土間コンクリート工事の費用と方法を解説

駐車場で多いコンクリート舗装について

舗装の種類の一つに「土間コンクリート」があります。

駐車場を土間コンクリート施工している方、あるいはこれから土間コンクリート施工を検討している方も多いのではないでしょうか?

今回は土間コンクリート工事の費用や施工方法などを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

【こちらの関連記事もご覧ください】

お知らせ

解体の達人では、全国から解体工事の施工パートナーを募集しています。建築会社・工務店・リフォーム業を営まれている企業様へ。私たちと一緒に、日本随一の解体業者グループを一緒に築きませんか?

詳しくはこちらの募集要領ページをご覧ください

土間コンクリートとは?

そもそも土間コンクリートとはどのようなものなのでしょうか?

コンクリートと名がつくことからコンクリート製の何か、ということはすぐに想像がつきますが、本来土間は「屋内で床板などを張らずに地盤面のままにしてある部分」を指して言います。

玄関を思い浮かべると分かりやすいかもしれません。

その地盤面をコンクリートで平坦に仕上げたのが土間コンクリートで、土間コンと略されることもあります。

特に凹凸などもなく、白または薄いグレーに仕上がっているのがほとんどです(ハケなどで表面にザラザラした模様を入れる仕上げ方法などもあります)。

駐車場やガソリンスタンドなどはこの土間コンクリートで仕上げられていることが多いので、見れば「これのことか!」という方も多いと思います。

似た舗装でアスファルトもありますが、土間コンクリートとアスファルトの違いを挙げると「柔軟性」「耐久性」などがあります。

コンクリートとアスファルトの違いとは?

  • 柔軟性
    土間コンクリート < アスファルト

 

  • 耐久性
    土間コンクリート > アスファルト

このような違いです。

土間コンクリートは車の重量にも耐えられるほど固く耐久性があるため補修の頻度も少なくて済み、また真夏の直射日光による表面温度の上昇もアスファルトと比べて大きく軽減されます。

その反面、柔軟性に欠けるというデメリットがあり、目には見えにくいのですが温度変化によって微妙に伸縮するのですが、ひび割れが発生してしまうことがあります。

伸縮によるひび割れなどを防ぐために、目地と呼ばれる溝を作ったり、コンクリートの中間部分にワイヤーメッシュなどの鉄筋を挿入したりすることがほとんどです。

この目地は単に溝を作るだけでなく、その溝に砂利を敷く、芝などを植栽する、レンガを敷き詰めるなどアイデア次第でさまざまな活用方法があります。

このほか、土間コンクリートは固い素材が地面をしっかり覆ってくれるため、雑草対策という効果も期待できます。

駐車場土間コンクリート費用

駐車場を土間コンクリート舗装する場合の費用はどれくらいになるのでしょうか。

駐車場の広さや施工方法、ワイヤーメッシュや鉄筋の種類、目地の有無などの条件や、地域的な相場、施工業者の設定価格などによって変わってきますので目安となってしまいますが、ざっと見積もると

1平米(㎡)あたり8,600円~11,400円程度、坪にすると約3.3倍となりますので28,380円~37,620円程度となり、ここに重機や目地の費用などが加わってきます。

ただ、あくまで目安ですので、少し多めに見積もるなら平米(㎡)あたり10,000円~18,000円前後、坪あたり33,000円~59,400円程度を見ておくと良いかもしれません。

なお、駐車場1台分など施工面積が狭い場合は単価が高くなる可能性もあります。

施工業者ごとに異なりますが、土間コンクリートは温度変化による伸縮を想定して継ぎ目などを作らなければならなかったり、施工後、固まるまでに数日必要になったりなど、完了までにアスファルトよりも時間がかかることが一般的です。

そのため、施工面積が狭い場合はある程度単価が高くなってしまっても仕方がないのです。

ただし上記の費用よりも大幅に高いという場合は、相見積もりを取るなどして慎重に判断した方が良いかもしれません。

なお、土間コンクリート舗装工事には次のような作業がありますので、内訳を知っておくことも大切です。

  • すきとり(余分な土を取り除く):400円~900円/平米
  • 残土処分(すきとりした土の処分):800円~1,800円/平米
  • 砕石:300円~400円/平米
  • コンクリート舗装:7,000円~9,000円/平米

コンクリート舗装をもう少し細かく言えば

  • ワイヤーメッシュなどの鉄筋費用
  • コンクリート打設費用
  • コンクリート仕上げ費用
  • 型枠処分費用
  • 重機費用

などが含まれています。

このような費用が必要になるということだけでも覚えておくと良いかもしれません。

【こちらの関連記事もご覧下さい】

  1. 土地活用で多い賃貸駐車場ってどうなの?
  2. 解体後の土地活用で一番多い駐車場。そのやり方と工事費用を解説!

関連記事の一覧はこちらから

関連記事

これで全部!失敗しないお家の解体工事をする方法を解説

【保存版】20万円安くなるのは当たり前?解体の料金相場と安く依頼する方法

駐車場土間コンクリート施工方法

一般的な土間コンクリートは、下から地面・砕石・コンクリートという3層構造になっています。

1すきとり

まずは土間コンクリート舗装した駐車場にするためにすきとりを行います。砕石を敷いたりコンクリートを打設したりする厚さ分の土を取り除く作業で、多くの場合、ユンボなど重機を用いて行われます。

2残土処分

すきとりした土をダンプなどに積み込んで処分します。

3基礎砕石

残土をダンプに積み込み施工準備が整ったら、次は砕石を敷いていきます。

土間コンクリートを施工する際の標準的な砕石の厚みは10cmとなりますので、覚えておくと良いでしょう。

砕石を敷き終えたらいったん転圧して固めます。

4型枠

転圧が済んだら土間コンクリートを打設する部分の周囲を板で囲います。この板は抜き板と呼ばれるものです。

5鉄筋

抜き板を設置したら、次は温度変化に伴う伸縮によってひび割れなどが起こらないようにするためにワイヤーメッシュや溶接金網などと呼ばれる網状に組まれた鉄筋を敷設していきます。

なお、表面に雨水などが溜まってしまわないように2~3%程度の水勾配(傾斜)をつけることがほとんどです。

6コンクリート打設

ここまで完了したらいよいよコンクリートを流し込む作業に入ります。

土間コンクリートを施工する際の標準的なコンクリートの厚みは、砕石と同じく10cm程度になります。

7コンクリート表面均し

流し込んだコンクリートを、職人さんがコテで平らに均していく作業です。

この作業が仕上がりを大きく左右しますので、職人さんも神経を研ぎ澄ませて行います。

1回~2回均しただけではコテの跡が残ってしまったり、見た目がキレイでなかったりすることが多いのですが、見た目以上に重労働になるため、2回でやめてしまう施工業者も少なくないようです。

このコンクリート表面を均す作業を業界では「コテ押さえ」とも言います。

このコテ押さえが表面の出来栄えを左右する重要な作業となります。

せっかくの土間コンクリートに凹凸があったり雨水が溜まってしまったりするようでは残念ですよね。

均せば均すほど、というのは少し大げさですが、できれば4回5回、最低でも3回は均し(押さえ)てもらうようにお願いしておくことをおすすめします。

8仕上げ

凹凸なくツルツルに仕上げる方法を「金鏝(かなごて)仕上げ」ザラザラに仕上げる方法を「刷毛引き(はけびき)仕上げ」と言います。

9型枠外し~養生

生コンはアスファルトと違い、打設後も数日待たなければなりません。

一般的にはコンクリートを均して仕上げてから2日後くらいに型枠を外し、さらに駐車場として車が乗り入れられるようになるまで1週間程度養生したままにします。

土間コンクリートは一生物です

今回は土間コンクリートの基礎知識と、工事費用の相場、施工方法などについて解説してきました。

費用はアスファルト舗装に比べると若干高いものの、耐久性にすぐれるため補修の頻度が少なくて済み、雑草対策にもなり、夏場の温度上昇も抑えられるため駐車場として人気がある舗装でもあります。

ただ、仕上げが完了してからも数日間は使用できないなど、立派な駐車場として活用できるようになるまでには意外と時間がかかるということが分かります。

もし駐車場を土間コンクリート舗装したいと考えている方は、こうした時間も踏まえて近隣駐車場を確保しておくことをおすすめします。

新着の見積相談

  • 201806/2310:31東京からの新規の予約相談
  • 201806/2310:10千葉からの新規の予約相談
  • 201806/2221:21東京からの新規の予約相談
  • 201806/2208:21からの新規の予約相談
  • 201806/2118:01千葉からの新規の予約相談
  • 201806/2117:43からの新規の予約相談
  • 201806/2109:20東京からの新規の予約相談

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

どんな些細なこともお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内にご返信します

ABOUTこの記事をかいた人

市川雅樹

学校卒業後、㈱ハザマ(現 安藤ハザマ)にて5年間建設現場の施工管理業務を担当。その後、家業である市川工業㈱に入社。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務に携わる。 毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいる。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいる。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士