空き家を上手に活用したい!賃貸物件として活用する方法5つ

実家が空き家になってしまい、どの様に活用するか悩んでいませんか?

既に都心へ生活拠点を移してしまった場合、なかなか空き家になった実家の管理も頻繁にできませんし、管理を適切に行っていないと余計に税金を払わなければいけなくなるなど、悩みは尽きません。

また、空き家の活用方法の代表として空き家バンクを利用するという方法もありますが、自治体によっては空き家バンクを提供していない場合もありますし、困ってしまいますよね。

自分の人生の半分を過ごした実家に思い入れがあり、安易に解体にも踏み切りにくい…と考えている人もいることでしょう。

できることなら、実家をなるべく解体せずに残したまま、上手く賃貸物件として活用したいところですよね。

今回は、空き家を賃貸物件として上手に活用する方法をご紹介します。

現在、実家が空き家となってしまって、良い活用方法を模索している方の参考になれば幸いです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

1) 大家さんになりリノベーションして戸建て賃貸する

一番最初に思い浮かぶ方法は、あなたが大家さんとなり、空き家になった実家をリノベーションして戸建ての賃貸物件にすることです。

空き家状態によっては、老朽化や今の法律で敷かれている耐震基準に対応していない場合があります。

その場合、空き家の適切な修繕やリノベーションが必要となります。

これを行うことにより、戸建て賃貸として活用ができるようになり、借り手が見つかれば家賃収入を得ることも可能です。

空き家を放置していると毎年高額の固定資産税が発生します。

しかし、借り手を見つけることにより賃貸料金を得ることができれば、定期的に家賃収入が得ることができます。

そこから、空き家だった実家の固定資産税や初期費用で支払ったリフォーム代金を取り戻すことが可能です。

借り手がつきにくい場所に空き家があるだとか、都心部に空き家ができた場合にライバルが多くなってしまうなど、借り手がつくかどうかで収入が入らないという可能性もあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

2) 商業施設として開業希望者へ賃貸する

2番目に挙げることができる空き家の活用方法は、空き家を商業施設として賃貸することです。

最近では、空き家を飲食店として再利用したいと考えるオーナーも多くなりました。

空き家を活用することで開業資金も少額で抑えられるということも相まって、飲食店などの商業施設の開業を考えている人たちからは、注目を集めているのです。

また、商業施設であれば宿泊施設よりもリスクが低いため、借り手が付きやすいのも特徴です。

その場所を提供する大家となり、開業希望者に賃貸をすれば、定期的な家賃収入も見込むことができます。

ただし立地によっては、どの様な売り文句や賃貸価格を設定してでオーナーを募集するかなどを考えなければいけなくなってきます。

3)シェアハウスとして賃貸する

空き家をシェアハウスとして活用する方法もあります。

シェアハウスは自分で経営する方法もありますが、管理が大変な場合は、外部委託を行うことで経営することも可能です。

シェアハウスは、一般的な賃貸物件を借りるよりも費用を抑えることができるという点で、需要が高まりつつあります。

それだけでなく、入居者が減ったとしても他の入居者が家賃を払ってくれるので、一度複数名の入居者が入れば、家賃収入が途絶えることが無いのもメリットです。

しかし、シェアハウスのコンセプトづくりや入居者同士のトラブルに対するクレーム処理に追われることも頭に入れておかなければなりません。

また、シェアハウス様にリノベーションや家具の追加をするなど、初期費用が通常よりも高くなってしまうなどといったデメリットも考えなければなりません。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

4)DIY型賃貸物件として提供する

近年、じわじわと人気を集めている賃貸方法が、DIY型賃貸物件として貸し出す方法です。

DIYとは、英語の「Do it Yourself」の略で、自らが何かを作ったり修繕したりすることを意味します。

つまり、借り手が自分でリフォームを行い、自分好みの外観・内観の家に改造できることをアピールすることで、DIYで自分の好きなように自宅を整えたいユーザーを取り込むことができるのです。

借り手が自らの好みに自宅をカスタマイズできるDIY型賃貸物件は、特に空き家が老朽化している場合や、築年数が経過している場合、リフォームが費用的な問題でできないという場合にも、うってつけです。

この方法は商業型施設としても応用ができるので、空き家の活用方法の幅が広がるため、おすすめです。

お問い合わせ

5)解体してフランチャイズ経営者に土地を賃す

どうしても建物のリフォームや修繕費用が新築と同じ位の費用負担になってしまう場合は、解体して更地にし、フランチャイズ経営希望者に土地を貸すことで活用する方法も検討しましょう。

初心者にも利用しやすいフランチャイズの代表的な経営モデルは、以下の3つが挙げられます。

• コンビニエンスストア
• コインパーキング
• コインランドリー
• トランクルーム

空き家の立地によってフランチャイズ経営をする方法は考えなければなりませんが、経営方法によっては、土地を経営希望者に賃貸として土地を貸すこともできるのです。

コンビニエンスストアの経営が、代表例です。

コンビニエンスストアを経営したい経営希望者に賃料を貰うことで、賃料として収入を得ることが可能です。

また、コインパーキングは外部委託による経営方法もあります。

外部に委託することで、業者があなたに賃料を払いますから、不労所得にもつながります。

空き家の立地次第では、フランチャイズを行っているコインランドリーやトランクルームも検討できるでしょう。

ただし、自分のアイディアが経営に反映されないことや、売上金の一部をフランチャイズ本部に支払う必要があること、開業資金の自己負担があるなど、デメリットもありますので、きちんと理解したうえで上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、空き家を賃貸物件として上手に活用する方法を5つご紹介しました。

空き家は放置するとたくさんの問題が発生してくるため厄介に思われがちですが、賃貸物件として上手に活用することで思わぬ収入に繋がってきます。

それだけでなく、他に困っている人や空き家を使いたいと考えているたちの役に立つため、社会貢献にも繋がります。

空き家を上手に活用するためには、空き家に対しての正しい理解だけでなく、あなたの空き家の立地条件や空き家のある地域のニーズはなにか等といった情報収集が非常に重要です。

「解体の達人」では、これからも空き家に関する情報を配信していきますので、空き家の活用方法をもっと知りたいという場合は、ぜひお気軽にご相談ください。あなたの納得がいく空き家の活用方法を、見つけてみましょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202008/0414:32大阪からの新規の予約相談
  • 202008/0413:29神奈川からの新規の予約相談
  • 202008/0112:49神奈川からの新規の予約相談
  • 202007/3121:46神奈川からの新規の予約相談
  • 202007/2809:36茨城からの新規の予約相談
  • 202007/2717:30大阪からの新規の予約相談
  • 202007/2513:57大阪からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します