神奈川県で優良な解体業者を探す方法!

「解体業者はどうやって探せば良いの?」

神奈川県で解体工事を検討している、またはすでに予定があるという人の中には、こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

解体工事は何度も経験するものではありません。

そのため、優良な解体業者の探し方や、探す際のポイント、解体工事に関する基礎知識などを持ち合わせていない人がほとんどです。

しかし、運悪く悪徳な解体業者に依頼してしまうと後から莫大な追加費用を請求されたり、思わぬトラブルに巻き込まれたりするかもしれません。

ここでは、神奈川県で優良な解体業者を探す方法や、解体業者を探す際の注意点、そしてぜひ知っておきたい解体工事に関する基礎知識を解説しています。

少し長いですが、これを読めば優良な解体業者の探し方や探す際のポイント、解体工事を依頼するときにしっておきたい基礎知識などを知ることができます。

神奈川県で解体工事の予定がある人や、将来的に解体工事を考えている人はぜひ、参考にしてください。

【こちらの関連記事もご覧ください】

お知らせ

解体の達人では、全国から解体・外構工事の施工パートナーを募集しています。私たちと一緒に、日本随一の優良工事グループを一緒に築きませんか?

詳しくはこちらの募集要領ページをご覧ください

神奈川県で優良な解体業者を選ぶ方法とは?

誰もが「優良な解体業者に依頼したい」と思うものです。

しかし、何をもって「優良」とするのか、その判断基準がないと、「知名度が高いから」「ホームページが豪華だから」「検索でトップに出てきたから」といった理由で安易に選んでしまいかねません。

もちろん「知名度が高い」「ホームページがしっかりしている」「検索で上位に表示される」といったことも判断基準の重要なポイントになります。

しかし、それだけでは優良かどうかを見抜くことができません。

それ以前にぜひチェックしておきたいポイントがあります。まずはそこを見ていきましょう。

優良な解体業者の最低条件は「解体工事業登録」「建設業許可」

近所の人や親戚といった身近な人の中に解体工事をしたことがあり、業者のことを直接知っているという場合、その業者がどうだったか聞くことができます。

ですが、解体業者とのつながりがない場合、ゼロから探し始めることになります。

そこでまず押さえておきたいのが、「解体工事業登録」「建設業許可」というキーワードです。

解体工事業登録

500万円未満の解体工事を請け負う場合は、解体工事を施工する区域を管轄している都道府県知事に、解体工事業登録をする必要があります。

メインとなる営業所が神奈川県内にあって、かつ神奈川県内で解体工事を施工する場合は、神奈川県知事に登録を申請します。

神奈川県に登録している解体業者が、東京都や千葉県といった神奈川県の管轄外で解体工事を施工する場合、ぞれぞれの都道府県で登録が必要になります。

建設業許可

請負金額が500万円以上(※)となる解体工事の場合、解体工事業登録では施工できません。

その場合は、解体工事業にかかる建設業許可が必要になります。

以前は「土木工事業」「建築工事業」「とび・土工工事業」などの許可で解体工事を請け負うことができましたが、現在では「解体工事業」が創設され、解体工事を請け負うには「解体工事業」の許可が必要になっています。

ただし、平成28年6月1日以前に「とび・土工工事業」の許可を受けている業者であれば、平成31年5月31日までは「解体工事業」許可がなくても解体工事を請け負うことができます(「とび・土工工事業」の許可を有している限り)。

なお、営業所がひとつの都道府県にのみ設置される場合は、管轄の都道府県知事の許可が必要となり、複数の都道府県にまたがるって設置する場合は、国土交通大臣の許可が必要になります。

また、建設業許可を受けた場合、解体工事業登録は必要なくなりますので、取り消すことになります。

(※)建築一式工事に該当する解体工事を含む建設工事の場合は請負金額1,500万円以上となります。

解体工事業登録や建設業許可を受けているかどうかを調べる方法

解体工事業を営むにあたっては、解体工事業登録または建設業許可のいずれかが必要になるということでした。

では、それらをどこで確認すれば良いのでしょうか?解体業者の多くは、自社のホームページに登録または許可を得ている旨を掲載しています。

解体工事業登録 神奈川県知事(登●)第●●号
建設業許可 神奈川県知事許可(般-●●)第●●号

例ですが、このように掲載されています。ただし、掲載は義務ではないため、ホームページを見ただけでは分からない解体業者も中にはいます。

神奈川県に解体工事業登録されている業者かどうかは、神奈川県のホームページ「解体工事業者登録簿の一覧」から、建設業許可を受けている業者かどうかは、同じく「建設業許可」から、一覧表を確認することができます。

そのほか、建設業許可を受けている業者かどうかは国土交通省の「建設業者検索システム」を利用して探すこともできます。

絞り込むのが大変なときは…

上記の一覧表には膨大な数の解体業者が登録されています。そのため、「一覧表から探す」という方法はおすすめできません。

ある程度絞り込み、解体工事業登録や建設業許可を受けているかを確認する、という方法がスムーズです。

絞り込むのが大変なときは「一般社団法人 神奈川県建物解体業協会」の会員になっている解体業者から選ぶのもひとつの方法です。

神奈川県における解体工事業界の健全な発展を図るべく、解体工事業を営む企業などで構成された団体です。

こうした団体の会員になっている解体業者の中から絞り込んでいくのも良いでしょう。

スポンサーリンク

優良な解体業者を選ぶポイント

解体工事業登録または建設業許可を済ませている業者である程度業者を探すことができたら、次は以下のポイントに着目してみましょう。

実績はどうか

ある程度業者を探すことができたら、次に重視したいポイントのひとつが「実績」です。

この場合の実績とは経営実績です。経営年数が長いということは、それだけ信頼を得ていると言えます。

施工事例は豊富か

ホームページに施工事例が掲載されている解体業者がおすすめです。

どんな建物を何日間で解体したのか、解体費用はおおよそいくらくらいかかったのか、といった情報を写真付きで掲載しているとより安心です。

施工事例が多ければそれだけ経験も豊富ということになりますし、中には自分が解体工事を依頼しようと思っている建物と似たようなケースがあって、期間や費用の参考になるかもしれません。

もちろん、掲載されている施工事例だけがその解体業者のすべての実績というわけではありませんが、施工事例の多さはやはり信頼性の高さにもつながっていくのではないでしょうか。

また、たとえ自分が解体工事に詳しくなくても、経験豊富な解体業者に依頼することで的確なアドバイスがもらえたり、解体工事を効率的に進めてもらえたりできるといったメリットも考えられます。

担当者の対応はどうか

解体工事に関するトラブルの中でも特に多いのが、騒音、振動、粉塵、破損、汚損といったことが原因や、工事車両あるいは作業員が道路をふさいだり周囲を汚したりといったことが原因の近隣住民とのトラブルです。

万が一トラブルが発生した際、迅速かつ誠実に対応することで双方の被害を最小限に留めることが大切になってきます。

そのためには、担当者の見た目や話し方の印象、解体工事着工前の挨拶や説明も大切になってきます。

問い合わせの際や現地調査の際の担当者の対応はどうかも、気にしておきたいポイントです。

また、不明点や疑問点に対しても詳しく説明してくれるかどうか、といった点も確認しておきましょう。

最終決定は見積りや現地調査のあとで

ここまでまとめると、神奈川県で優良な解体業者を探すポイントは

  • 解体工事業登録または建設業許可を得ているかどうか
  • 実績や施工事例が豊富かどうか
  • 担当者の対応は丁寧かどうか

ということになります。

ここまでクリアして、解体業者に対して不安な点や疑問な点がなければ、いよいよ最終的に絞り込んでいきます。

相見積をとる

見積もりは2社程度からとることをおすすめします。

1社で本当に信頼できると思える解体業者が見つかればそれでも構いませんが、その見積もり金額が適切かどうかを比較する基準がありません。

そのため、できれば2社程度から見積もりをとり、項目や金額など細かい部分を比較しましょう。

詳しくは後述しますが、他社の見積もり金額を聞いてきたり、聞いた上で大幅な値下げをしてきたりする解体業者は、慎重に判断した方が良いでしょう。

納得できる工事金額であり、かつ工事内容も希望するものである、さらに担当者の対応や意思疎通も問題ないという場合は、正式に契約を結ぶことを検討しましょう。

解体工事は安ければ良いというものではない

壊してしまうものに対してできるだけお金はかけたくないと思うかもしれません。

しかし、金額が安いという理由だけで解体業者を選んでしまうと、後になって追加費用を請求されたり、大きなトラブルに巻き込まれたりするかもしれません。

後半で詳しく触れますが、特に解体工事で発生した産業廃棄物の不法投棄は、それを行った業者はもちろん、解体工事を依頼した「施主」も罰則の対象となるおそれがあります。

「解体工事は安く済ませたい」と思うこと自体は間違いではありませんが、「きちんとした解体工事をしてもらうにはある程度の費用が必要」であることも併せて知っておきましょう。

解体工事を依頼するならぜひ知っておきたい基礎知識

解体工事に関する情報はなかなか得にくく、またどの情報が正しいのか正確に判断するのが難しい部分もあります。

そのため、解体工事の経験がない人は特に、分かりにくいと感じているようです。

解体工事に関して不明な点や疑問な点は解体業者に相談すれば教えてくれますが、聞かなければ「知っているもの」と思われてしまうかもしれませんし、自分が知りたいことを100%伝えてくれるとは限りません。

解体工事を依頼する施主としても、ある程度の基礎知識を蓄えておくことが大切です。

ここでは、施主として最低限、知っておきたい基礎知識を解説します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 横浜市で始動した空き家の新対策。果たしてその内容とは?
  2. あれからどうなった? 横浜市のマンション傾き問題。
  3. 解体ローンとは?解体工事費用の銀行ローンをご紹介

施主として最低限知っておきたいこと

  • 解体工事前後には各種届出が必要

解体工事着工前後には、さまざまな届出や許可が必要になります。

その中でも施主に届出の義務があるのが「建設リサイクル法」に基づく届出です。

延べ床面積80平米以上

となる建築物を解体する場合、着工日の7日前までに神奈川県知事に届け出なければなりません。

詳しくは国土交通省「建設リサイクル法第10条の届出について」(pdfファイルが開きます)に掲載されています。

初めて知ったという人も多いかもしれませんが、基本的には解体業者が有料で代行してくれます。

ただし、原則として届出の義務は施主にあります。

解体業者が必ず代行してくれると決まっているものではありません。

うっかり届出を怠ると解体工事ができませんので、ぜひ覚えておきましょう。

なお、解体業者が代行してくれる場合でも、施主の委任状が必要になります。

正式に解体工事を依頼する際に、代行してもらえるかどうかも確認しておくとより安心です。

併せて確認しておきたいのが、電気、ガス、水道、インターネット、電話といったライフラインです。

電気やガス、インターネット、電話については施主が工事の着工日を伝え、それに合わせて停止してもらいましょう。

水道については解体業者に確認しておきます。解体工事中に発生する粉塵の飛散を防ぐために散水したり、周辺道路を汚してしまった場合に清掃したりといったことで使用するかもしれないためです。

そして、解体工事が終わった後も施主には大切な届出が残っています。

「建物滅失登記」と呼ばれる届出です。

解体工事が完了してから1ヶ月以内に、法務局に届ける義務があります。

これは、その土地の上から建築物が存在しなくなったことを証明するために必要な届出で、忘れてしまうと最大10万円以下の過料に科せられることがありますので、注意しましょう。

なお、忙しい方や面倒な手続きが苦手な方は、土地家屋調査士に依頼することもできます。

その場合、4万円程度の代行費用が必要になりますので、併せて覚えておきましょう。

  • 解体工事費用はケースバイケース(条件によって大きく異なる)

解体業者の施工事例のなかに、延べ床面積、構造などが、自分が解体を依頼する建物と同じようなケースが掲載されていることがあります。

「このケースで100万円程度か」といったように金額をある程度参考にするかもしれませんが、同じような建物であっても条件によって解体工事費用に大きな差が生じることがあります。

具体的には…

「浄化槽など地中埋設物があり、その解体・撤去作業も付帯する」
「道路が狭く重機が入れるスペースがないため、手壊しによる解体が中心になる」
「倉庫やカーポート、物置、納屋、ブロック塀、樹木や庭石の撤去などが付帯する」

といったケースです。

一例ですが、たとえ同じような建物の解体でも、このように条件や現場の環境によって費用に大きな差が出ることがあります。

参考にしていた施工事例よりも大幅に金額が高いと「ぼったくられている」と勘違いしてしまうかもしれませんが、不要なトラブルを避けるためにも、こうしたケースでは高くなることがあると覚えておきましょう。

神奈川県の解体関連の補助金や助成金を活用しよう

神奈川県の各自治体は、解体工事に関連する補助金・助成金制度を設けています。

補助金や助成金の交付を受けることができれば、解体工事費用を抑えるという点非常に心強いことでしょう。

しかし、補助金や助成金の交付を受けるための要件や上限金額、対象となる工事の範囲といった条件は自治体によって異なります。

また、そもそも補助金制度や助成金制度を行っていない自治体もあります。

「補助金や助成金をアテにしていたらもらえなかった」

ということのないよう、事前によく確認しておく必要があります。

なお、こうした制度を行っている自治体のほとんどは

解体工事着工前に交付が決定していること

が条件になっています。

すでに解体工事が始まっている場合は申請できないケースがほとんどですので、その点も併せて注意しましょう。

神奈川県の自治体が行っている解体工事に関連する補助金や助成金制度について詳しくは、こちらの記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「神奈川県内の解体費用相場と各市の補助金制度をご紹介」

その他に知っておきたいこと

固定資産税

土地の上に住宅が存在する場合、固定資産税は最大6分の1に、都市計画税は最大3分の1に軽減されます。

しかし、解体工事によってその土地の上に建物が存在しなくなると、この優遇措置は受けられなくなります。

多くの場合、法務局から自治体に通知が届きますので、建物や土地の所有者が自ら何らかの手続きや申請をする必要はありませんが、念のため役所に確認しておくと安心です(1月1日時点の所有で納税が決定します)。

空き家の放置はNG

固定資産税や都市計画税が跳ね上がる(正確には、優遇措置を受ける前に戻る)わけですから、もし解体する予定の建物が空き家だった場合、

「解体せずに放置しておいた方が、固定資産税や都市計画税の優遇措置を受け続けられるのでは?」

と思うかもしれません。

事実、日本にはそうした理由から放置されている空き家が少なくありません。

長らく増加し続けている空き家問題は、今や社会問題にまで発展しています。

そんな中、平成27年5月26日から完全施行された「空き家等対策特別措置法」によって、空き家はもう放置できない時代になっています。

同法では、自治体が

  • 著しく保安上の危険となるおそれがある空き家
  • 著しく衛生上の有害となるおそれがある空き家

と認めた場合、その空き家を特定空き家に指定し、最終的には強制処分することができるという規定が設けられているのです。

特定空き家に指定されると、自治体から改善に向けた助言や指導が行われます。

猶予期間内に改善が見られない場合、勧告へと移り、この時点で固定資産税や都市計画税の優遇措置対象から除外されてしまいます。

「建物は残ったまま、固定資産税や都市計画税は跳ね上がる」ということです。

さらに勧告を受けても改善しなければ命令が下され、最大50万円の過料に科されることがあります。

命令にも従わなければ行政代執行によって強制的に解体されることになります。

もちろん、その費用はすべて所有者に請求がいきます。

余談になりましたが、こうしたことからも、解体予定の建物が空き家の場合放置することはせず、補助金や助成金制度を活用して解体してしまうことをおすすめします。

神奈川県で解体工事を探す際に注意したいポイントは?

最後に、神奈川県で解体工事を探す際に注意したいポイントをまとめましたので、参考にしてください。

無登録・無許可業者への依頼は絶対にやめましょう

たとえどんなに安く、丁寧に施工してくれそうだと感じても、神奈川県に解体工事業登録していない業者、あるいは神奈川県知事または国土交通大臣の建設業許可を受けていない業者に依頼することだけは避けましょう。

見積もりが曖昧、または極端な値下げをしてくる業者は慎重に

「解体工事100万円」といったように見積もりがざっくりしていて、どの工事にいくらかかるのかが曖昧な業者は、契約するかどうか慎重に判断しましょう。

後になってさまざまな理由をつけて追加費用を請求されるかもしれません。

見積書は

  • どんな工事が含まれるのか
  • それぞれの工程にどの程度の費用がかかるのか

といったことが明確であることが望ましいです。

また、希望する工事(付帯工事等)もきちんと含まれているかも併せて確認しておきましょう。

また、他社の見積もり金額を見た上で、相応の理由もなく大幅な値下げを提案してくる業者も注意が必要です。

安くした分、利益を確保するためにどこかで「浮かせる」必要があります。

その際に行われやすいのが「産業廃棄物の不法投棄」といった不適正処理です。

不法投棄は大きな社会問題にもなっており、1,000万円以下の罰金または5年以下の懲役、あるいはその両方といったように厳しい罰則が科されます。

未遂に終わった場合でも罰則の対象となる恐れがあります。

同じく気をつけたいのが「地中に埋めてしまう」行為です。

産業廃棄物の処分費用を浮かせるため、解体した土地の地中にゴミを埋めてしまうのです。

解体後の土地を売却し、買い手が家を建てる際にそうしたゴミが発見されれば、売り手が撤去費用を負担することになったり、売買契約を解除されたりする恐れがあります。

最初の項目でお伝えした「優良業者を選ぶポイント」と併せて、悪徳業者を選ばないためにも、こうした点を押さえておきましょう。

便利な一括見積もりサイトだがデメリットもある

いくつかの簡単な情報を入力するだけで、複数の解体業者に一括で見積もりが依頼できるサイトがあります。

解体業者の選び方が分からない人や、忙しくてじっくり探す時間がない人にとっては大変便利なサービスです。

利用を考えたことがある人も多いかもしれません。

しかし、こうしたマッチングサービスを介して解体工事を依頼した場合、利用者は無料ですがサイト側は売り上げを確保しなければなりません。

基本的には受注が決定した解体業者がサイト側に支払うものですが、その分を解体費用に上乗せすることが考えられます。

しかも、その分がどこに上乗せされているのかは素人では見分けることができません。

最終的に、解体業者が支払う分の中間マージンを施主が負担することになります。

これは、工務店やハウスメーカーを介した場合も同様です。

仲介を挟むということはそこにある程度の中間マージンが発生しているということを覚えておきましょう。

仲介を挟んでも、挟まなくても、実際に解体工事を施工するのは解体業者です。

解体工事費用を少しでも安く抑えるためには、解体業者に直接、依頼することをおすすめします。

神奈川県は良い解体業者が多い

今回は神奈川県で優良な解体業者を上手に探す方法をご紹介してきました。

「上手に」であって「簡単に」ではありませんので、面倒に感じた人もいるかもしれません。

しかし、こうしたポイントを押さえておくことは後悔しない解体業者選びのためにも、非常に重要になってきます。

解体業者探しは思った以上に時間がかかります。

また、分からないことだらけで、途中で妥協しそうになってしまうかもしれません。

しかし、解体工事は一生に一度あるかないかの大切な工事だからこそ、信頼できる解体業者に依頼し、納得のいく解体工事にすることが大切です。

解体することが決まったらできるだけ早い段階で解体業者を探しはじめ、活用できる補助金や助成金がないかを確認しましょう。

期間に余裕があれば、それだけじっくり探すことができますし、さまざまな情報を得ることができます。

今回紹介してきた「優良業者を選ぶ方法」「解体の基礎知識」「解体業者を探す際の注意点」を踏まえ、ぜひ信頼できる解体業者を選びましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 201810/1712:16京都からの新規の予約相談
  • 201810/1711:04愛知からの新規の予約相談
  • 201810/1612:11千葉からの新規の予約相談
  • 201810/1601:03神奈川からの新規の予約相談
  • 201810/1518:22兵庫からの新規の予約相談
  • 201810/1515:41埼玉からの新規の予約相談
  • 201810/1514:25神奈川からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します