売りに出ていない空き家を探す方法は?レア物件も?!

新築よりも格安な価格で購入できる空き家。近年は社会問題になるほど空き家の増加が目立っているため、空き家を購入してリフォームもしくは建て替えたり、空き家にそのまま住みたいと考えている方も増えています。

しかし、いざ空き家を探し出すと情報が少ないと感じるケースも多いのです。実は空き家ならではの理由で売りに出していない、もしくは売りには出しているものの未公開にしていることがあります。

そこで当ページでは売りに出されていない空き家や、売りに出しているが未公開物件となっている空き家を探す方法について紹介していきます。

市場に出回っていないレアな物件を見つけ出せる可能性もあるので是非参考にしてください。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

売りに出ていない空き家や未公開の空き家を探す方法

空き家を探す際にはインターネットの物件情報サイトや折り込みチラシなどを見て探すという場合が多いでしょうが、そもそも売りに出されていない空き家や売りに出していても公開していない空き家はそういった方法で見つけ出すことはできません。
しかし、これから紹介する4つの方法ならば売りに出ていない空き家や未公開の空き家を探し出せる可能性が高まります。

地域の不動産会社に問い合わせる

売りに出ていない空き家や未公開物件を探すのに最もおすすめな方法が、空き家を探している地域の不動産会社に問い合わせてみることです。地元密着の不動産会社ならさまざまな情報網を使い、空き家になっている物件を把握している可能性が高いです。

また、売りに出ているもののインターネットなどで情報を公開していない空き家も紹介してくれることでしょう。

空き家になっているが売りに出されていない場合でも、その空き家を購入したいという希望者がいるなら不動産会社が空き家の所有者を調べて連絡を取ってくれるはずです。

なかには売りに出していないなら諦めるよう言ってくる不動産会社もあるでしょうが、粘り強く頼んでみたり、他の不動産会社にも相談したりしてみましょう。もちろん所有者に連絡が取れたとしても空き家の所有者から売りにだすつもりはないと断られることもあるかもしれません。

しかし、不動産会社との関係を築いておけば、他に空き家になっている物件や今後売りに出される予定の物件などさまざまな情報をいち早く教えてくれるはずです。

空き家掲示板サイトで探す

空き家の掲示板サイトでは、まだ売ろうと決めてないが金額次第では売っても良い、すぐには売れる状態にないというような空き家が掲載されています。なかには無償譲渡(0円で売却)している空き家もありますし、非常に状態の良い空き家もあるなど、まさに掘り出し物が見つかる可能性が高い探し方と言えます。

また、空き家の掲示板サイトは空き家を売りたい人と買いたい人が直接やり取りをできるマッチングサイトのような役割があるので、仲介手数料が省ける分安く空き家を購入できたり、知りたいことを売主さんに直接聞けたりする魅力もあります。

素人同士が直接やり取りするのは不安に感じるでしょうが、「家いちば」というサイトを例に挙げると、交渉がまとまり契約の段階となれば国から許認可を得た宅地建物取引士が細かい条件などを確認し安全でトラブルのない取引をまとめてくれるうえ登記やローンなどのサポートもしてくれるので安心です。

もちろん問い合わせや内見は売主と買主が直接やり取りをするので、気になる点などは購入前にしっかりと解決しておきましょう。

自分の足で探す

現在住んでいる場所の近くで空き家を探しているならば自分の足で空き家になっている家がないかを探してみるのも良いでしょう。

表札が出ていない家、ずっと雨戸が閉められた家、庭の手入れがされていない家、夜でも外灯が付いていない家は空き家の可能性が高いです。

ただし、自分の足で探す分体力や労力が必要となるので、時間や体力に余裕がある方におすすめの方法と言えます。

知人や親族から情報を得る

知人や親族に聞いてみると、空き家になった家やこれから売りに出そうと考えている人の情報を知っている可能性があります。

近所の方の情報網は不動産会社よりも実際にその地域で暮らしている住民のほうが熟知しているでしょう。もしかすると知り合いのつてで格安で譲ってもらえる期待もできます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

空き家を売りに出していないもしくは未公開にしている理由

空き家を所有しているだけで固定資産税や維持費がかかるのに、なぜあえて売りに出さないのかと疑問を感じますよね。

もしかするといわくつきの事故物件なのではと不安になるかもしれませんが、売りに出さないのには空き家ならではの理由がある可能性が高いです。また、未公開物件についてもなぜ公開しないのかという理由も詳しく見ていきましょう。

購入時より大幅に資産価値が下がったため

空き家の資産価値が購入時よりも大幅に下がったことで売りに出しても損すると感じて売りに出さないでいる所有者もいます。実際に、建物部分の資産価値は約20年でゼロになるとされています。

空き家だと老朽化も進んでいるケースが多いため建物の資産価値が下がってしまうのは所有者も納得できるでしょうが、人口が減ったというような理由で土地の価値まで下がってしまったら所有者も損した気分をぬぐえません。今後地価が上がることを期待して売りに出さずに所有し続けているケースもあるのです。

所有者が遠方在住や高齢者

空き家を相続によって所有することになったが遠方に在住している場合や、空き家の所有者が高齢で管理や処分が進まないといった場合も多いです。

実際に、遠方に在住していると毎日仕事や私用で忙しく空き家のことを忘れがちになってしまうという所有者も多いでしょう。

なかには空き家の所有者が認知症などで意思疎通が困難というケースも見受けられます。

所有者が売れないと思い込んでいる

空き家が売りに出ていない理由で意外と多いのが、所有者が空き家を売りに出しても需要がないだろうと思い込んでいるケースです。
確かに空き家は老朽化が進んでいてとても人が住める状態にない物件も多いですから、所有者からするとこんなボロボロの家が売れるわけないと思ってしまうことも高いです。
しかし、空き家の建物に価値がなくても土地には価値がありますし、土地は経年劣化を理由に資産価値が下がることはありません。
売れないと思っているのが理由で売りに出していない空き家なら、購入希望者がいることを伝えることで快く売却してくれる可能性が高いでしょう。

将来的に誰かが住む予定がある

現在は空き家になっているものの、将来的に子や親族などが住む予定で売りに出していないという空き家もあります。
この場合、購入希望であると伝えてもなかなか売却に応じてくれないかもしれません。
ただし所有者にとっても将来誰かが住むまでは固定資産税や管理維持費がかかるので、売却価格によっては前向きに検討してくれる可能性もあります。

所有者や不動産会社の意向

売りには出しているものの未公開になっている空き家では、所有者や不動産の意向で公開していません。
所有者の意向としては、「近所の人に売りに出していることを知られたくない」「売却できなかったら恥ずかしい」などといった理由が挙げられます。
また、不動産会社の意向としては、「優良物件だから宣伝しなくてもすぐに売れる」「広告枠がすでにいっぱい」というような理由があります。
実際に、不動産市場では公開物件が6割、残りの約4割は未公開物件とされているのです。
何かしら公開できない瑕疵や不具合があるから未公開になっているとは限りません。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202106/2915:00Arrayからの新規の予約相談
  • 202106/2213:50Arrayからの新規の予約相談
  • 202106/1412:41Arrayからの新規の予約相談
  • 202106/0809:19Arrayからの新規の予約相談
  • 202105/2821:22Arrayからの新規の予約相談
  • 202105/2821:20Arrayからの新規の予約相談
  • 202105/2711:26Arrayからの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します