家の売買前に知っておきたいコト!一括見積がおすすめ

家を売りたいと考えても、実際どの不動産会社に依頼すべきが悩むでしょう。そんな時には不動産一括見積査定サイトを利用するのがおすすめです。

不動産一括見積査定サイトなら、複数の不動産会社から一度に見積もりを取ることができます。
所有している家がどれくらいの価格で売れそうなのか目安になりますし、比較した中で最も自身の希望に近い不動産会社へ売却依頼することもできます。

自分で複数の不動産会社へ相談に行くのは非常に手間と時間がかかるので、自宅にいながら一括見積できるのはとても便利でしょう。

ただし数多くの不動産一括見積サイトがあるので、どのようにサイトを選ぶべきか把握しておくことが大切です。

当ページでは不動産一括見積サイトのメリットやデメリット、選び方にわたるまで徹底的に解説しますので是非お役立てください。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

家を売却する際には一括見積をとろう

家を売りたいと思ったら、まず不動産の一括見積サービスを利用すると便利です。誰でも無料で利用できるので、まず見積もりだけ取りたいという場合でも安心ですね。

また、見積もりを取ったら絶対にいずれかの不動産会社に依頼しなければならないという
ことはありませんので、結果に納得いかなかった場合でも再度検討すれば良いです。

不動産の一括見積サービスは家を売りたい人にはとてもメリットが大きいですが、多少なりともデメリットもあるのでしっかり把握しておきましょう。

不動産の一括見積サービスとは

そもそも不動産の一括見積サイトとはどういったものなのかと言うと、家を売りたい人と不動産会社とのマッチングサービスと考えると分かりやすいでしょう。

一括見積サイトは数多くの不動産会社と提携していて、家を売りたい人へ提携先である不動産会社の見積もりを掲示する仕組みです。

なお、不動産一括査定サイトは提携の不動産会社から手数料を受け取っているため、不動産の所有者は無料で利用できるのです。

家を売ることを決めた人はもちろんですが、まだ売るか悩んでいるという人でも利用でき、売却価格の相場を知る良い機会になるでしょう。

不動産の一括見積サービスを利用する手順

不動産一括査定サイトは、24時間いつでもインターネットから利用することができます。

見積もり査定の際には、物件の所在地や築年数、土地面積、建物面積などの入力のほか、利用者の氏名や電話番号などの入力も必須となります。

そして見積もりをお願いしたい不動産会社を選択し結果を待つのみです。なお、一括見積もりサイトでは、机上査定と訪問査定という2通りの査定方法があります。

机上査定はサイト上で入力した立地や築年数、土地の広さなどを基に、市場データと照合して算出される簡易的な査定です。

一方、訪問査定は実際に不動産会社が物件を訪問し、より細かく確認したうえで査定を行う方法です。

机上査定よりは訪問査定の方が正確性の高い査定額が分かりますが、とにかく大まかな見積もりだけ取りたいなら机上査定を利用すると良いですね。

スポンサーリンク

不動産の一括見積をするメリット

不動産の一括見積は家を売りたい人にとっては非常にメリットが大きいサービスです。
不動産の一括見積をするメリットを以下にまとめました。

さまざまな業者で見積もりを取る手間が省ける

家を売りたいと考えても、さまざまな不動産会社を訪問したり、見積もりを依頼するのはとても手間がかかります。

不動産会社によっては希望する日になかなか相談の予約が取れない場合もあり、せっかくの休日も不動産会社めぐりでまるっと1日潰れてしまうことも珍しくありません。

仮にネット上で査定できる不動産会社であっても、何社ものサイトに物件の情報や個人情報を入力していくのは非常に面倒です。

しかし、一括見積サイトならわざわざ不動産会社に出向く必要はなく、自宅にいながらネット上で1回だけ必要事項を入力するだけで済みます。自宅で手の空いた時間に査定ができれば、貴重な休日を有効活用できるでしょう。

業者ごとの見積もり額を比較できる

家を売却する際の査定価格は不動産会社によって大きく異なります。実際に、不動産会社によって数百万円もの差が生じたというケースもあるのです。

なぜなら、不動産会社ごとに経験の豊富さや得意分野は異なりますし、市場のリサーチ力も違うからです。

そのため、不動産会社を1社に絞って見積もりを依頼しそのまま売却してしまうと、市場価格よりずっと安かったと後悔する可能性もあります。

一括見積サイトなら複数の業者の暫定的な査定額が分かるので、比較すればなるべく高く売ってくれそうな不動産会社を判断しやすいでしょう。

自分に合う不動産業者が見つかる

不動産会社によって、物件の売り出し方法や経験値は異なるので、なかには自分の希望とは合わないと感じる会社もあるでしょう。どことなく信頼しきれない会社に大切な不動産の売却をお願いするのも不安を感じますね。

しかし、一括見積サイトを利用すればさまざまな不動産会社とやり取りができますから、きっと担当者の対応の仕方やスピード感などから、ここの会社なら任せても良いと思える業者が見つかるはずです。

家を売るなんて一生に何度もあることではないですから、売却後に後悔しないよう信頼できる相手に納得したうえで任せるべきです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

不動産の一括見積をするデメリット

不動産の一括見積はメリットが大きいと前述しましたが、以下で紹介する2つのデメリットがあることも把握しておいてください。

複数の業者から電話やメールがくるようになる

一括見積を取った後には、さまざまな不動産会社から電話やメールなどの連絡がきます。不動産会社も自社で不動産を販売できれば仲介手数料等の利益が確保できることから、とにかく必死なので連絡がくるのは仕方ありません。

しかし、メールならまだしも、電話であまりにもしつこい連絡がくると嫌気がさしてしまうでしょう。

もし、電話での連絡をしてほしくないなら、査定時に設けられている備考欄などに電話連絡不要と記載しておきましょう。

それでも電話をしてくる不動産会社もあるようですが、記載しないよりは件数が少なく済むはずです。

提携していない不動産業者もある

不動産一括査定サイトでは、提携している不動産会社の見積もりしか取ることができません。

名の知れた大手不動産会社はほとんどが提携していますが、地元密着型の不動産会社などは提携していないケースも多いでしょう。

できるだけ提携先の不動産会社が多い一括査定サイトを選ぶのがベストですが、もし売りたい家が地方や山間部にあるならそのエリアの不動産会社を調べて連絡してみる方が良い可能性もあります。

スポンサーリンク

不動産の一括見積サイトの選び方

数多くある不動産一括査定サイトの中から、どういうサイトを選ぶべきなのか重要なポイントをまとめました。

・不動産会社の提携数が多いこと
・大手から中小まで幅広い不動産会社と提携していること
・実績が豊富で利用者の口コミが良いこと
・同時に比較見積もりができる件数が多いこと

不動産会社の提携数が多ければそれだけ比較先も増えることになりますから、できるだけ大手から中小までさまざまな不動産会社と提携しているサイトを選びましょう。

また、インターネット上などで利用者の口コミが良いかも確認すると安心です。

サイトによっては一度に10社もの不動産会社を比較見積もりできることもあるので、とにかく色々な査定結果を知りたいなら同時比較可能な件数が多いサイトを選びましょう。

ただし、同時比較件数が多いと連絡がくる不動産会社の数も必然的に増えるので注意してください。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。