面白い不動産物件を探したい?インターネット検索がおすすめ!

不動産物件のなかには、特定のこだわりを持つ人をターゲットとする、超個性的な面白物件が存在します。

このような物件は、大手の不動産屋を通じて探しても、実はなかなか出会えません。

そこで、「せっかくならみんなとは違うものを買いたい!」、そんなこだわり派の人に向けて、インターネット検索を通じた面白い不動産物件の探し方について解説します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

インターネット検索で不動産物件を探そう

面白い不動産物件を探す場合は、とにかくインターネット検索を駆使して、自分に合った情報を得ることが大切です。

面白い物件に特化したサイトがたくさん!

一般的な物件は、分譲一戸建てのように、あらかじめ決められた「型」にはまった住宅が中心です。

不動産を探している人のなかには、型にはまった物件に物足りなさを感じる人もいるでしょう。
インターネット検索を使えば、そんなこだわり派の人に向けて、個性的な物件をだけを取り扱っているサイトにアクセスできます。

「デザイナーズ物件」「リノベーション向き」「古民家」など、ライフスタイルのこだわりを反映させたものから、「極狭」「駅から遠い」「おんぼろ」など、一見するとネガティブなものなで、その内容は多種多様です。

自分のニーズに合ったサイトを見つけること

不動産を探すときは、大手のサイトにアクセスして、条件を設定して検索することが一般的です。

個性的な物件を探すときは、設定する条件そのものがないため、いくら大手のサイトを使っても、自分が必要とする情報は出てきにくいでしょう。

そこで、最初にするべきことは、インターネット検索機能を使って、自分に合ったサイトを見つけること。サイトの選び方が適切ではないと、いくら念入りに探しても、気に入る物件では出会えません。

スポンサーリンク

面白い不動産物件①: 絶景不動産

日本を代表する建築家が、「絶景」を楽しめる物件をプロデュースしています。

建築家谷尻誠氏によるプロデュース

絶景不動産をプロデュースしているのが人気建築家の谷尻誠氏。建築家の目で厳選された物件が集められているのが「絶景不動産」というサイトです。

当サイトで紹介されているのは、建築家から見て風景の魅力にあふれている物件の数々。

自然の景色のほか、都会の夜景、日常的な光景(公園など)、水辺、新緑など、絶景の定義が幅広いことが特徴です。

郊外の不動産の楽しみ方を提案

「絶景不動産」で紹介されている物件の多くは、例外はあるものの、交通の便はいいとはいえません。

たとえば、高台にある不動産は、海や新緑を眺望できるなど絶景を楽しめる可能性大ですが、駅チカというわけにはいかないでしょう。

そのような不動産のポテンシャルを高めるため、風景に合わせたおしゃれな家をプロデュースし、風景の楽しみ方も併せて提案してくれています。

更地として売り出されている物件も多いため、こだわりが詰まった住宅を自分で建てたいと思っている人にもおすすめです。

【参考】https://zekkeisite.com/

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

面白い不動産物件②:Enjoy Style

それぞれが思い描くライフスタイルを実現する、楽しい街づくりを実現する、このふたつをコンセプトとするのが「Enjoy Style」です。

不動産情報をほぼ毎日更新

「Enjoy Style」に掲載されている不動産物件には、田舎にある古屋や平屋も多く含まれています。
「のんびり田舎暮らしをしたい」「休日はサーフィンを楽しみたい」など、ライフスタイルのこだわりがある人向けの不動産サイトと言えるでしょう。

どのようなライフスタイルが実現できるのかに着目して不動産物件を紹介。掲載されている文章や写真は、一般的な不動産屋サイトとは一線を画するものなので、のぞいてみるだけで楽しめます。

古家や平屋の味わいを活かすために、地元の建築家の協力のもと、リフォームやリノベーションのサポートもしています。

不動産を売りたい人向けのサポートも

親などから不動産を相続したものの、交通の便が悪すぎる、土地の形状がいびつ、斜面や山林のなかにある土地など、「絶対に売れないだろう…」というケースもあるでしょう。

また、昔からの土地となると、車を入れられない区画ということも少なくありません。一般的な不動産の査定基準だと、ほとんど値が付かない不動産に、価値を見出そうというのが「Enjoy Style」の考え方。

そのため、不動産評価の低い土地や家屋を持っている人が、売却のために利用することも多いようです。加えて、マンションや商業物件のリフォームおよびリノベーションの対応も可能だそうです。

【参考】https://enjoystyles.jp/

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

面白い不動産物件③:R不動産シリーズ

R不動産は、東京、金沢、福岡、山形、大阪、鹿児島、神戸、京都、鎌倉の計9エリアで展開している、ユニーク物件に着目した不動産サイトです。

個性的な検索機能にも注目

独自のこだわりが散りばめられたリノベーション物件やデザイナーズ物件を扱っているのがR不動産シリーズです。

賃貸でも購入でも個性的な物件が多く、なかには「やりすぎ」と言いたくなるようなものまであります。

R不動産のサイトは、検索機能も個性的で、「レトロな味わい」「眺望GOOD」「水辺/緑」など、「こんなところで暮らしたい」という漠然としたイメージから探せるようになっています。

また、「倉庫っぽい」「そそる/シビれる」「やりすぎ!」など、普通の不動産サイトではありえない検索ができることも特徴です。

面白い物件を見るだけで楽しい

物件の写真を見るだけでも楽しいのがR不動産シリーズの特徴。無国籍な雰囲気のテラスハウス、ユニークな外観の軍艦アパート、有名デザイナーが手掛けた住宅、リノベーションされた長屋など、ちょっと現実離れした物件写真を見ることができます。

将来、住み替えを検討しており、今までとは違う個性的なところに住んでみたい…でも、実際に行動する決断はできていない。

そんな人が、将来のために物件知識をストックするときにもおすすめのサイトです。

【参考】https://www.realtokyoestate.co.jp/

お問い合わせ

面白い不動産物件④:京都トンガリエステート

京都で風情ある雰囲気、隠れ家的な雰囲気を楽しみたい人は、京都トンガリエステートの物件情報が面白いかもしれません。

京都らしいレトロモダン物件に出会える

京都トンガリエステートは、京都の魅力を引き出すような物件を集めているサイト。

長屋や古民家をリノベーションしたレトロモダンな物件や、和とは対照的なコンクリート打ちっぱなしの物件など、「トンガリ」を感じさせるものが目立ちます。

もちろん、昔ながらの日本を感じさせる日本家屋や、外国人が住んでいたかのような洋館など、和洋折衷の京都の雰囲気を感じ取れます。

エピソード込みの物件紹介が特徴

不動産物件は、間取り図や周囲の環境などの説明が多いと思いますが、京都トンガリエステートでは、その物件ができるまでのエピソード紹介にも力を入れています。

オーナーがどのような思いでリノベーションしたのか、物件を査定した人がどのように感じたのかなど、リアルな文章がつづられています。

室内の様子も写真で細かく紹介されているため、住宅全体の雰囲気も把握できます。読み物としても面白い不動産サイトなので、日ごろから気軽にチェックしてみてもいいでしょう。

【参考】https://kyoto-tongari.com/

スポンサーリンク

まとめ

ここで紹介したサイト以外にも、面白い不動産物件を取り扱っているサイトはたくさんあります。

インターネット検索を駆使すれば、ここで紹介したもの以外のサイトや物件と出会えるかもしれません。

そこで、物件探しをしている人は、大手不動産屋のサイトと並行して、自分のニーズにこたえてくれるサイトを探してみるのもいいでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。