田舎暮らししたい?空き家オススメ!メリット紹介

田舎暮らしを考えていますね。

移住するとなれば欠かせないのが引っ越し先の家ですが、田舎暮らしには空き家を選ぶのがおすすめです。

なぜなら田舎では空き家になってしまった家が多く、土地が広い家や状態の良い家が低価格に購入できる可能性が高いからです。

そのまま住むのはもちろん、格安で購入しリフォームしたり解体して新築したりするなどさまざまな使い方ができます。

ほかにも田舎暮らしに空き家を選ぶメリットはたくさんあるので、当ページを是非参考にしてください。また、空き家を効率よく探す方法についても解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

田舎暮らしの住まいに空き家を選ぶメリット6つ

田舎暮らしで空き家を選ぶメリットを6つ紹介します。

安く購入できる

田舎暮らしに限らずマイホームに空き家を選ぶ最大のメリットと言えるのが、新築と比べて格安な価格で購入できる点です。

なぜなら空き家は築年数がかなり経過しているため、建物自体の資産価値は残っておらず、土地だけの資産価値を評価して販売されていることが多いからです。

一般的に木造物件の建物自体の価値は築20年でゼロになるとされています。とはいえ、築20年や30年の物件でも十分快適に人が暮らすことはできますし、老朽化が気になる箇所だけリフォームすれば新築を購入するより遥かに安上がりです。

なかには値段をつけて売りに出したがしばらく売れなかった、所有者が維持費の軽減のためとにかく早く手放したいといった理由で無償譲渡、つまりタダで提供されている空き家もあります。

新築にこだわっておらず、とにかく安く田舎に移住したいならば空き家を選ぶのがおすすめです。
また、田舎暮らしに興味はあるものの、一生田舎に住み続けられるのか不安な場合でも、安く購入できる空き家なら前向きに検討しやすいでしょう。

そのまま住む以外にリフォームなども自由自在

空き家はそのまま住むこともできますが、より快適な住まいにするため間取りを変えたり設備を最新のものにしたりするなどリフォームをするケースも多いです。

物件自体が予算より安く手に入れられれば、浮いた分をリフォーム資金に回すこともできるはずです。

新築で注文住宅を建てる際にはこだわりすぎると多額の費用がかかることもあり、どこかグレードを下げるなど妥協しなければならないケースも多いですが、空き家ならリフォームすることで予算の範囲内で納得のいくマイホームに仕上げられるでしょう。

古民家の風合いを感じられる

古民家カフェのような建物で暮らしたいと考えている場合にも空き家はピッタリです。近年の建築方法とは違い、築年数が経過した空き家では柱や梁などが露出している構造も多く、木の温かみを感じられることでしょう。

また、昔に建てられた古民家は釘を使わない伝統的な軸組工法で建てられていたり、太くて強度の高い木材を多く使用したりしているため、現代の住宅よりも耐久性に優れているのも魅力です。

築年数が経過していても、空き家にはそういった木の温もりや昔ながらのどこか懐かしい雰囲気を感じられるといったメリットがあるのです。

地域の気候や特徴に合った建築がされている

近年の物件は全国展開しているハウスメーカーが建築している場合も多いですが、昔ながらの空き家は地元の工務店や大工さんが建築しているケースが多く見受けられます。

そのため、その地域の特性を知り尽くしており、地域ごとの気候に合わせた構造で建築されているのがメリットです。

たとえば冬に大雪が降る地域、台風が上陸する頻度が多い地域などさまざまありますが、地元に根付いた工務店ではそういった地域ごとの弱点にも耐えられる住宅をしっかり考えています。

全国展開しているような大手ハウスメーカーにももちろん魅力はありますが、地元ならではの工務店や大工さんが作った家には、地域に慣れ親しんだ人だからこそできる建築方法があるというわけです。

リフォームや解体時に助成金を受けられる可能性がある

自治体によっては空き家のリフォームや解体時に利用できる助成制度を設けている場合があります。

これは、空き家の増加が社会問題化していることを受け、空き家への移住や空き家の活用を推進するための目的で行われている行政サービスです。なかには工事にかかる費用の半額を助成している場合もあります。

リフォーム費用や解体費用がネックとなって空き家の購入をためらっている場合でも、助成制度を利用できる自治体の空き家ならば購入を前向きに検討できるようになるでしょう。

市場に出回っていないレア物件を見つけられる可能性がある

新築物件や売り土地はチラシやインターネットの物件サイトで情報を公開していますが、空き家は市場に出回っていない物件も数多く存在しているのです。

なぜなら、空き家の所有者は「老朽化が進んでいるから売れるはずがない」「田舎だから購入しようと思う人はいない」といった思い込みをしていて、売りに出していないケースが多いです。

また、売りに出している空き家だとしても、「売れ残っていたら恥ずかしいから近所の人に売りに出したことを知られたくない」といった所有者の意向で情報を非公開にしている場合もあります。
空き家はそういった理由で、とても良い物件である掘り出し物が隠れている可能性が高いというわけです。

情報を非公開にしていたらレア物件を探しようがないと思うかもしれませんが、以下で紹介する空き家の探し方を参考にして頂ければきっとたくさんの情報を収集できるはずです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

非公開物件も見つけられる空き家の探し方

空き家の探し方は主に5通りありますが、非公開物件を探す方法は限られているので注意しましょう。
最もおすすめなのは不動産会社に問い合わせる方法です。

住みたい地域の不動産会社に問い合わせる

住みたい地域が決まっているなら、地元の不動産会社に空き家の情報を問い合わせるのがおすすめです。

不動産会社ならばさまざまな情報網を使い、非公開で売りに出している空き家だけでなく、まだ売りに出していない空き家の情報をも把握している可能性が高いです。

売りに出されていない空き家でも、不動産会社が空き家の所有者を調べて売りに出さないかという提案をしてくれるはずです。

もし気になる空き家が売る予定がなかった物件であったとしても、不動産会社は他に空き家になっている物件がないか、今後売りに出される予定の物件がないかなどさまざまな情報を積極的に収集してくれることでしょう。

空き家バンクを利用する

空き家バンクとは地方公共団体が所有者に登録をしてもらった空き家の情報を提供しているサービスです。

空き家の所有者と購入希望者を各自治体が仲介しているのが空き家バンクの仕組みです。空き家バンクの目的は空き家を有効活用し空き家を減少させることにあるため、各地方自治体は営利目的で提供しているわけではありません。

そのため、仲介手数料が不要だったり相場よりも格安だったりするお得な空き家を見つけられる可能性が高いのです。

ただし、空き家バンクでは所有者が登録している物件しか情報が収集できない点に注意してください。

空き家掲示板サイトを利用する

空き家の掲示板サイトは空き家を売りたい人と買いたい人が直接やり取りをできるマッチングサイトのような役割を持っています。

なかには、まだ売ろうと決めてないが金額次第では売っても良い、すぐには売れる状態にないというような空き家も掲載されていることもあります。

掲示板によっては無償譲渡の空き家や、別荘として使っていただけというような状態の良い空き家もあるので、是非チェックしてみましょう。

空き家の掲示板サイトは空き家バンクのように、仲介手数料がかからない魅力もあります。

空き家掲示板は、売りたいもしくは買いたい者同士が直接やり取りする仕組みですが、交渉がまとまり契約の段階となれば宅地建物取引士が取引をまとめてくれるサイトもあるので安心してください。

ただし、空き家掲示板も所有者が登録することが前提であるため、登録されていない物件情報は見ることができません。

自分で現地に赴き探す

住みたい場所が比較的近郊で、休日に自身で出向ける場合には自分の足で空き家になっている家がないか探してみるのも良いです。

たとえば表札がない家、昼間なのに雨戸が閉められた家、庭の草木が生い茂っている家は空き家である目印と言えます。

空き家かもしれないという物件があったら、近所の人に聞き込みしたり不動産会社に確認したりすると良いでしょう。

もしかすると不動産会社すらも知らなかったレアな空き家を見つけ出せるかもしれません。

ただし、自分の足で探しても空き家が見つからない可能性があるので、時間や体力に余裕がある場合にだけおすすめの探し方と言えます。

知人や親族に聞いてみる

住みたい場所の近郊に知人や親族が住んでいるならば、空き家になった家やこれから売りに出そうと考えている空き家の情報を知っている可能性があります。

特に都会より田舎のほうが住民の情報網は幅広く張り巡らされていることでしょう。

また、知人や親族からどういう人が住んでいたのか、どういう経緯で空き家になったのかといった情報を知ることができれば、安心して購入に踏み切ることはできるのではないでしょうか。

知人や親戚のつてをたどれば空き家の所有者と直接話せる機会もあるかもしれませんね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。