土地を売却した時の手数料っていくらくらい?

空き家になった実家を解体して、土地を売却しようとお考えですか?

土地を売却する際に不動産会社に依頼をすると、一般的に手数料を支払うことになります。

土地を売却した際の手数料は、不動産会社によって違いがあるのかどうか、土地を売ろうとする側からすると気になる点です。

売るのであれば、初期費用を抑えたいですもんね。

今回は、土地を売却した際に発生する仲介手数料について、わかりやすく解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

土地を売却したときにかかる手数料とは?

土地の売買は個人でも行うことができますが、一般的に土地を売る場合、不動産会社を通して売却を行います。

不動産会社に依頼して代わりに土地の販売を行ってもらう契約を「媒介契約(ばいかいけいやく)」と呼びます。

不動産会社が土地の売却を行うにあたり、成功報酬として不動産会社に支払う手数料があります。これがいわゆる「仲介手数料」と呼ばれるものです。

不動産会社に仲介を依頼することを「媒介(ばいかい)」ということから、仲介手数料のことを媒介手数料とも呼びます。

仲介手数料を支払うタイミング

では、仲介手数料はいつ支払うのでしょうか。

一般的に、不動産売買契約が成立後に50%を支払い、引き渡し完了後に残り50%を支払います。

仲介手数料は、前述の通り実際に不動産会社が土地の売却に成功したことに対する、成功報酬です。

そのため実際に土地の売買が成立し、売買価格も決定してから、手数料額が決まります。

また、仲介手数料を支払いするタイミングは、不動産会社によっては相談することも可能ですので、仲介手数料の支払いタイミングはあらかじめ確認することをおすすめします。

仲介手数料の支払い方法は?

仲介手数料は、一般的に現金払いであることが多いです。

振り込みや店舗持ち込み払い、クレジットカードなど、支払い方法は不動産会社によって様々です。

不動産会社によっては、支払い方法を相談できる場合がありますので、支払いに不安がある場合はあらかじめ相談をすることをおすすめします。

仲介手数料はいくらかかるの?

仲介手数料は、不動産会社によって異なり、自由に設定をすることは可能です。

しかし、金額を自由に設定できるものの、「宅地建物取引業法」という法律で「上限」が決められています。

仲介手数料の上限がどの様に設定されているのかを、以下にまとめましたのでご覧ください。

  •  売買価格が200万円以下の部分・・・報酬額が取引額の5%以内+消費税
  •  売買価格が200万円超400万円以下の部分・・・報酬額が取引額の4%以内+消費税
  •  売買価格が400万円超の部分・・・報酬額が取引額の3%以内+消費税

また、売買価格が400万円を超える場合、一般的に「速算式」というものを用いることが多いです。

  • 仲介手数料 = (売買価格 × 3% + 6万円) + 消費税

基本的に、不動産会社の設定する仲介手数料は、この計算の上限いっぱいに設定されていることが多いのです。

仲介手数料は掲示の義務がある

宅建業者は、仲介手数料を「報酬表」という形で掲示することが義務づけられています。

報酬表が掲示されていると、土地を売りたい側としても安心ですよね。

もし掲示がない場合は、仲介手数料が安かったとしても違法で業務をしている可能性がありますので、不動産屋を選ぶ指標にもなります。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

仲介手数料をサービスしてくれる不動産会社もある!

最近では、仲介手数料を無料にしてくれたり、半額サービスをしてくれるなどといった不動産会社も増えています。

キャンペーンやサービスをうまく利用して、仲介手数料を抑えることができれば、土地の売却に関わる費用の節約にもなります。

仲介手数料が安いというだけではダメ

しかし、ただ 「仲介手数料が安い」「仲介手数料が無料」という文句だけで、不動産会社を選ぶのは良くありません。

仲介手数料がキャンペーンが安いというだけでは、販促費用を充分にかけていなかったり、サービスの質が悪ければ、納得のいく土地の売却につながりません。

しっかりと不動産会社の営業担当者の話を聞いて、信頼できると確信した不動産会社に土地の売却を依頼するようにしましょう。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

仲介手数料以外に確認すべきポイント3つ

仲介手数料のことがあらかじめわかっていれば、土地を売却する際に信頼のおける不動産会社選びにも繋がりますよね。

実は、仲介手数料以外にも、土地を売却する際に確認が必要なポイントが3つあります。

1)仲介手数料以外の費用請求の有無を確認する

一般的に、仲介手数料には新たな買主を探すために使われる費用が含まれています。

そのため、仲介手数料に含まれないような何か特別な依頼を行わない限りは、請求されることが無いのが通常です。

そのため、不動産会社にしっかりと見積もりをお願いするようにし、どんな費用請求があるかをしっかり確認しましょう。

2)仲介手数料の返金の有無

仲介手数料は、契約の成立後でも返金される場合があります。

仲介手数料の有無や返金方法については、契約前にしっかりと不動産会社に確認しましょう。

3)土地の価格相場

売却したい土地の価格相場は、あらかじめ確認しましょう。

仲介手数料が安くても、実際の土地売却価格が安くては意味がありませんよね。

不動産会社に相談する前にある程度自分で土地の価格相場を調べておくことで、仲介手数料で得をしても、土地の販売価格で損しないようにできます。

不動産仲介手数料のまとめ

仲介手数料は、土地を売却するために必要な費用です。

不動産会社に売却を依頼するため、実際に売れた場合は不動産会社への報酬金額となりますので、仲介手数料が少ないとサービスの手薄等が起きる可能性があります。

仲介手数料だけにこだわることなく、土地の売却価格や不動産会社のサービスや信頼・安心感も含めて、土地の売却を行いましょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。

ABOUTこの記事をかいた人

35年で過去5,000棟の解体工事を手がけた解体専門店・市川工業の責任者であり、解体協会の理事も務めています。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務を中心に、毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいます。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいます。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士