家の売却は地元の不動産屋と専門サイトどちらが良いの?

空き家を売却するのは、一括査定サイトで探す地元の不動産屋と空き家専門サイトとどちらが良いのか?検証してみます
近年、空き家が増加傾向にあります。

特に、生活圏と空き家の場所が遠く離れていると、空き家をどうするかで迷っている人が増えてきています。

空き家を放置すると、近所に迷惑をかけるだけでなく、固定資産税の問題も発生しますし、放置すればするほど家屋が傷んでしまうので、空き家を売ろうとする場合は早めにどうにかしたいという気持ちがあるでしょう。

多くの人は空き家を売却す際に「査定」を頼みますが、「地元の不動産屋」に依頼する方法と「空き家専門サイト」を利用して売却する方法がありますよね。

ですが、不動産(空き家)の売却を経験したことがある人は早々いないでしょうし、不動産屋と空き家専門サイトのどちらに売却を依頼したらいいか、なかなか区別がつきにくいです。

今回は、空き家を売却するのに地元の不動産屋と空き家専門サイトのどちらが良いのかを検証してみたいと思います。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

地元の不動産屋で売れなかったら空き家専門サイトに頼るのがベスト

「空き家を売りたい」と考えた場合は、真っ先に地元の不動産屋さんに相談することがベストです。

空き家の売却の簡単な流れとして、不動産会社は基本的に自店舗がある地域周辺の査定や売却に対応している傾向にあります。

特に遠方に空き家がある場合は、空き家現地の不動産会社に頼む必要が出てくるからです。

地元の不動産屋に査定をお願いして、査定価格に納得がいったら不動産会社と契約をし、空き家を販売していく流れを取ります。

地元の不動産屋を利用して、どうしても売れない場合は空き家専門サイトで販売を行い、家賃収入を得たり空き家を売却したりと方法があります。

まずは、地元の不動産屋で売却する場合について見ていきましょう。

スポンサーリンク

一括査定サイトを利用して地元の不動産屋で売却

地元の不動産屋に売却を依頼する場合、『不動産一括査定サイト』を入り口に、地元の不動産屋と空き家売却に向けて交渉を行っていくケースが多くなってきます。

また、地元の不動産屋の中には空き家の売却を得意としている会社と、そうでない会社がありますので、空き家の売却を得意とする不動産屋を見つけるのにも大活躍します。

では、地元の不動産屋で空き家の売却を行う際のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

地元の不動産屋を一括査定サイトで利用するメリット

地元の不動産屋を利用して空き家の売却をするメリットは、以下が考えられます。

• インターネットを使って自宅で不動産屋を探すので労力がかからない
• 無料で複数の地元の不動産屋を比較することができる
• 地元の不動産屋は中小であることが多く、親身に対応してくれる
• 地元の不動産屋の中に大手不動産屋の支店があれば宣伝力が上がる
• 地元不動産屋ならではの情報を持っている可能性がある

不動産屋は数多くありますし、数多くある不動産会社から空き家売却を得意とする不動産屋を探すにも電話で片っ端からあたるのはとても労力がかかります。

一括査定サイトでは、空き家がある地域に絞って最適な不動産屋を複数比較できるので時間も節約できますし、無料で地元の不動産屋を比較できるのがメリットです。

忙しくて時間が取れない人や、電話で当たるのが面倒という場合には、有効的に活用できます。

また、地元の不動産屋の中に大手不動産屋の支店があると宣伝力が上がりますので、買い手も早くつきます。

それだけでなく、地元の不動産屋は比較的親身になって対応してくれることが多いので、信頼関係を築きやすいのです。

地元の不動産屋を一括査定サイトで利用するデメリット

地元の不動産屋を利用するデメリットは、以下のようなことが考えられます。

• 地域によっては売却がなかなかできない場合がある
• 最新の不動産動向に対応しきれていない場合がある

地元の不動産屋の中に大手不動産屋の支店がない場合、地元の不動産屋では最新の不動産トレンドに対応しきれてない場合や、得手不得手がハッキリしてしまうことから地域によっては不動産売却が難しい場合があります。

一括査定で不動産屋を空き家周辺の地元寄りに絞り切ったとしても、上記のような理由で売却までなかなか話が進まないこともあることも多いのです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

空き家専門サイトで売却

最近では、空き家専門サイトが増えてきています。

空き家専門サイトを利用することで、地元の不動産屋で売却が困難な空き家の引き取り手や借主が見つかるケースがあります。

空き家売却に特化した空き家専門サイトを利用することで、不動産屋で買手がつかなかった
物件も、様々な形で買手が付く可能性があります。

空き家専門サイトでの空き家売却について、メリットとデメリットをお話ししていきます。

空き家専門サイトで売却をするメリット

空き家専門サイトで空き家を売却するメリットは、以下が考えられます。

• 不動産屋で価格がつかなかった物件にも価格を付けることができる
• 不動産屋では見つからないような層の目に留まるため売却の幅が広がる
• たとえ売り手が付かなくとも賃貸として貸し出す方法も取れる

空き家専門サイトは、近年注目を浴びているということから、テレビや雑誌で取り上げられることが増えてきました。

そのため、田舎暮らしをしたい若者や、自家農園がついた一戸建てを欲しがるファミリー世代などが、賃貸で一戸建てに住もうとしている傾向も多いようです。

また雰囲気のある空き家の場合は、店舗として改良をほどこしたいという事業経営者や、DIYの一環で自ら空き家に手を加えてオリジナリティ溢れる家づくりをしたいなど、このような需要の目に留まることは間違いありません。

空き家専門サイトで売却をするデメリット

一件空き家専門サイトで空き家を売ることにデメリットはないように見えますが、以下の様なデメリットも懸念する必要があります。

• プラットフォームが少ない
• 空き家の状態を明確に示さないと買い手が見つからない
• 月額料金を支払う場合がある
• 不動産屋の査定額よりも低価格での売却になる可能性もある
• 買い手に「買いたい!」「住みたい!」と思わせるようにする必要がある

空き家専門サイトという方法自体が、新たな空き家の売却方法です。そのため、空き家専門サイトの数自体もそこまで多くありません。

それだけでなく、空き家専門サイトに登録するに際して、場所によっては月額料金を支払う必要があるので、売れ残ってしまうと月額料金が売値よりも上回ってしまい、元が取れない場合が考えられます。

また、不動産屋で買い手のつかない空き家の場合は、他との差をつけるために相手に買わせる工夫を凝らす必要もあります。

売却価格についても、不動産屋の査定額より低くなる可能性を想定したうえで利用する必要もあります。

スポンサーリンク

まとめ

まずは地元の不動産屋に売却を依頼し、売れない場合は空き家専門サイトも活用しましょう。

空き家を売却するのに地元の不動産屋と空き家専門サイトのどちらが良いのかを検証してみました。

どちらにもメリットとデメリットはあるものの、最初は地元の不動産屋に売却を依頼するのがベストです。

たびたび登場する「不動産一括査定サイト」を利用すれば、空き家の周辺にある複数の不動産屋の査定金額を一度に知ることができます。

また、「不動産一括査定サイト」を複数活用しながら、じっくり希望に合致する不動産屋を見つけていきましょう。

半年以上たっても買い手が見つからないという場合に、空き家専門サイトで買い手を幅広く募集し、売却に囚われずに賃貸やDIY加納物件として売り出すなどすると良いでしょう。

どちらも利用することで、より空き家の売却がスムーズに進みますので、早めの行動をおススメします。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。