新しい家を探したい!おすすめ不動産ポータルサイト5つ

新しくマイホームを探すとき、まずはインターネットで物件情報を検索して、いくつかの候補を集めることになります。

物件情報を集めるサイトに行着くものの、不動産会社が運営しているわけでもなく、一体なんのサイト?と不思議に思ったことがあるのではないでしょうか。

そこで、不動産ポータルサイトとは何なのか、おすすめのサイトも含めて解説していきます。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

不動産ポータルサイトとは?

物件を購入するとき、不動産会社とやり取りする流れになりますが、不動産ポータルサイトはその入り口という位置づけです。

不動産ポータルサイトは不動産会社ではない

不動産ポータルサイトとは、不動産の入り口となるサイト、つまり不動産の情報を調べるときの入り口となるウェブサイトという意味です。

SUUMOやHOME’Sのような大手から、都道府県や特定のエリアに特化した地域密着型のものまで、不動産ポータルサイトの種類は多種多様。

これらのサイトには、物件等の情報とともに、取り扱っている不動産会社の問い合わせ先が公表されています。気になる物件があったら、取り扱い不動産会社に自分で問い合わせる流れとなります。

不動産ポータルサイトの特徴

不動産ポータルサイトを見てみると、サイトのデザインや雰囲気がそれぞれ異なります。

そこで、検索、比較、リスト化のしやすさなど、自分との相性からメインで使うポータルサイトを決めてもいいでしょう。選び方はいろいろありますが、なかでも重視したいの掲載されている物件の数。

基本的に大手のサイトは掲載物件数が多いのですが、特定の地域に特化して探す場合は、地域密着型のサイトのほうが充実していることもあります。

また、物件情報に口コミを投稿できるため、内見に行った人や住んだことがある人の意見がチェックできることも、不動産ポータルサイトならではの強みです。

スポンサーリンク

【おすすめ不動産ポータルサイト①】SUUMO

不動産ポータルサイトのなかでも圧倒的な知名度を誇るのが、スーモ君をマスコットキャラクターとするSUUMO(スーモ)です。

リクルートが運営しているポータルサイト

SUUMOを運営しているのは、人材紹介などで有名なリクルートのグループ会社であるリクルート住まいカンパニー。

実際に物件を取り扱っている不動産屋から「広告費」をもらうことで、サイトを運営しています。

売り主も活用できるSUUMO

SUUMOでは売り主向けの一括査定サービスも提供されています。同じ不動産であっても、仲介する業者によって、売り出し価格や買取価格は異なります。

そこで、複数の不動産仲介会社に査定を依頼し、比較したうえで仲介を依頼する流れになります。
査定はSUUMO自体ではなく、独自の審査基準を通過した不動産屋によって行われており、マンション、戸建て、土地の3種類に対応しています。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

【おすすめ不動産ポータルサイト②】LIFULL HOME’S

SUUMOと並ぶ大手の不動産ポータルサイトが、株式会社ライフルにより運営されているLIFULL HOME‘Sです。

細やかな検索に対応

SUUMOと同じくサイトのデザインが使いやすく、検索条件を細かく設定できることが特徴。

平米数、立地、部屋数などのほかに、近くにどんな公共施設があるのか、部屋にどんな設備が設置されているのか、どんな評価の土地や建物なのかなど、自分のこだわりを反映させて検索できます。

子どもがいるので学校や病院の近くがいい、エコホームに住んでみたい、キッチンは絶対にIHなど、細かいこだわりがある人におすすめです。

査定依頼のしやすさも特徴

LIFULL HOME‘Sは、不動産を売りたい人が必要とする機能が充実していることも特徴。不動産屋の情報が詳細に公開されているため、査定の依頼先を決める際の参考にできます。

LIFULL HOME’Sの強みとなるのが、投資用マンションや一棟もの、倉庫、工場にも対応していること。

さらに、住宅ローンの返済が難しくなったとき、任意売却に対応してくれる不動産屋に連絡を入れられるのもおすすめポイントです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

【おすすめ不動産ポータルサイト③】アットホーム

加盟している不動産店舗数がナンバー1としているポータルサイトがアットホームです。

中小の不動産屋の掲載も多い

アットホームは、加盟店舗が多いことから、大手のみならず地域密着型の不動産屋の取り扱い物件も掲載されています。

そのため、地元の不動産屋に出向かないと得られない、穴場の物件や掘り出し物の物件を見つけられることも。

そのため、地方に住み替える予定の人は、先ほど紹介したSUUMOやLIFULL HOME’Sのまえに、アットホームで検索をかけてみるのがおすすめです。

掲載物件数はやや少なめ

アットホームは、中小も含めて加盟店が多いものの、サイトに掲載されている物件数は、SUUMOやLIFULL HOME’Sと比較すると少なめになります。

そのため、大手不動産ポータルサイトと併用するかたちで利用すると、穴場もしくは掘り出し物の物件に出会えるかもしれません。

お問い合わせ

【おすすめ不動産ポータルサイト④】いえらぶ

最近、テレビCMなどで露出が増えているのが、株式会社 いえらぶGROUPが運営しているサイトいえらぶです。

不動産の一括査定が強み

いえらぶは、賃貸物件を探したり、マイホームを探したりすることもできますが、とくに得意なのが不動産の一括査定です。

自分が売りたい物件に合った不動産を、通常6社ほど紹介してくれるため、不動産会社にそのつど依頼を出す時間を省略できます。

提携している不動産屋の数が多く、大手のみならず地域の中小も含まれてきます。地元ならではの物件情報を握っている可能性もあるため、大小様々な規模の不動産屋に依頼することがポイントです。

賃貸を検討することもできる

分譲マンションを売りに出したとしても、すぐに売却できるとは限りません。そのようなとき、選択肢のひとつとなるのが、賃貸で家賃収入を得ること。

いえらぶは、賃貸に出した場合に、どれくらいの家賃収入が得られるのか、一括査定で調べることも可能です。

さまざまな方向から、不動産の取り扱いを検討できることが、いえらぶのおすすめポイントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

【おすすめ不動産ポータルサイト⑤】楽天不動産

楽天不動産は、インターネットショッピングモールの楽天市場のなかに開設された、住宅・不動産ジャンルのことです。

連絡がスムーズにとれる

楽天不動産は、一般的な不動産ポータルサイトと同じように、さまざまな条件設定により、物件情報を検索することができます。

売却を検討している人向けの一括査定、住み替えが決まった人向けの引っ越し見積もりにも対応しています。

それに加えて、楽天不動産を実際に使った人の口コミで目立つのが連絡のスピード。3営業日以内を基本としていますが、翌日に返信が来るケースも多いようです。

楽天スーパーポイントがたまる

楽天関連のサービスを利用する最大のメリットは、なんといってもポイントが貯まることでしょう。

物件を借りる、買う、売る、査定依頼をするだけで、楽天スーパーポイントが付与されます。

通常の楽天スーパーポイントのほか、提携している不動産屋が独自に特典を設けていることもあるため、2倍もしくはそれ以上のポイントがもらえるチャンスもあります。

お問い合わせ

まとめ

不動産ポータルサイトは、新規に参入している業者も増えているため、今後さまざまなサービスが展開されていくと予想されます。

それぞれ強みや特徴が異なりますので、自分が利用したいサービスに強いサイトを見極めることが、効率的に情報収集するためのポイント。

複数のサイトを併用することにより、穴場物件も含めて幅広く情報を集められるでしょう。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。