空き家専門のサイトが知りたい!厳選5つをご紹介

今、日本では地方や都心郊外を中心に、空き家が増えつつあります。

平成30年の総務省調査によれば、約846万戸と言われており、一戸建ての空き家率は13.6%と過去最高にのぼりました。

この中には、別荘などの住宅も含まれていますが、それを抜いても空き家の数は約808万戸、空き家率は12.9%となり、空き家が急増しているのがわかります。

それだけでなく、空き家となった家をそのまま放置していることも増えてきており、問題を多く抱えています。

空き家を売却するか、解体するか、はたまたそのまま相続するか売るかどうか、困ってしまうこともあるでしょう。

今回は、空き家についての困ったが発生した時にとても助けになる、空き家の専門サイトを厳選して5つご紹介します。

例えば、実家が空き家になってしまい、どうするか迷ってしまった場合や、空き家に関する情報をどこで入手してよいかわからないという際に、参考にしていただけますと幸いです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

1)空き家情報提供サイト

まず最初に紹介するのは、公益財団法人不動産流通推進センターが提供する、空き家情報提供サイトです。

空き家情報提供サイトでは、空き家の問題や課題から、各自治体の取り組み事例、空き家の相談事例など、空き家に関する情報が幅広く網羅されています。

ご自身の実家が空き家になってしまっても、まず最初にこちらのホームページへ行くことで、数多くの情報を入手することが可能です。

実家が空き家になったとしても、どうしたらいいかの道しるべを提供してくれるだけでなく、空き家になった実家をどうするかの選択肢も併せてチェックすることが可能です。

また、空き家を借りたり、買いたいという人の検索にも一役買っています。

スポンサーリンク

2)空き家活用.net

2つ目に紹介するのは、空き家活用.netです。

空き家活用.netは、空き家を抱えることになった方ごとに抱えるあらゆる問題をヒアリングし、解決できるための専門家を紹介してくれるサービス展開しています。

空き家に関する悩みを解決するための糸口を一緒に考えてくれ、あらゆる専門家を紹介してくれるのは大変ありがたいサービスです。

空き家活用.netの利用は、全て無料!

空き家に関する相談内容からご自身の悩みを解決出来ますし、所在地から相談すべき専門かを探せますので、空き家に関して専門家に尋ねたい場合は利用をおすすめします。

まずは、専門家の第三者目線で空き家をどうすべきか知りたい場合に、空き家活用.netは非常に有益な情報サイトです。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

3)空き家管理の全国ネット日本空き家サポート

3つ目にご紹介するのは、日本空き家サポートです。

空き家となってしまった実家を、自分の代わりに管理してくれるサービスを提携している優良不動産会社・住宅関連企業と共に提供しているだけでなく、空き家の売却や活用などの無料相談も併せて行ってくれるワンストップサービスです。

空き家の管理に関してトップのシェア率を誇る日本空き家サポートは、年に数回しか住まなくなってしまった空き家をあなたの代わりに管理してくれるだけでなく、これまでご自身で管理をしていた空き家を海外赴任等で管理が難しくなった場合に代行管理をしてくれます。

日本空き家サポートを利用するメリットは、インターネットを通して管理レポートを配信してくれるというところ。

空き家の管理だけでなく、マンションの空き部屋の管理に関してもプランによって充実した巡回管理を行ってくれますよ。

相談も無料でできますので、突然実家が空き家になってしまっても、すぐに相談できる環境が整っています。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

4)空き家活用株式会社

4つ目にご紹介するのは、空き家活用株式会社です。

空き家活用株式会社では、日本の空き家を現地調査で独自にデータベース化させた、「AKIDAS(アキダス)」を展開しています。

「AKIDAS」は2017年および2018年に「国土交通省地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業者」に選定されました。

空き家活用株式会社は、「AKIDAS」を利用することによりただ住むだけでなく、飲食店経営などの新たな活用方法を一般の方々や企業・ビジネス利用を目的とした方々にも幅広く対応できるように展開しています。

空き家活用株式会社では、空き家の相談を無料で受け付けていますので、第三者目線で空き家をどうしたいかという相談も可能です。

それだけでなく、あなた代わりに空き家活用株式会社が空き家を管理し、フォローもしてくれるサービスを展開しています。

また、大都市を中心に空き家に関する活用セミナーを法人などの事業者向けに展開しています。

お問い合わせ

5)NPO法人空家・空地管理センター

5つ目に紹介するのは、NPO法人空家・空地管理センターです。

NPO法人空家・空地管理センターは、国全体をあげて強化されている空き家の適正管理に対して、空き家所有者の人たちが利用できるサービスや相談窓口がほとんどないことに言及し、空き家の管理や活用を支援するために設立された、非営利団体です。

最近では、テレビでも紹介されるようになってきており、次第に認知度も上がっています。

NPO法人空家・空地管理センターのホームページでは、事例ごとに空き家問題や管理、活用方法で困っている方だけでなく、空き家の相続についても相談できる様になっていますので、困っていることに対して幅広く解決策を提示してくれます。

また、NPO法人空家・空地管理センター主催で全国各地で空き家セミナーや個別相談会も行っていますので、日にちを併せてセミナーに参加すれば、より安心して空き家の相談もできるようになっています。

参加費は無料であることがほとんどですので、是非そちらも活用してみましょう。

もちろん、電話でも相談窓口を展開していますので、気軽に相談できるのも良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、空き家に関する専門サイトを厳選して5つ紹介しました。

空き家に関する情報を網羅している情報サイトだけでなく、空き家の相談を無料で行ってくれる民間事業者があることは、空き家で困っている場合、本当に助かりますよね。

また、空き家に関する相談は、これらの様な空き家専門の窓口だけでなく、実際に空き家を解体する解体事業者でもすることが可能です。

空き家を減らすために必要なのは、空き家になることを予防することです。

予防をすることは、空き家になったらどうするかの相談場所を見つけ出し、今後どうするかを継続して考えていく必要があります。

今回紹介した5サイトや解体業者に空き家になる前に相談をすることで、いざ空き家になったときにどうしたら良いか、早めの決断をすることも可能なのです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。