不動産屋の定休日はなぜ平日が多い?

物件探しのために不動産屋に行ったものの定休日の張り紙が…。そんなことでがっかりした経験がある人も多いのではないでしょうか。

定休日をあらかじめ調べておくことは、物件を効率的に回って時間のロスを減らすうえでも大切なこと。

実は、不動産屋の定休日は、平日とくに水曜日とされていることが多いのです。

そこで、なぜ不動産屋の定休日は平日なのか、効率的に回るには何曜日がおすすめなのか、その理由について解説します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

不動産屋の定休日は平日が基本

不動産屋の定休日は平日が多いのは、不動産業界の慣例であることに加え、顧客の動向に合わせているという一面があります。

ほとんどは水曜日が定休日

不動産屋が忙しく動き回るのは、基本的に土曜日と日曜日、そして祝日・祭日です。

特に会社勤めの人は、土・日が休日のことが多いため、この2日間に物件探しをする傾向があります。そのため、物件に関する問い合わせ、来店、内見、販売会などが目白押し。

一方、水曜日は、週末からもっとも遠い曜日で、連休となる確率が低いことから、予約の数はぐっと少なくなります。不動産屋の定休日に設定されることが多いのです。

縁起が悪いとされる水曜日

顧客の動きが落ち着くことに加え、契約がからむ業界にとって水曜日は縁起が悪いことから、営業を避けるという理由もあります。

不動産屋にとっていちばん避けたいことは、契約が流れること。水曜日に含まれている「水」という文字は、川のように流れる状態を連想させます。

流れるイメージが強い水曜日は、不動産屋にとって縁起が悪い曜日に他なりません。そのため、契約をとるためのゲン担ぎとして、あえて水曜日を定休日としている不動産屋が多いとも言われています。

スポンサーリンク

不動産屋にとっての水曜日

不動産屋にとっての水曜日は、仕事がひと段落するタイミングのため、社員の休みを取りやすいという実情もあります。

契約関係の仕事がひと段落

不動産屋にとって意外と忙しいのが月曜日。土・日に、顧客と話がまとまることが多いため、月曜日はおのずと作成する契約書類の数が増えます。

とくに3月の引っ越しシーズンとなると、通常の何倍もの契約が決まることもあり、月曜日は大忙しです。

さらに、週末に近づくにつれて、物件の問い合わせや見積もり依頼が入りやすくなります。そのため、契約書類の作成が落ちついており、かつ週末まで一定の期間がある水曜日を、定休日とする不動産屋が多いのです。

管理会社が水曜休日のことも多い

不動産業界は、横のつながりにより成り立っているため、定休日を揃えないと仕事に支障が生じます。とくに密接なつながりがあるのが、売り手と買い手をつなぐ不動産仲介会社と、物件そのものを管理している管理会社。

管理会社の定休日は、事前に鍵を預かっているなどの例外を除くと、顧客に物件を案内することができません。

つまり、仲介会社と管理会社は、同じ曜日を定休日とする確率が高く、結果として水曜日を休みとする会社が増えるのです。

その解体物件、収入にできる場合があります

空き家となった物件は解体をする前に、
・売却して収益を得る
・空き家として有効活用する
という2つの方法があります。

お金をかけずに解体できてしまう方法もありますので、あなたの目的に応じて、以下のページで、物件をチェックしてみることがオススメです。

・空き家を売却して査定したい場合
>>その家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう
・空き家を有効活用したい場合
>>【無料】資料請求【タウンライフ土地活用】

これを知らずに解体して損をする場合もあります。数分でチェックできますので、試してみてください。

不動産屋の定休日の予約は可能?

とはいえ、仕事や家庭の事情により、定休日しか時間をとれない場合は、どうすればいいのでしょうか。

事前に電話予約できる場合も

定休日しか不動産屋に行く時間がない場合、あらかじめ電話で相談しておくと、絶対ではありませんが、予約をとれることがあります

不動産関係の契約は大きなお金が動くため、予約を断ってほかの会社に流れることは避けたいというのが、不動産屋の心理。

また、店舗そのものは定休日であっても、社員が出勤していることも多々あるため、電話であれば対応してくれる可能性は高いです。

定休日の物件見学も不可能ではない

電話応対してもらえることはあっても、管理会社が休みのことも多いため、定休日に物件の見学ができることは稀です。

ただし、内見希望の物件を確定させておけば、管理会社から事前に鍵を預かってもらい、内見できるケースもあります。

そのため、内見の希望日と不動産屋の定休日が重なっている場合は、早めに相談してみるといいでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

不動産屋の定休日以外のおすすめ日程

平日なかでも水曜日が不動産屋の定休日である場合、どの曜日に予約を入れるのがいいのでしょうか。

混み合う土・日は避けるのがベター

まず、基本的に避けたほうがいいのが、土曜日と日曜日、そして祝日および祭日です。

少なくとも2連休となるため、相談、内見、契約のために来店する人が多く、かなりの確率で混み合うため、ゆっくり対応してもらえません。

また、ゴールデンウィークのような大型連休は、現地販売会や各種イベントの開催により慌ただしいことが多いのでおすすめではありません。

平日に加えて、日曜日を定休日とする不動産屋もあるため、週末だからと油断せず、あらかじめ確認しておいがほうが安心です。

来客が少ないのは火・木

不動産屋は、土曜日と日曜日の来店者が多く、月曜日は書類作成等が集中しますが、火曜日と木曜日についてはひと段落しています。

そのため、担当者と時間をかけて話ができる、物件探しのスケジュールの融通が利く傾向があります。

人手が余っているときは、数人で物件情報を集めてくれるので、自分の希望に近い物件が出そろう確率がアップ、効率的に探せる確率が高まります。

金曜日が効率的という見方も

金曜日は、週末の来客数増に合わせて不動産屋が忙しく、時間をとってもらいにくいと言われています。

しかしながら、なかには金曜日のほうが、効率的に物件を探せるという見方もあります。そもそも金曜日は、定休日である不動産屋が少なく、週末と比べるとお客さんは多くありません。

また、週末の来客に備えて、社員の稼働率が高いことから、予約が取りやすい傾向があります。もちろん、ほかの平日と比べると混んでいる確率は高まりますが、それでもやはり週末よりは空いているので、ゆっくり話せることが多いと言えるでしょう。

お問い合わせ

不動産屋の定休日に物件探しをする方法

定休日に予約が取れなかったとしても、インターネットサービス等を利用すれば、定休日に物件探しをすることは可能です。

チャット機能を利用する

物件探しをするとき、ほとんどの人は、インターネットで情報を検索すると思います。そのようなサイトでは、24時間対応できるように、チャット機能を備えていることが多々あります。

そこで、気になる物件があるものの、直近で行ける日が定休日と重なっている場合、チャット機能を使って、可能な範囲で情報収集することも一案です。

LINE友だちに追加する

また最近は、LINEを使ったサービスに力を入れている不動産屋が急増。友だちに追加しておくと、定休日とは関係なく、問い合わせをすることができます。

LINEには、店舗の定休日とは関係なく、担当者がつけられているため、比較的すぐに返信がもらえます。

なかには、LINE友だちに追加していると、割引サービスを受けられることがありますので、費用節約として利用してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

不動産屋の定休日は、業界の慣例やスケジュールの都合により水曜日が多いため、その日を避ければ複数の不動産屋を効率的に回れます。

とはいえ、不動産会社により定休日がズレていることもあるため、急に来店することは避けたほうがいいでしょう。

定休日にどうしても来店したい、電話でいいので相談がある…。そんなときは、対応してもらえることもあるため、事前に聞いてみてもいいと思いますよ。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202104/1311:57Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2923:11Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2120:08Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/2120:08Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1107:41Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1017:13Arrayからの新規の予約相談
  • 202103/1017:01Arrayからの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します