マンションリフォームっていくらかかるの?解体費用や修繕費用を解説

「この壁さえなければもう少し広く使えるのに…」
「古いマンションだけど立地が最高!あとはリフォームさえOKなら…」
「手頃な中古マンションを購入して自分なりにリフォームしたい」

など、マンションリフォームを希望する人が増えています。

ところで、マンションリフォームの際の解体費用はどれくらいを見積もっておけば良いのでしょうか?もちろん、さまざまな条件で変わってきますが、ある程度の相場は把握しておきたいところです。

この記事では、マンションリフォームの一般的な費用の目安を紹介するとともに、リフォームを依頼する前に知っておきたい基礎知識を解説しています。

【こちらの関連記事もご覧ください】

お知らせ

解体の達人では、全国から解体・外構工事の施工パートナーを募集しています。私たちと一緒に、日本随一の優良工事グループを一緒に築きませんか?

詳しくはこちらの募集要領ページをご覧ください

マンションリフォームをするなら知っておきたい基礎知識

マンションリフォームを希望するケースとして最も多いのは、壁の解体・撤去をおこない、空間を広げるあるいは間取りを変えるといった工事です。

冒頭でも出てきたように、「この壁さえなければ」というケースは非常に多く、できることならリフォームしてもっと広く使いたいと考えている人が増えているようです。

しかし、壁の中には耐震性の部分で重要な役割を担っているものがあります。また、壁の中には配線が通っていたりすることも珍しくありません。

そのため、どの壁でも解体して良いというものではなく、建築設計図、施工図といった図面をもとに、専門的な知識のもと判断することになります。

※リフォームと似た言葉でリノベーションがあります。リフォームは「原状回復」といった意味合いで、リノベーションは「元の状態よりも機能性や快適性などを向上させる」といった意味合いで使われるのが一般的です。

この記事では便宜上、いずれの意味も含めてリフォームとして解説します。

壁式工法のマンションはリフォームNGのケースが多い

壁式工法とは、主に低層マンションで用いられることが多い工法の一つです。

板状の壁や床で構成されているため、部屋の中に柱や梁が出ない分、部屋を広く使えるメリットがありますが、既存の壁自体を取り払うことができないため、解体できないケースがほとんどです。

まずはリフォームしたいマンションの工法を確認しておくことが、何よりも大切です。

共用部分の確認は必須

マンションによって、どこからが共用部分かが変わります。

「ここまでは大丈夫だろう」と自己判断し、誤って共用部分を解体してしまった場合、修繕費用などがかかりますので注意が必要です。

管理組合に許可を得ておく

当然ですが、複数の人が暮らすマンションでは、勝手に工事を始めることはできません。

管理組合に事前に申請して許可を得ておく必要があります。

併せて、規約にのっとって必要な手続きや、騒音・振動・防塵などの対策を講じる必要があります。

隣人にも配慮

リフォーム工事は平日の昼間に行われることが多いですが、鉄筋コンクリートのマンションであっても、両隣または上下階に振動や騒音が伝わります。

解体業者の担当者と一緒に各部屋を回り、工事の説明や理解、協力を求めることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

マンションリフォームの解体費用の目安!費用が高くなるケースとは?

マンションリフォームにおける解体費用はピンからキリまでです。

どんな工事を希望するかによって大きく変わります。

ある程度の目安として、実例も交えながら費用を紹介します。

なお、マンションリフォームで行われる一般的な解体工事は、スケルトン解体と呼ばれるものです。

外壁、梁といった建物の構造躯体を除く間仕切り、キッチン、バス、トイレなどを解体することを、スケルトン解体と言います。

マンションリフォームにおける解体費用の例

まずは、内装の解体費用がいくらくらいかかるのか、地域別に実例を見てみましょう。

  • 愛知県名古屋市
    マンション内装解体 30坪97万円(32,333円/坪)

 

  • 大阪府堺市

  マンション内装解体 22坪81万円(36,818円/坪)

  • 東京都練馬区
    マンション内装解体 30坪92万円(30,667円/坪)
    マンション内装解体 27坪79万円(29,259円/坪)

 

  • 神奈川県横浜市
    マンション内装解体 35坪110万円(31,429円/坪)

 

  • 大阪府大阪市
    マンション内装解体 11坪49万円(44,545円/坪)

上記は一例であり、もちろんこれだけの実例で費用の相場を出すことはできませんが、平均してみると坪あたり34,175円となります。

一般的に内装解体費用の相場とされているのが、坪あたり15,000円〜40,000円程度となるため、特に大きくかけ離れているわけではありません。

また、業者によっては内装の解体費用を

  • 基本料金3,000円〜5,000円×㎡
  • 処分費用4,000円〜6,000円×㎡

といったような料金設定にしているところもあるようです。

ただし、上記はあくまで解体費用の目安です。

リフォームとなると、その後新たに壁や間仕切り、ドアなどを設置したり、クロスを張り替えたり、フローリングを敷いたり、キッチンやバスを入れ替えたり…といった工事が必要になってきます。

キッチンやバスを、ごく平均的な商品に入れ替えた場合、60㎡程度でおおよそ350万円〜600万円程度が費用の目安になってくるようです。

家族向けのマンションで70㎡を超えてくるようなマンションの場合、700万円〜800万円が相場とされています。

一般的なリフォーム費用の内訳は次のようになります。

  • 仮設工事
  • 解体撤去費用
  • 補強工事費用(必要に応じて)
  • 設備の購入費用および設置工事費用(バス、キッチン等)
  • 建築資材費用(壁材、床材等)
  • 付帯工事費用(ガス、排水管、電気配線工事等)
  • 設計費用
  • 諸費用 など

リフォーム費用が高くなるケースとは

リフォーム費用が高くなるケースとしては、エレベーターがない、またはその他の搬入経路が確保できないケースが挙げられます。

エレベーターやそれに変わる搬入経路が確保できないマンションの場合、クレーンを使って荷揚げ作業が必要になることも少なくありません。

この場合は、費用が高くなる傾向にあります。

また、当然ですがキッチンやバス、トイレといった設備を高い商品にした場合も、トータル的にリフォーム費用が膨らみます。

特に注意したいのはバスです。

壁式工法のマンションの場合、基本的に増築や浴室のスペースを広げるといった工事ができないことがほとんどです。

規格品のユニットバスを購入する場合、万が一サイズが合わないと特注品を購入しなければならなくなるかもしれません。

この場合もリフォーム費用が膨らむことが考えられるため、事前にしっかりと計っておきましょう。

マンションリフォーム業者を選ぶ際のポイント

リフォーム専門業者、地元の工務店、ハウスメーカー系列のリフォーム店、設計事務所など、リフォームを依頼できる業者は複数あります。

リフォームの規模や予算、業者の得手不得手など、さまざまな角度から判断することが大切です。

まずはマンションリフォームの業者を選ぶにあたって、どのような点を押さえておけば良いか、ポイントをいくつかご紹介します。

施工事例が豊富

マンションに限らず、内装解体を含むリフォームは慎重な作業が求められることが多い工事です。

経験豊富な業者を選ぶことが大切です。

ホームページの施工事例などを参考にしましょう。

挨拶や説明をしっかりしてくれる

両隣や上下階はもちろん、同じマンションに暮らす人たちや管理人、管理組合などにしっかり挨拶や説明をしてくれる担当者が在籍している業者を選びましょう。

万が一何らかのトラブルが発生した際、どのような対応をしてくれるのかも確認しておくと安心です。

地域密着の業者

遠くの大手リフォーム業者より、フットワークが軽くて地域密着で経営している地元の業者がおすすめです。

地域密着で長年経営している実績があれば、より信頼できるでしょう。

見積もりがしっかりしている

契約する業者を決定する前に現地調査を依頼し、見積もりを出してもらう訳ですが、この見積もりがしっかりしているかどうかは、非常に重要なポイントになってきます。

総額のみ書かれていてざっくりしている場合、後から理由をつけて追加費用を請求されてしまうことがあります。

依頼したはずの工事が含まれておらず、クレームをつけたところ、それは別料金になると言われて追加費用を請求された、といったケースも想定できます。

  • 依頼した工事はすべて含まれているか
  • 余分な工事が含まれていないか
  • それぞれの工事にいくらかかるかが明確か
  • 不明な工事や金額はないか

といった点もしっかり確認しておきましょう。見積もりの時点で、少しでも疑問に感じる点や不明な点があれば、すぐに解決しておくことが、トラブルを防ぐ意味でも重要です。

このように、リフォーム業者を選ぶ際のポイントはいくつかあります。

安さだけで選んでしまうとトラブルの元になってしまったり、業者のネームバリューだけで選んでしまうと、実は不得手な工事の種類で高いお金だけ払って納得のいく工事を施工してもらえなかったり…といったことも考えられます。

どのようなリフォーム工事を希望しているのか、予算はどれくらいかといったことを明確にしておき、担当者とじっくり相談しながら、話を詰めていきましょう。

まとめ

この記事では、マンションリフォームにおける解体費用の目安、リフォーム工事を含めた費用の相場などをご紹介するとともに、マンションリフォームを依頼する前に知っておきたい基礎知識や、業者を選ぶ際のポイントなどを解説してきました。

マンションをリフォームすることで、個性的なマイホームを実現できる上、より広く空間を使うことができるようになれば、今の暮らしがさらに快適で便利なものになるでしょう。

売却しようかどうか悩んでいた中古物件も、リフォームによって生まれ変われば、長く住めるようになるかもしれませんし、より高値で売却できるかもしれません。

業者を選ぶ際は、この記事でご紹介したポイントを踏まえながら、予算や希望に見合った工事を施工してくれる、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 家をリフォームするなら「リフォーム補助金」 優遇内容をご紹介!
  2. 消費税10%はいつから?解体費用はどうなる?増税前にやって置くべき事
  3. 築40年以上の老朽マンション建て替え急務の現状とは?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 201811/1602:15??からの新規の予約相談
  • 201811/1600:11兵庫からの新規の予約相談
  • 201811/1521:54兵庫からの新規の予約相談
  • 201811/1521:41からの新規の予約相談
  • 201811/1521:41からの新規の予約相談
  • 201811/1515:18岐阜からの新規の予約相談
  • 201811/1515:09岐阜からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します