平屋の実家が空き家に!何を売りにすればいい?

平屋の実家が空き家になってしまったけれど、売却の際に何を売りにしたら良いか悩んでいますね。

平屋は2階建てにはないメリットがたくさんありますから、築年数が経過しているからなどの理由で早まって解体してしまうのはやめましょう。

リフォームやリノベーションで見違えるほどキレイになるので、せっかくなら建物を残したまま平屋のメリットをセールスポイントにして売りに出してみると良いです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

平屋の空き家を売る際のセールスポイント

平屋の空き家を売却する際に、売りにすべきポイントは7つあります。セールスポイントとして大々的に公表すれば、購入希望者が見つかりやすくなるでしょう。

バリアフリーを実現でき老後も安心

平屋は階段がないためバリアフリー化を実現しやすいです。

バリアフリーなら車いすの方や高齢の方からの需要や、小さなお子さんがいる家庭でも転倒の危険を回避できるので人気が見込めます。

また、老後に備えて平屋を希望される世帯も増えています。人間誰もが年を取りますから、将来も安心して暮らせるというのは非常に大きなメリットを感じるでしょう。

家族のコミュニケーションがとりやすい

平屋はワンフロアの造りのため家族とのコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。
2階建ての家の場合、玄関からすぐに階段という構造も多く、子供が帰ってきて2階へ直行してしまうということもあります。

そうなると、お子さんがどんなお友達を連れてきているのか把握できない、学校で嫌なことがあっても相談せず部屋でふさぎ込んでしまうという可能性もあります。

しかし、平屋なら各部屋へ行く前にLDKを通る構造にすれば、必ず帰宅時に家族と顔を合わせることができ、1日の出来事を話し合うことができるでしょう。

また、高齢の親と同居するような場合でも、些細な体調の変化を見つけやすいというメリットもあります。

家族のコミュニケーションを大事にしたいと考える世帯では、平屋に限定して物件を探しているケースもありますよ。

スムーズな生活動線を確保できる

平屋は階段の上がり下がりがないので、生活動線がスムーズになるのが魅力です。たとえば洗濯物を2階に運ぶ手間もかかりませんし、掃除の際も上下移動がないととても楽です。

また、どの部屋からでも洗面やキッチンの水回りが近いとより便利な生活ができるはずです。

上の階からの足音や物音が気にならない

2階建ての家だと、1階にいると2階の足音や生活音などが気になるケースが多いですが、平屋なら一切気にする必要はありません。家族でも、足音や物音などが響いてくると不快に感じるものです。

特にマンションやアパートなどの集合住宅で暮らしている方は、上の階からの騒音の悩みを抱えている場合も多いので、2階の音をきにせず静かな生活が期待できるのは非常に大きな魅力になるはずです。

安定感があり地震や台風に強い

平屋は2階部分がないことで1階部分に重さの負担がかからないため、安定感が高いです。地震の揺れや台風の強風は上階の方がダメージを強く受けますが、1階しかない平屋ならそういった自然災害の影響を受けにくい強い構造と言えます。

特に地震大国である日本で耐震性が高いのはとても大きな魅力です。また安定感がある平屋は、柱や壁が少ない構造も実現可能なので広々としたリビングや大きな開口部をつくれるといったメリットもあります。

メンテナンスが安く済む

平屋は修繕時などに2階建てのような大がかりな足場を組む必要がないため、メンテナンスに関わる費用が安いです。

家は外壁塗装や屋根の修繕など5年や10年くらいごとにメンテナンスが必要になりますから、総額で考えると数十万円もの節約に繋がる可能性もあるのです。

敷地面積が広い割に低価格

平屋の家は2階建てのように縦に部屋を取れないため、広い土地に建てる傾向があります。敷地面積の広さを求める買主にとっては、平屋はとても魅力的な物件なのです。

さらに、空き家ともなれば築年数が経過しているケースが多いので、低価格な費用で購入できるといったメリットもあります。

リフォームや建て替えを前提として物件を探している購入希望者は多いので、そういった方にとってはどれだけ老朽化が進んでいても購入価格を抑えられるのは嬉しいでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

平屋のデメリットをも売りに変えられると理解しておくべき

平屋にはメリットばかりでなく、防犯面で不安、採光と通風性に欠ける、プライバシーの確保がしにくいというデメリットもあります。

物件を探している方にとってはメリットよりもデメリットの方が目に付くものですから、空き家の所有者は、こういった平屋のデメリットもリフォームや工夫次第でメリットになり得ることを説明できるよう把握しておきましょう。

防犯面で不安?

平屋は寝食など全ての生活環境が1階に集結するため、外部からの視線が気になる、防犯面で不安といったデメリットもあります。

しかし、逆を考えれば、2階建てより外部からの視線を感じやすいと言えるでしょう。たとえば不審者がウロウロしていたりしたら目につきやすいですし、敷地内に侵入してきたとしても物音で気付きやすいです。

家の周囲に砂利を敷いて足音が出やすいようにしたり、窓ガラスに防犯フィルムを貼ったりするといった工夫をすると防犯性も高まります。

あとは庭などにセンサーライトを設置したりするのも良いでしょう。大規模なリフォームをしなくても平屋の防犯性は高められる可能性があるというわけです。

採光性と通風性に欠ける?

平屋は延べ床面積が広い傾向にあることから、建物の中心に近い箇所では窓がない部屋がある可能性もあります。

そのため、平屋は採光性や通風性に欠けるデメリットがあるとされていますが、そういった間取りの平屋でもリフォームによって改善できます。

窓がない部屋なら天井部分に天窓を作れば陽当たりも風通しも良くなりますし、もし部屋数が余分なら窓のある部屋とつなげてしまえば良いです。

もしも、購入希望者が建て替えを検討しているなら、コの字型の平屋にしたり、建物の中心付近に中庭を作ることを進めてみても良いですね。

プライバシーは確保しにくい?

平屋は家族のコミュニケーションが取りやすいメリットがあると前述しましたが、その反面プライバシーが確保できないと感じるケースもあります。

また、住宅地や交通量の多い道路に面している平屋だと周囲の人目が気になるでしょう。

家族間のプライバシーを確保するためには、防音性の高い壁にリフォームしたり、各部屋に鍵をつけたりすると効果的です。

外部からのプライバシーを確保するなら、外から見えにくいカーテンにしたり、リフォームで道路に面している箇所の窓を小さくしたりするといった方法もあります。

工夫次第で住みやすい環境にできるので、売主は空き家のデメリットばかりを気にする必要はありません。

まとめ

平屋の空き家を売却しようと思ったら、平屋のメリットをしっかり理解しておくとセールスポイントにして売り出すことができます。

平屋にはバリアフリーで身体への負担が少ない、家族間の様子が分かりやすい、生活動線が優れているなど2階建て住宅にはないメリットがたくさんあります。

また、平屋の空き家ならではの一押しポイントは、広い土地なのに安く手に入れられるといった点が挙げられます。

もちろん平屋のデメリットもありますが、いずれもリフォームや工夫次第ではメリットに変えられる内容です。

所有者がデメリットもメリットになり得るとしっかり理解しておけば、自信をもって売りに出せて、購入希望者も見つかりやすいはずです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202102/2412:14Arrayからの新規の予約相談
  • 202102/1415:12Arrayからの新規の予約相談
  • 202102/1300:14Arrayからの新規の予約相談
  • 202102/0811:28Arrayからの新規の予約相談
  • 202102/0222:36Arrayからの新規の予約相談
  • 202101/2313:26Arrayからの新規の予約相談
  • 202101/2205:18Arrayからの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します