大阪の空き家買い取りサイト「マイダス」とは?徹底解説

大阪の空き家買い取りサービス「マイダス」をご存知でしょうか。これはメンテナンスの負担がかかるも処分が難しい空き家を売却できる便利なサービスです。

今回はこのマイダスという買い取りサイトのサービス内容とメリット、デメリットについて詳しく説明します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

マイダスは空き家を処分したい人に便利なサービス

大阪の「マイダス」という空き家の買い取りサイトはどのようなサービスなのかを説明します。

マイダスは空き家を買い取るサービス

マイダスは「空き家を買い取る」サービスです。その名のとおり、業者が直接空き家を購入するので、仲介をするわけではありません。

買い手を探す手間がかからないので、すぐに空き家を処分したい人や相続対策に現金化したい人などに便利なサービスです。

空き家を買い取ったあとは、マイダスが手入れをして再販することになります。あるいはそのまま購入する希望者を探すことになりますが、いずれにしても買い手を探す前に空き家を現金化できることが大きな特徴です。

つまり、空き家の所有者はその買い手探しをする必要がないということです。

空き家を売却するには通常、かなりの時間がかかります。一般の住宅とは異なり、空き家の需要は少ないからです。しかしマイダスの買い取りを利用すれば、短期間での処分が可能となります。

買い取りサービスは空き家の劣化具合を心配する必要がない

空き家はメンテナンスをせずに放置しておくと、劣化が進んでしまいます。劣化が進むと、その修繕費用がかさむという負担がかかります。

また劣化が進んだ空き家は、なかなか買い手がつきません。修繕費用がかかるうえに、場合によっては基礎のし直しも必要となるからです。

しかし、マイダスの買い取りサービスを利用すれば、建物の劣化具合に関係なく処分できます

空き家の売却で問題になるのは、買主がどの程度の修繕をするのかということです。さらに瑕疵担保責任の問題もあります。空き家の購入者には、購入後に大きな瑕疵が見つかるというリスクも生じます。

マイダスの買い取りサービスであれば、どのような状態の空き家でも査定してくれます。その後の修繕を心配する必要もありません。また、一般の不動産売却における瑕疵担保責任もないので、売却後の心配も不要です。

相続相談士のアドバイスを受けられる

空き家を所有する経緯として、相続でのケースは多いものです。そして空き家を相続する相続人は、ひとりとは限りません。

処分したいと思っても、ほかの相続人の同意がなかなか得られないという場合もあるでしょう。

マイダスには相続相談士がいるので、相続した空き家の処分に関する相談をすることも可能です。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

マイダスならすぐにでも空き家を処分が可能に

マイダスの空き家買い取りサービスの大きな特徴は、すぐにでも空き家を処分できることにあります。

空き家買い取りの仕組みとは

そもそも、空き家を買い取るとはどのような仕組みになっているのでしょうか。

一般的な不動産の買い取りサービスは、買い取り業者がリフォームなどを行い、再販する形になります。たとえば相場で3,000万円で取引されている中古マンションを、2,500万円で買い取るとします。

それを300万円の費用をかけてリフォームあるいはリノベーションします。そして3,000万円で買い手を探すことができれば、買い取り業者には200万円の利益が残ります。

ではマイダスが行う空き家の買い取りサービスはどうなのでしょうか。

基本的には一般の住宅と同じように、修繕やリフォームを行ってから再販するので、その費用の分だけ安く買い取ることになります。この点は空き家を買い取ってもらう際には把握しておく必要があるでしょう。

問題はリフォームした空き家を購入しようという人がどれほどいるかです。もしかすると、地域によっては住居としてよりも店舗として売り出したほうが買い手が付きやすいかもしれません。

つまり、空き家をリフォームする場合には単純に居住用としての快適性を重視するのではなく、そのエリアならどんな需要があるのかを判断しなければならないという事情があります。

マイダスは多くの空き家を買い取りしてきた経験から、どのような目的でリフォームすべきなのかを判断しています。その結果、多くの購入希望者にアプローチできるようになります。

そのような高い経験値から、空き家を買い取り適切な買い手に売却できるというわけです。

空き家の買い手探しは不要に

不動産を売却するためには、まず買い手を探さなければなりません。そしてその買い手探しは、仲介業者が行います。

買い手はその不動産が、自分の使用目的に合致するかどうかを判断します。さらに売値が予算に見合うものかどうかも検討します。

空き家の場合には、購入金額のほかに修繕費用なども必要であるため、買い手はさらに検討に時間をかけることになるでしょう。また利用目的も居住用とは限りません。

このように空き家は売り手と買い手のマッチングが難しいために、売却が困難という事情があります。しかし、マイダスのような買い取りサイトを利用することで、そのような手間が省けます。買い手を探す必要がないので、簡単に空き家を処分できるというわけです。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

マイダスのメリットとデメリット

空き家を処分する上でマイダスを利用すると便利であることを説明しました。では実際にメリットだけかというと、そうではありません。

そこで、マイダスを利用することで得られるメリットと、注意すべきデメリットをご紹介します。

メリットはすぐに空き家を処分できること

すぐに空き家を処分できることがマイダスのサービスを利用するメリットです。

空き家は所有期間が長引くほど、メンテナンスのための労力と費用がかかります。またメンテナンスを十分に行わなければ、劣化が進むことで「特定空家」に指定される可能性があります。

特定空家とは倒壊の危険性などがある空き家のことで、物件を管轄する自治体がその判断をします。そして特定空家に指定されると、たとえ家屋が建っていても固定資産税が増えるなどのペナルティが発生します。

マイダスのような買い取りサービスを利用すれば、早い段階で空き家を処分できるので、そのようなリスクを回避できます。

ほかにもマイダスのような買い取りサービスは、仲介手数料が不要というメリットがあります。不動産の仲介手数料は売却金額の3%+6万円がかかるので、決して少ない額ではありません。

これだけの費用が不要となるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットは買い取り価格が安めになること

マイダスの空き家買い取りサービスで注意すべき点は、売却金額が仲介による売却よりも低くなることです。

これは、買い取りをするマイダスの利益分が確実に差し引かれることからも留意すべき点と言えます。そもそも、不動産の買い取りサービスは買い手を探す仲介での売却よりも売却金額は低くなるものです。

しかしその売却金額の低さの代わりに、早期に空き家を処分できることから、トレードオフの関係にあると言えるでしょう。その意味では、デメリットとは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

空き家を相続するなどして処分に困っている人は、買い取りサービスを提供するマイダスに相談してみるとよいでしょう。

早期に処分することが可能なので、メンテナンスの手間がなくなりますし、「特定空家」に指定されるリスクも回避できます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。