【物件別】おすすめ不動産会社の探し方をマルっと解説

不動産を探す場合、その物件によって探し方を変えた方が効率的な場合が多々あります。

今回は、物件別の不動産会社の探し方について解説していきたいと思います。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

一戸建てを探す場合

まずは戸建てを探す時、どのように不動産屋を探すかについての解説です。

戸建てと言っても「注文住宅」「新築建売」「中古一戸建て」など種類は様々です。そのため、探し方も様々です。

注文住宅の場合

注文住宅には流れがあり、ざっくりと解説していきます。まず、どのような設計にするかを考えます。次に土地探しをします。

土地が見つかったらローンを組む人はローンを組むための金融機関等を見つける必要があります。

それから土地を購入し、建物の設計について最終確認をします。建物が完成したら引き渡し、入居となります。

以上の流れを見ていただいた通り、長い時間が必要となります。

土地を探すことを含めて相談に乗ってほしい場合には「ハウスメーカー」がおすすめです。

希望の住宅に適した土地を探してくれて、見つかった場合に土地と建物の予算設定がしやすいメリットがあります。

新築建売の場合

建売の場合には、既に土地と建物が存在する状態で販売されています。そのため、おすすめの探し方は「インターネット検索」です。

希望する条件に合う建物を手っ取り早く、確実に見つけることができるためです。

また、最近ではマイナーな手段かもしれませんが、新聞折り込みチラシにも新築建売についてのチラシが入っていることもあるので、それで情報収集するのも1つの手段です。

中古一戸建ての場合

中古一戸建ては、不動産屋が家を売りたい個人から買い取ったり、競売物件などで入手したりして、これらを販売していることが多いです。

探し方についてはインターネット検索がおすすめです。

調べ方の例としては、「不動産屋のサイトで探す」「裁判所の不動産競売物件情報サイトで探す」「みんなの0円物件から探す」などが挙げられます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

アパートを探す場合

アパートを探す場合には基本的に大手不動産屋のポータルサイトを利用することをおすすめします。理由は次の通りです。

まず、自分の希望条件を絞り込んで探すことができます。大手不動産屋は自社のポータルサイトを持っていることがほとんどで、そこから自分が希望する条件から物件を探すことができます。

「ワンルームがいい」「金銭的に余裕がないから敷金、礼金はないところがいい」「Wi-Fiがある物件はあるかな?」「ペット入居可能な物件ないかな?」などなど、詳細に条件設定して探すことができます。

次に、検索件数が多い点です。大手不動産屋ならではの、全国広々と物件を抱えていて、自身に合った物件が見つかる可能性が高いところが魅力的です。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

マンションを探す場合

マンションを探す場合には、不動産情報ポータルサイトを利用することをおすすめします。

新築の場合には売り出す前に予告をすることが多く、自身に合った条件のマンションが売り出し予告をする場合があります。

予告を見てから販売されるまで期間があれば、判断する時間も多めに取れるのでおすすめです。

また、新着物件を通知してくれる機能を備えているポータルサイトもあるところが強みと言えるでしょう。

中古の場合でも、自身に合って条件を設定して物件を一括で検索できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

それぞれの物件ごとにおすすめの探し方を解説させていただきました。

やはり、効率よく探せた方が時間短縮にもなりますし、求めている条件最も近い物件を見つけることができると思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。