空き家の有効活用で注目したいDIY可能物件とは?

賃貸物件でありながらも空き家として長く賃借人がつかない、そんな物件は少なくないと思います。そのような空き家を、「DAY可能物件」として貸し出すケースが出てきています。

DIYができる空き家物件とはどのようなものなのか、そしてそのような賃貸物件を借りるメリットは何かを説明します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

DIYができる空き家物件とは?

DIY可能の空き家物件とは、賃貸物件として借り手を募集し、借主は自由にDIYできるという物件のことです。

空き家をDIYするとはどういうことか

今回ご紹介するのは、空き家となっている賃貸物件を借主が自由にDIYできるというものです。

通常の賃貸物件は、借主は退去時に現状回復するのが基本です。内装などを自分で変えることはできません。

しかしDIY可能な空き家物件は、借主が自分の使い勝手の良いように自由に内装などを変えることができます。現状回復の義務がないので、退去時にはそのままの状態にしておけるのも特徴です。

空き家をDIYできる範囲とは?

そもそも空き家をDIYするとはどういうことでしょうか。これは建物の躯体(柱や梁など)を除いて、壁紙や床、設備などを自由に交換できることを意味します。

DIYは日曜大工とも言われますが、空き家のDIYは借主自らの手で行う必要はありません。きちんと施工会社に依頼して工事をしてもらえます。

空き家の賃貸物件は建物の躯体を除いて、借主の好きなように住宅にリフォームできます。そして退去時は元の状態に戻す必要はありません。内装はもちろん、水回りの位置や設備なども自由に変えることが可能です。

あるいは住居としてのみならず、オフィスや店舗としても改装できるので、用途の幅が広がるのが特徴となります。

なぜ賃借人がつかない空き家をDIY可能物件にするのか

賃借人がつかずに空き家となったままの賃貸物件になる理由は何でしょうか。それは端的に言えば「需要がない」からです。

つまり空き家のままとなっている賃貸物件を、わざわざ借りようという人はいないということです。どれほど家賃が安くても、住みたいと思う人がいなければ賃借人はつきません。

かといって空き家の所有者がリフォームするのも難しいでしょう。いくら内装を綺麗にしても、それが借り手にとって魅力あるものとなるかどうかわからないからです。

それならば、借り手が住みたいと思う内装に自分で施工してみてはどうか、という逆転の発想で生まれたのがDIY可能物件です。

スポンサーリンク

DIY可能性な空き家物件を紹介するサイトのサービス内容

DIY可能な空き家物件を専門に扱うサイトがあります。GOODIY(グッディ)というサイトもそのひとつですが、一例としてそのサービスの内容をご紹介します。

リフォームが自由なDIY可能物件を扱う

賃貸物件でありながらも、空き家となっている物件を扱っているのが特徴です。そして借り手は自由にリフォームできるのが条件となる物件のみを扱っています。

また予算やニーズに合わせてリフォームのプランも用意されています。これは、空き家をどのように活用すればよいのかわからないという人にも便利なサービスと言えるでしょう。

さらにそのリフォームのための施工費用を一部負担する制度も用意されています。

建物の事前調査を実施

空き家となっている賃貸物件をDIYできるのはよいのですが、問題はどの程度の修繕が必要になるのかということです。

問題なく住めるようにリフォームするために、相当な費用をかけるようでは意味がありません。借り手としてはその点が気がかりではないかと思います。

GOODIYでは、すべての空き家賃貸物件を事前に調査して、物件情報を報告してくれます。空き家を借りようと考えている人は、このような事前調査があるサービスを利用するとよいかもしれません。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

DIYができるとなぜ空き家を有効活用できるのか

自由にDIYができる空き家の賃貸物件はこれからも増えることが予想されます。それは空き家のオーナーにとっても借主にとっても、さまざまなメリットがあるからです。

空き家をDIYしてもらう利点

空き家の管理は難しいものです。特に遠く離れて実家などを相続すると、そう簡単には修繕などのために足を運ぶこともできないでしょう。

そこで空き家を賃貸に出して、借主にDIYをしてもらうことで、適切に修繕と管理をしてもらうことができます。つまり費用をかけるどころか、家賃をもらいながら空き家を使用できる状態に管理してもらえるということです。

これが空き家をDIY可能な賃貸物件にする利点と言えます。

空き家をDIYするメリット

一方で借主が空き家となっている賃貸物件をDIYする利点は何でしょうか。それは自分が考えている用途に合わせて、使い勝手を自由に変えることができることです。

賃貸物件は一般的に、それぞれの用途は決まっています。つまり借り手は自分の用途に応じて物件を探さなければならないということです。

しかし希望するエリアにそのような物件が必ずあるとは限りません。

DIY可能物件となる空き家であれば、使い勝手のよいようにリフォームできます。希望するエリア内にそのような空き家があれば便利です。

スポンサーリンク

DIY可能な空き家賃貸物件を探す際の注意点

メリットの多いDIY可能な空き家賃貸物件ですが、もちろん注意点もあります。

用途を十分に吟味すること

全国的に増え続ける空き家をいかに利活用するかが注目されていますが、どの物件も活用できるわけではありません。

もし空き家となっている賃貸物件を探すのであれば、検討する物件が想定する用途に合うものかどうかをきちんと調べることが大事です。

たとえばリモートワークの拠点として企業が探しているとします。DIYにより社員が使い安くすることはもちろん大切です。しかし、その周辺環境が利用する社員にとって不便がないものかどうかをチェックしなければなりません。

あるいは店舗として利用する場合、利用客をどの程度確保できるのかを事前調査する必要もあるでしょう。これらは空き家そのものというよりも、その周辺環境などが用途に応じたものかどうかを確認する必要があることを意味します。

どの程度の修繕を必要とするのか

借主が自由にリフォームできるのがDIY可能物件の魅力ですが、実際にどこまで修繕が必要なのかも大事なポイントです。

空き家はその期間が長いほど劣化が進みます。場合によっては基礎から手直しが必要となるケースもあるでしょう。

基本的にDIY可能空き家物件は、躯体までは手を加えることはできません。地震などによる倒壊の危険性があると、たとえ内装をし直しても安心して使用することはできないでしょう。

DIY可能な空き家物件を紹介する業者を選ぶ際には、物件の状態をきちんと調査してくれることを確認しましょう。

お問い合わせ

まとめ

空き家となっている賃貸物件も、DIY可能とすることであらたな賃借人をつけることができるようになります。

さらに所有者が行うのは難しい空き家のメンテナンスも、賃借人が行ってくれるというメリットがあります。

賃借人も自分が使いやすいように手直しできるので、双方にとってメリットがある賃貸物件のスタイルと言えるでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。