なりますが、不動産情報サイトを選ぶ際には以下3つのポイントを重視しましょう。

登録物件数の多さ

登録物件数が少ないサイトよりも登録物件数が多いサイトを選びましょう

そうすれば、自身が売買したい物件周辺のエリアの相場が分かるだけでなく、売買したい物件に近い築年数、間取り、面積の掲載物件が見つけ出しやすくなります。

自身が売買したい物件にほど近い条件の物件を見れば、大体どれくらいの価格で取引されているのか目安が分かるでしょう。

不動産情報サイトは大手ほど物件数が多いので、費用面で後悔しないためにもCMなどで見かける知名度の高い不動産情報サイトはチェックしておくべきです。

特にトップページに物件数がしっかり掲示されているサイトは物件数の豊富さに自信を持っていると判断できます。

こだわり検索ができる

不動産を売却するのではなく購入する側の方はさまざまな検索方法を導入しているサイトを選びましょう。

都道府県や市区町村、最寄り駅、間取りや広さから不動産を探せるのが一般的ですが、こだわりの検索方法を取り入れているサイトも増えています。

たとえば、宅配ボックス付き、リノベーション物件、投資用物件や事務所向けなどといった項目での検索も可能なサイトがあります。

土地だけの購入なら広さや立地だけを重視する方も多いですが、中古物件や新築物件などを探す場合には物件の間取りや設備にこだわる方も多いはずですから、多彩な検索方法があれば希望に近い物件をすぐに見つけ出せるでしょう。

不動産売買に関するノウハウが掲載されている

不動産売買ではさまざまな手順を踏まえるほか、手数料などもかかるので、いざ取引をするとなったときに備えて知識を保有しておくと安心です。

不動産情報サイトのなかには不動産売買や引っ越しにまつわるさまざまなコラムを掲載しているサイトもあるので、物件検索のついでにリサーチができます。

ただ物件情報を掲載するだけでなく、そういった利用者のサポートをしてくれる親切なサイトはとても有難いですね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

おすすめの不動産情報サイト4選

不動産情報サイトのなかでも、物件数が豊富で検索方法が多彩で、役立つ情報を掲載しているおすすめのサイトを4つ厳選しました。

SUUMO(スーモ)

SUUMOは求人情報サイトや飲食店情報サイトなどを手掛ける株式会社リクルートが運営している不動産情報サイトです。

全国のマンション、一戸建て、土地などの売却物件や賃貸物件を豊富に取り揃えており、2020年12月時点の(株)東京商工リサーチ調べでは物件数ナンバーワンに輝きました。

掲載している全ての不動産会社や工務店、住宅メーカーなどはリクルートが審査しているので安心感もあります。

また、引っ越し見積もりや住宅ローン審査、ファイナンシャルプランナーへの相談などのサービスも提供しているので、非常に便利です。

さらに、注文住宅や新築マンションを検討中の方は全国に140店舗以上あるスーモカウンターで直接アドバイザーに相談することもできます。

https://suumo.jp/

at home(アットホーム)

at homeは不動産に関するさまざまな業務を担っているアットホーム株式会社が運営している不動産情報サイトです。

全国のマンションや戸建て、土地などの売却物件や賃貸物件を掲載しており、2021年7月現在の物件数は 220万件以上にのぼります。

物件を公開している不動産会社は、宅建業免許の有無や登記簿情報の確認、行政処分の履歴などを審査し、アットホームが定める審査基準をクリアしています。

また、公開中の物件から選定し広告内容の正確さを調査したり、実際に現地を訪問し物件の確認を行ったりするなど、アットホームは情報の信頼性を非常に重視していることが分かります。

検索方法も多様で、趣味や特技から、投資用や事業用物件から、テレワークに最適などといった目的別で検索できるのも特徴です。

物件のなかにはVRを使い内見できるものもあるので、忙しくてなかなか物件を見に行けない方にもピッタリです。

https://www.athome.co.jp/

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’Sはおもに不動産情報提供サービスを担っている株式会社LIFULLが運営しているサイトです。

2021年7月現在の総掲載物件数は470万件以上にものぼり、まさに日本最大級の不動産情報サイトと言えます。

LIFULL HOME’Sでは、専属の情報審査チームを組んでおり、掲載情報の監視を行っているので安心して住まい探しができます。

また、不動産会社の接客力を抜き打ちテストするなど、物件情報をただ掲載するだけではなく、利用者が気持ちよく不動産売買や貸借ができる環境づくりにも励んでいます。

さらに、不動産に関するさまざまな基礎知識やノウハウなどをまとめたコラムも掲載していて非常に役立ちます。

エリアごとの各種データや暮らしている人の声を確認できたり、物件価格の相場を確認できたりもするので、後悔のない不動産売買取引が実現できるでしょう。

https://www.homes.co.jp/

ニフティ不動産

ニフティ不動産は行動支援サービス事業を担うニフティライフスタイル株式会社が運営する不動産情報サイトです。

日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年6月期)で延べ物件数ナンバーワンの実績を誇り、不動産物件約1000万件から検索することができます。

実はニフティ不動産ではSUUMOやat homeなどの有名不動産サイトの情報をまとめて検索することができるので、不動産売買の前に一度は目を通しておくべきサイトと言えます。

さらに、引っ越し時の水道・電気・ガスの利用停止および開始の方法や、退去時の掃除についてなど引っ越しにまつわるコラムも充実しているのでとても勉強になります。

また、引っ越し見積もりサービスも提供していて便利なうえ、ニフティの引っ越し見積もりサービスでは従来の一括見積サービスと違い、さまざまな引越し業者から見積もり依頼者に連絡がくることがないのも嬉しいポイントです。

https://myhome.nifty.com/

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。