新潟市での家の解体工事費用を解説 【地域ネタ】

新潟市で家の解体費用をご紹介

新潟市では解体工事の依頼が増えています。

今回は新潟市での家の解体工事費用の相場や依頼するのに適した時期、解体業者を選ぶ際のポイントなどをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

新潟で家の解体費用を少しでも安くしたいなら

【こちらの関連記事もご覧ください】

お知らせ

解体の達人では、全国から解体工事の施工パートナーを募集しています。建築会社・工務店・リフォーム業を営まれている企業様へ。私たちと一緒に、日本随一の解体業者グループを一緒に築きませんか?

詳しくはこちらの募集要領ページをご覧ください

新潟県新潟市の解体費用相場

まずは新潟市で解体工事をする場合の、建物の種類別解体工事費用相場を見てみましょう。

建物の種類別・解体工事費用相場

  • 木造:25,000円~35,000円/坪
  • 鉄骨造:35,000円~55,000円/坪
  • 鉄筋コンクリート造:45,000円~65,000円/坪
  • 土蔵:32,000円~38,000円/坪
  • 木造倉庫:15,000円~23,000円/坪

この辺りが新潟市における解体工事費用の一般的な相場とされています。

しかしながら、解体工事費用というものはたとえ同じ木造住宅であっても

  • 坪数、床面積
  • 建材の材質等
  • 隣接する建物との距離
  • 現場周辺の道路状況
  • 廃棄物の運搬処分
  • 不用品の処分
  • 浄化槽の撤去の有無
  • 地中の旧基礎やゴミの撤去の有無
  • その他付帯工事の有無(カーポート、庭木、庭石、物置の撤去等)

などさまざまな条件によって大きく変わってきます。

たとえば現場周辺の道路が狭く重機が入れない、あるいは重機が入れても隣接する建物との距離が近く手壊しがメインになる、といった場合はその分費用が高くなります。

そのため、上記でご紹介した解体費用の相場はあくまで目安としていただくことが望ましく、正確な解体費用を知りたい場合は解体業者に現地調査を行ってもらったのち、見積もりを出してもらうことになります。

壊してしまうものですから、できるだけお金をかけたくないと思うのは依頼する側としては自然のことですが、一つ注意したい点があります。

【相場より極端に安すぎる業者】

には特に注意しましょう。

相場より高すぎるのも問題ですが、それは依頼する側が断れば良いだけですのであまり問題ではなく、逆に安すぎる方が、リスクが大きくなります。

解体費用が相場と比べて極端に安いということは、利益を上げるためにどこかで経費削減をしなければなりません。

こうした業者は不法投棄によって、あるいは本来廃棄しなければならないはずのゴミを地中に埋めることによって経費を浮かせる可能性が高くなるのです。

不法投棄は業者だけでなく工事を依頼した施主も同様に罰せられる可能性があるほか、もし土地を売った後に地中にゴミが埋まっていることが発覚すれば、売主は瑕疵担保責任を負わなければならない可能性が非常に高くなります。

もちろん優良な解体業者が多い新潟市ですから、それほど多い事案ではありませんが、安いに越したことはなくても安すぎる場合は慎重に判断することが大切です。

新潟市での解体工事状況

新潟市における解体工事のリアルタイムな統計等は見かけませんが、次のようなことから解体工事状況を推測してみようと思います。

新潟市の人口の推移(カッコ内は新潟県全体の人数)

  • 平成20年10月時点:812,034人(2,395,139人)
  • 平成25年10月時点:810,117人(2,330,797人)
  • 平成29年10月時点:804,152人(2,265,391人)

新潟市ホームページ推計人口および新潟県ホームページ新潟県人口移動調査より

新潟市の空き家数の推移

  • 平成20年度:41,960戸
  • 平成25年度:44,020戸

総務省統計局住宅・土地統計調査(5年ごとに実施)より

いかがでしょうか。

人口は減少しており、空き家は増加していることが分かります。

住宅・土地統計調査については次回が平成30年度のため最新の空き家状況は分かりませんが、単純に考えても、平成25年から平成29年にかけて人口が減少していますので、空き家の数は増えているものと思われます。

これらが即座に解体工事につながるとは限りませんが、平成27年5月26日より空き家等対策の推進に関する特別措置法(空き家等対策特別措置法/空き家法)が完全施行されていますので、その影響も今後でてくるものと思われます。

同法によって新潟市が「特定空き家」と認めた場合、その空き家の所有者は解体を含めなんらかの措置を講じなければならなくなったのです。

*特定空き家とは
自治体が「著しく保安上危険となるおそれのある空き家」「著しく衛生上有害となるおそれがある空き家」と認めた空き家を特定空き家と言います。

所有者に対し改善への助言と指導を行い、改善されない場合は勧告、ついで命令となり、最終的には解体(撤去)を含めた強制対処となります。

こうした社会的背景を鑑みると、新潟市では今後、急激にではないにせよ解体工事は増加していくものと考えられます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 新潟市で解体業者を上手に選ぶ方法【地域ネタ】
  2. 空き家解体補助金制度をご紹介【新潟県上越市の場合】
  3. 新潟県の解体工事業界の裏事情、こっそり教えます。

関連記事の一覧はこちらから

関連記事

これで全部!失敗しないお家の解体工事をする方法を解説

【保存版】20万円安くなるのは当たり前?解体の料金相場と安く依頼する方法

新潟市で解体を依頼するにはいつ頃が狙い目?

一般的に解体工事に限らず建設業界においては4月~6月あたりが「閑散期」、11月~翌年3月あたりが「繁忙期」と言われています。

およそ全国的にみてもそのような流れにはなっていますが、新潟市の場合、冬場は雪の問題が生じます。

そのため「雪が降る前に解体工事を終わらせてほしい」という要望も多く、年末にかけて繁忙期となりますが雪が降り始める頃には閑散期に入ってしまうことも少なくありません。

雪の季節の解体工事に、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

おそらく

  • 雪のせいで工期が延びて費用が膨れ上がってしまう
  • 厳しい環境での作業になるので費用が割高になっている
  • 雪かきなどの付帯作業が増えるのでその分費用が高くなる

といった印象をお持ちなのではないでしょうか。

確かに雪によって工期が延びてしまうこともありますし、雪かきなどイレギュラーな作業が増えることもあります。

ですが、いわゆる閑散期では、そもそも解体工事費用自体を繁忙期よりも割安に設定している業者も少なくありません。

工事の内容や条件、工期中の降雪状況などによっても変わりますので一概に言うことはできませんが、もしかすると繁忙期に依頼してしまうよりトータルで見たときに費用を抑えられる可能性もあるのです。

これらを踏まえると、新潟市で解体工事を依頼するタイミングとしては、建設業界における閑散期および、雪の時期と言えるかもしれません。

新潟市で家の解体業者をお探しなら

新潟市で解体する場合の業者選びのポイント

冒頭の項目でもお伝えしましたが、相場より極端に安すぎる業者は依頼するかどうか慎重に判断することが大切です。

そのほかにも、新潟市で解体業者を選ぶ際には次のポイントを押さえておきましょう。

解体見積もり

業者が提示してきた見積もり金額が適正かどうかを判断するには相見積もりを取ることが最も分かりやすい方法です。

ただ、そうかと言って4社も5社も取ってしまうと逆に判断材料が多くなり過ぎて迷ってしまうことや、現地調査の日程調整、あるいは断りの連絡などさまざまな負担が増えてしまいますので、2社程度にとどめておくことをおすすめします。

見積もり金額もそうですが、内容がどれだけ細かく書かれているかという点も注視したいポイントです。

また、地中埋設物(浄化槽、旧基礎、ゴミ等)は解体作業中に発覚するものですので、現地調査では分かりません。その場合勝手に撤去せず「施主に確認を取ってから撤去するかどうかの指示を仰ぐ」などの取り決めもきちんとしておくことが大切です。

マニフェスト

マニフェストとは産業廃棄物管理票のことです。解体工事によって発生した産業廃棄物の排出事業者(解体業者)が、その運搬および処分を他の業者に委託する場合に、どの業者が、いつ、どこに運搬して処分したかという一連の流れを記録しておくものです。

不法投棄を防ぐためにも、マニフェストは発行してもらえるのか、写しをもらえるかなど確認しておきましょう。

なお、解体工事費用を少しでも安くしたい場合は、産業廃棄物を自社で処分できるシステムを有している解体業者を選ぶのも良いでしょう。

スタッフ

スタッフの対応も解体工事の品質に大きく影響してくる部分です。

たとえば着工前には近隣に挨拶を兼ねた工事の説明などに伺うことが基本ですが、そうした説明をしっかり行ってくれるか、好印象で接してくれるかといった点も重要です。

また、解体工事における施主の不安な点や要望、予算などに関して親身に相談に乗ってくれるかという点も、トラブルなく解体工事を完了させるためにはチェックしておきたいポイントです。

解体実績

実績は非常に重要なポイントです。

施工事例などがホームページで確認できる場合はどのような建物の解体事例があるのか見ておくことをおすすめします。

自分が解体しようと思っている建物に近いものがあればある程度参考になりますし、さまざまな種類の建物を解体している業者であれば経験も豊富ですので安心感があります。

また、法令違反があったりずさんな工事を繰り返したりしている業者は長年経営することが難しいため、施工事例だけでなく地域密着で長年経営しているという経営実績も選ぶ際の大きなポイントとなります。

このようなポイントを押さえておくと良いでしょう。

なお、解体業者の探し方や依頼の仕方ですが、できれば解体業者に直接依頼することが望ましいとされています。

一括見積もりサイトや、ハウスメーカーなどに依頼する場合

自分で探したり交渉したりする負担をカットできますので便利ではありますが、最終的に解体工事を行うのはどこか?

と考えると次のようなデメリットが考えられます。

中間マージンが発生している

施主→仲介業者→解体業者という流れになりますので、施主→解体業者と比較した時に少なからず中間マージンが発生しているはずです。

多い場合には数十万円単位となるケースもありますが、その費用は解体費用に含まれているため施主は見分けがつきません。

要望が伝わらない可能性がある

施主が仲介業者に伝えた要望(庭木は残して欲しい、庭石を撤去してほしい、整地後に真砂土を撒いてほしい等)が正確に伝わらず、結果としてトラブルの元になったり追加費用が発生したりといった可能性があります。

新潟は優良解体業者が多い

新潟市における解体工事費用の相場や依頼するのに適した時期、業者選びの際のポイントなどを解説してきました。

これから新潟市では解体工事が増えてくるものと予想されます。

繁忙期に入ると解体工事費用も割高になってしまう傾向がありますので、家の解体の予定がある方は、まずは早めに時期や予算などについて解体業者に相談してみることをおすすめします。

「新潟市で家屋の解体工事なら」

【こちらの関連記事もご覧ください】

新着の見積相談

  • 201806/2310:31東京からの新規の予約相談
  • 201806/2310:10千葉からの新規の予約相談
  • 201806/2221:21東京からの新規の予約相談
  • 201806/2208:21からの新規の予約相談
  • 201806/2118:01千葉からの新規の予約相談
  • 201806/2117:43からの新規の予約相談
  • 201806/2109:20東京からの新規の予約相談

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

どんな些細なこともお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内にご返信します

ABOUTこの記事をかいた人

市川雅樹

学校卒業後、㈱ハザマ(現 安藤ハザマ)にて5年間建設現場の施工管理業務を担当。その後、家業である市川工業㈱に入社。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務に携わる。 毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいる。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいる。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士