アパートとは?意外と知らないマンションとの違いも解説

不動産のことを勉強していると、戸建てやアパート、マンションといったように様々な種類があることに気がつくと思います。

その中で「アパートとマンションってどこが違うんだろう?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、アパートとマンションの違いについて解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

アパートとマンションの違いに明確な規定はない

初めから話の腰を折ってしまい申し訳ないのですが、実はアパートとマンションの違いに明確な規定はありません

では、どうしてアパートとマンションと名前に違いがあるのでしょうか?

それは、不動産会社やハウスメーカーなどが、各々の社内規定にそって区別しているのです。

したがって、物件を取り扱う会社によって判断基準が違ってくるのです。

スポンサーリンク

アパートとマンションの見分け方

明確な規定がないとはいえ、大まかな見分け方は存在します。それは、構造によって見分ける、階数によって見分けるなどです。具体的にどうなっているのか、解説します。

構造によって見分ける

アパートの場合には、主に「木造」「軽量鉄骨造」「プレハブ造」などがあります。

マンションの場合には、主に「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」などがあります。

「マンションの方がアパートよりもゴツい造りになっている」という認識でもいいかと思います。

階数によって見分ける

アパートの場合には、階数を2階以下に、マンションの場合には階数を3階以上にするという分け方が一般的なようです。

防音性が高い構造は?

一般的に、鉄筋コンクリート造が一番防音性に優れていると言われています。

しかし、これはあくまで目安であり、実際にはその時々の状況にもよります。

防犯性が高いのは?

入口がオートロックな場所であったり、階層が高くなるにつれてベランダからの侵入が厳しいとの観点からみると、アパートよりもマンションの方が優れていると言えます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

アパートのメリット・デメリット

マンションと比較して建設費が安いことが多いため、家賃が安いところがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、防犯性や防音性がマンションと比較してやや劣ることが多く、しっかりと物件を調べても後からこれらのことに気がつく場合も少なくありません。

また、木造の築古物件こ場合には耐震性や防火性が低い場合も考えられます。

スポンサーリンク

マンションのメリット・デメリット

アパートと比較して防犯性や防音性に優れている物件が多いことがメリットとして挙げられます。

逆に、マンションは建設費が高いことが多く、そのため家賃や管理費が高い傾向が見られます。

出費がかさむことがデメリットとして挙げられます。

お問い合わせ

まとめ

今回は、アパートとマンションの違いについて解説しました。

まとめると、アパートとマンションの違いに明確な規定はないが、不動産会社やハウスメーカーが構造や階層によってアパートとマンションを区別しています。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。