仲介手数料とは?意味を把握して納得いく契約をしよう!

一戸建てやマンションなどの不動産を売買したり、賃貸契約をする際にかかってくる費用の中に「仲介手数料」という項目があります。

これは一体、どうして支払わなければいけないのでしょうか?詳しく解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

仲介手数料とは?

別名「媒介手数料」とも言います。

不動産の売買や賃貸契約をする際に、不動産を買う側と売る側、賃貸物件を借りる側と貸す側がいます。

これらの間に入ってお互いの意見を汲み取って調整をしたり、契約に必要な手続き等を仲介業者である不動産会社が行ってくれます。

つまり、不動産に対してのやりとりがスムーズに進行するように間に入ってくれる仲介業者に支払う手数料が仲介手数料というわけです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

仲介手数料を安くできないか?

不動産売買や賃貸契約をする際、できるだけ出費が抑えられないかと考えるのは当たり前ですよね。

そこで、仲介手数料はどうやったら安くすることができるのでしょうか?方法は大きく2つあり、仲介業者を比較すること、仲介業者と交渉することです。

仲介業者を比較検討する

1つは仲介業者を比較して決めることです。これが一番手っ取り早く、かつ、効率的に比較的安い出費で抑えられます。

「仲介業者 比較」などと検索して、仲介手数料が安い業者で賃貸物件を探したり不動産売買の相談をすることが方法の1つです。

仲介業者と交渉する

もう1つは、仲介業者さんと面と向かって交渉することです。しかしこの方法はあまりオススメしません。

仲介手数料を安く抑えるために交渉することは、仲介業者さんからあまりいい顔をされません
なぜならば、仲介業者にとって、仲介手数料は会社の利益に直結するからです。

実際に、賃貸契約の中で、仲介手数料を下げてほしいと繰り返し相談したところ、「他に当該物件を希望されている方に回します」と回答されたケースもあるようです。

あくまでお願い程度に留めておくことをオススメします。仲介業者も自社の利益を考えて仕事をしていますので、そこを理解した上でお願いしてみましょう。

【解体業者専用】集客支援システム

・なぜ、地方の解体屋さんが3ヶ月先まで予約でいっぱいなのか?
・下請けではなく、お客さんから直接依頼がくるウェブの仕組みとは?
・地元の興味のあるお客さんだけに会社を知ってもらう方法
・解体屋さんを経営して40年で分かった経営安定の秘訣

>>今すぐチェックする

まとめ

仲介手数料とは、不動産売買や賃貸契約の際に仲介業者に支払う手数料のことであり、これを安くする方法は仲介業者を比較検討する、仲介業者と交渉をする、ということをお話ししました。

不動産売買は非常に大きいお金が動く大事な取引ですし、賃貸契約も今後住んでいくために必要な取引です。

より良い取引をするためにも仲介業者の手助けは欠かせません。相手の事情も考慮しつつ、自分の主張もしていき、納得のいく契約ができるといいですね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体事業者向けサービス】営業不要の顧客獲得システム

冊子
  • 個人のお客様で数ヶ月先まで予約を埋める方法
  • 営業しないでお客さんが集まるネットの使い方
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ