国内移住するなら空き家を選ぼう!メリット4つ

国内移住あるいは地方移住を検討するとき、新築ではなく空き家の取得を視野に入れることもあるでしょう。

最近は、空き家を有効活用するため、さらには地方を活性化させるため、さまざまな優遇措置を用意している自治体もあります。そこで、国内移住する際に空き家を選ぶメリットや注意点を4つの視点から解説します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

国内移住で空き家を探す方法

空き家のなかには、放置しているだけのケースも多数。そのため、空き家ならではの物件探しの方法があります。

空き家バンクの活用

空き家を探す方法のなかで、近年とくに注目を集めているのが空き家バンクです。おもに自治体が運営しているシステムで、空き家を売りたい人と買いたい人のマッチングを図るものです。

最近は、自治体ごとに分かれていた空き家情報が一体化され、市町村を横断して検索することも可能に。

地方移住する人を増やすために、空き家バンクとセットで、移住・就業サポートをする自治体も増えています。

地域の人の紹介

とくに田舎には、不動産会社を通じて売りに出されてもおらず、空き家バンクにも登録されていない、放置状態の空き家が存在するものです。

所有者の多くは空き家をどうにかしたいと思っており、近所の人もその存在を気にしています。
そのため、移住候補の地域にツテがある場合は、空き家を探している旨を伝えてみると、思いがけず多くの情報が寄せられることがあります。

地元密着型の不動産会社であれば、公に情報を提供していなくても、有益な空き家情報を持っていることもありますので、軽く問い合わせてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

空き家で国内移住するメリット①:費用

空き家を購入して国内移住するメリットのうち、とくに大きいのは費用が格安で済むことです。

田舎には無料の空き家がたくさん

所有者が自ら住む予定がなく、立地の悪さなどから売却が難しい空き家であっても、固定資産税の支払い義務は発生します。空き家の管理が不十分と見なされると自治体の勧告の対象となり、一定期間を過ぎると固定資産税の優遇措置が解除されます。

管理責任を免れるために更地にしてしてしまうと、住宅用地特例が受けられなくなり納税額がアップ。そのため、田舎が中心になると思いますが、破格の値段あるいは無償で空き家を取得することが可能なのです。

空き家の無償譲渡でも課税される

格安あるいは無償で取得できることは、住宅の購入費用を抑えられるメリットがありますが、費用や労力はそれなりにかかります。空き家バンク経由で取得する場合も、基本的に契約に関わる手続きは自分で行わなければなりません。

空き家の持ち主は田舎暮らしの年配者が多いため、やりとりがスムーズに進まないことも多々あるでしょう。

また、とくに無償で取得できる空き家の場合は、登記費用に加えて贈与税がかかることも念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

その解体物件、収入にできる場合があります

空き家となった物件は解体をする前に、
・売却して収益を得る
・空き家として有効活用する
という2つの方法があります。

お金をかけずに解体できてしまう方法もありますので、あなたの目的に応じて、以下のページで、物件をチェックしてみることがオススメです。

・空き家を売却して査定したい場合
>>その家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう
・空き家を有効活用したい場合
>>【無料】資料請求【タウンライフ土地活用】

これを知らずに解体して損をする場合もあります。数分でチェックできますので、試してみてください。

空き家で国内移住するメリット②:リノベーション

「こんな家に住みたい」「こんな生活をしたい」というこだわりのライフスタイルがある場合、格安・無償で取得してリノベーションできることも空き家のメリットです。

自分らしいライフスタイルを実現

リフォームやリノベーションを視野に入れて物件を探すなかで、空き家に行き着いたという人も多いでしょう。リフォームとは傷んだものや劣化したものを現状に回復させる、リノベーションとは修繕や改修を通じて住宅の性能を向上させること。

自分らしいライフスタイルを実現させるために、間取りそのものを変えるなど、大掛かりな空き家のリノベーションに取り組む人も増えています。

上手にリノベーションを行えば、家の資産価値を高めて将来さらに有利な条件で売却できる可能性も出てきます。

リノベーション費用を念頭に決めよう

とはいえ、リノベーションは住宅を作り変えることに等しいため、その費用は高額になる可能性は濃厚。築年数によっては耐震基準を満たしておらず、通常よりも工事が大掛かりになることもあるでしょう。

そのため、空き家そのものだけではなく、リノベーションのための費用も念頭に置いて、購入するかどうか検討することをおすすめします。

なお、国や自治体から、リフォームあるいはリノベーションに対する補助金が出ることもあります。とはいえ、指定されているさまざまな要件を満たさなければなりませんので、自治体の担当窓口やリフォームやリノベーションの会社に確認しながらすすめたほうが安心です。

スポンサーリンク

空き家で国内移住するメリット③:敷地が広い

空き家は駅から離れたところにある分、敷地が広いことが多いため、庭や駐車場を広々と使えることもメリットと言えるでしょう。

近隣と距離があることもうれしい

建売りの場合、限られたスペースにできるだけ多くの住宅を建てるため、家同士が密接していることが少なくありません。しかしながら、とくに田舎にある空き家は敷地が広く、庭や駐車場もそれなりのスペースが確保されている傾向があります。

隣の家とのあいだに一定の距離が確保できるため、生活音や庭の手入れの問題で近隣住民とトラブルになりにくいことも、空き家ならではのメリットに加えられるでしょう。

自給自足生活にチャレンジする人も

自分が理想とする生活スタイルを実現するため、空き家の広い敷地を利用して野菜づくりにチャレンジする人も。空き家によっては、かつて畑だった敷地がセットで付いてくることもあります。

地域によっては、近所の生産者さんと物々交換をして、日ごろの食事に必要な野菜を取りそろえられるケースも。

空き家ならではの敷地の広さを利用して、夢であった自給自足生活が実現!ということもあるかもしれません。

お問い合わせ

空き家で国内移住するメリット④:DIYの実践

中古物件の場合、売り出す前にリフォームがされており、買い手は不具合がないかをチェックする立場。それに対して空き家の場合、DIYをすることを前提に取得することも多いようです。

DIYを前提に空き家を購入する

DIYとは、Do It Yourself(自分自身でする)の略で、自ら改修や修繕の工事をすることを指します。自分で工事することで、業者に依頼する人件費がカットできるため、材料費のみで工事できるというメリットがあります。

自分好みの家を作るために家をDIYすることが昔からの夢だったという人もいるでしょう。でも、すべてを自分でやる自信はない…という人は、床の張り替えや壁の塗装のみをDIYすることも可能。

仕上げがプロ並みとはいかないと思いますが、自分でやったからこそ思入れが強まることもメリットかもしれませんね。

入居までに時間がかかる可能性も

DIYを前提に空き家を取得した場合、家の状態によってはすぐに入居できないこともあります。そのためしばらくのあいだは、二つの住まいを行き来しながら、空き家のDIYに取り組むこともあります。

また、DIYは自分で工事をするため、一発で完璧な状態になることは稀でしょう。そのため、入居後も修繕が続くことも念頭に置いて空き家をDIYしたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

空き家を取得して国内移住すると、費用面やさまざまなこだわりの面で、新築住宅にはないメリットが得られます。

ただし、空き家の状態もさまざまのため、想像以上にコストがかかることもないとは言えません。そのため、不便な立地にある空き家であっても、何度も内見を行うなど、しっかり情報収集することが大切です。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202104/1311:57Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2923:11Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2120:08Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2120:08Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1107:41Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1017:13Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1017:01Arrayからの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します