あこがれの洋館に住んでみたいあなたへ 売買情報はどうやって得る?

国内の不動産は時代ごとに設計や建築法、使用される建築素材などが似かよるので、似たような造りの住宅が多くなります。

時代を経て昔の洋館のような建物は数が少なくなっていますが、あの独特の雰囲気やレトロ感に強く惹かれる方は一定数いるようです。

本章では現代において洋館を購入することができるのか、できるとすればどのような方法があるのか見ていきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

古い洋館は絶対的な数が少ない

まず知っておかなければならないのは、旧来の古い洋館は現存する絶対数が少なくなっており、さらにその中で売りに出される物件はほとんどないということです。

古い洋館の類はすでに解体されているか、リノベーションなどの対象になり立て替えられているものが多いと思われます。

現在中古市場で流通しているのは近代的な洋館で、こちらも数としてはかなり限られており、前オーナーの趣味で洋館風に建てられた物件がたまに売り出される程度です。

本物のレトロ感を求める方は文化財クラスの希少性のある物件でないと納得できないかもしれませんが、現代風の洋館でも満足できるようであれば道はあります。

次の項では洋館の売り出し情報の掴み方を見てみましょう。

スポンサーリンク

洋館の売買情報の掴み方

試しにネット上で洋館の売り出し情報を検索すると、やはり旧来の古しい洋館はヒットしません。

現代風の洋館であれば数は少ないながらもいくつかは散見されます。

ただ、ネット上の検索では洋館と入力しても、外観的にオシャレな物件=洋館扱いとして検索結果に表示されるので、ご自身が目指す“洋館”と違う物件が多く表示されるかもしれません。

調べ方としては「地域名 古い洋館 売り出し」「地域名 洋館 売り出し」などで検索すれば運が良ければヒットするかもしれません。

ただネットでは限界があるので、確実性を高めたいのであれば不動産業者に直に相談するのがお勧めです。

不動産業者はレインズという専用の媒体で全国の売り出し物件の情報をダイレクトに掴むことができます。

今現在売りに出されている洋館があれば紹介してくれますし、今は売り出し物件がなくても「〇〇の地域で洋館が売りに出されたら連絡をくれ」とお願いしておけば、毎日自分でネットをチェックしなくても良くなります。

ただ、洋館は絶対数が少ないので、お住まいの地域で偶然売りに出される確率は低いかもしれません。

その場合は別の手も考えられるので、次の項で見ていきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

洋館に造り変えることもできる

洋館に住みたいがどうしても売り出し物件が見つからない場合、一般的な住宅を購入したうえで洋館風に改築するということも可能です。

あるいは今住んでいる自宅を改装するということもできますね。

軽易なものであればリフォームで対応できることもありますが、本格的なものはリノベーションを施して大々的に作り変えることになるでしょう。

中古物件を購入して洋館風に作り変える場合、デザイン設計を洋館でイメージできる業者にお願いしなければならないので、前項で見た中古物件探しの相談を大手の不動産業者にするのが良いと思われます。

住宅の購入だけでなく、その後のリフォーム、リノベーションに対応でき、しかも洋館風に改築できるデザイン設計事務所と連携している不動産業者であれば希望を実現できる可能性があります。

スポンサーリンク

こだわるなら注文住宅の選択も

洋館が欲しいといっても、人によってどのような物件を望むかは違ってきます。

外観が洋風であればいいのか、内装までこだわるのかなど人によって違うでしょうから、自分が望む「洋館」を中古物件で調達するのは難度が高いと言えます。

そこで、資金計画を練ることができるようであれば、ハウスメーカーに相談して注文住宅を検討するというのも一つの手です。

中古物件の購入費用を頭金にして住宅ローンを組み、希望する洋館の新築を考えることもできるので検討してみては如何でしょうか?

お問い合わせ

まとめ

本章では洋館に住んでみたいとお考えの方に向けて、売り出し情報の掴み方や購入方法についてお伝えしてきました。

中古市場で流通する洋館は絶対数が少ないので購入のハードルは高くなりますが、不動産業者にお願いして売り出し情報を掴んだら連絡をもらえるようにしておくのが一番確実です。

それでも希望に合うタイプの洋館に出会える確率は高くないと思われますので、洋館に住みたい希望が強いのであれば、リノベーションや注文住宅なども検討する必要があるかもしれません。

資金調達が上手くいけば洋館に住むことは決して不可能ではありませんから、選択肢の一つとして考えてみましょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。