不動産の仲介手数料とは?

土地を購入する、また、住宅や店舗を建てるために土地を購入する。

これは、スーパーでお買い物をするのとはちょっと違います。その物の代金、消費税の他にさまざまな費用がかかってきます。

土地は個人で売買するにはいろいろな複雑な手続きがあるため、専門的な知識がないとなかなか難しいです。たいていの場合は売主と買主の間に不動産屋が入り、手続きを代行することが多いです。その時にかかるのが仲介手数料です。

上限は決められていますが、物件によっては100万円以上もかかることがあります。これだけの額を支払うのですから、不動産屋さんに言われるがままに支払うのではなく、きちんと納得して支払いたいものです。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

仲介手数料とは

不動産取引をする際に、不動産仲介会社に支払う報酬のことを言います。

これは契約が成立した時にのみ発生する費用です。成立しなければ支払う必要はありません。また、不動産屋さんが所有している土地を直接する場合は仲介手数料はかかりません。

仲介手数料っていくらくらいかかるの?

仲介手数料は上限が決まっています。多くの不動産会社は、この上限額を仲介手数料としています。また、この手数料には、さらに消費税がかかります。

仲介手数料の料率

200万円以下の部分 5%+消費税
200万円〜400万円の部分 4%+消費税
400万円超 3%+消費税

となっています。

計算例

売買価格 3,000万円の場合

200万円以下の部分 200万円×5% =  10万円
200万円~400万円の部分 200万円×4% =    8万円
400万円超の部分 2,600万円×3% =  78万円
合計 96万円

ここに消費税を足すと1,036,800円になります。

ただ、不動産を購入する場合、ほとんどが400万円超です。なので、速算式という方法があります。

200万円以下 5%
200万円〜400万円 4%+2万円
400万円超 3%+6万円

売買価格 3,000万円なので、400万円超のところを見ると

3,000万円✖️3%+6万円 = 96万円 + 消費税

になります。

さらに、計算するのが面倒な方には、目安がわかる早見表があります。

売買価格 仲介手数料(税込)
100万円 54,000円
200万円 108,000円
300万円 151,200円
400万円 194,000円
500万円 226,800円
600万円 259,200円
700万円 291,600円
800万円 324,000円
900万円 356,000円
1,000万円 388,000円
2,000万円 712,800円
3,000万円 1,036,800円
4,000万円 1,360,800円
5,000万円 1,684,800円
6,000万円 2,008,800円
7,000万円 2,332,800円
8,000万円 2,656,800円
9,000万円 2,980,800円
1億円 3,304,800円

100万円ごとに、32,400円、1,000万円ごとに324,000円増えます。

支払い方法

現金払い、振り込み、分割払いやクレカ払いにも対応している不動産会社もあります。

100万円を超える現金を持ち運ぶのは無用心なので、支払い方法がいろいろあるか確認しましょう。

支払い時期

仲介手数料は、契約が成立しないと発生しません。ただ、不動産の売買で契約成立後、実際の引き渡しまで、タイムラグがあることがあります。

ですから、契約成立時と、引渡しの2回に分けて支払うパターンと、決済引渡し時に一括で支払 う場合もあります。不動産会社によって異なるので確認が必要です。

仲介手数料が半額や、無料になるケース

不動産会社の収益となる仲介手数料が半額や無料になるなんて、いったいどういう仕組みなのでしょうか?

不動産仲介では、売主と買主のそれぞれから依頼を受けて、売買が成立した場合、両方から仲介手数料を取ることができます。これを「両手取引」と言います。

一方、買主から依頼を受けたが、売主は、ほかの不動産仲介会社が紹介した場合は買主からしか仲介手数料を取ることができません。これを「片手取引」と言います。

両手取引の場合は、両方から手数料を受け取ることができるので、広告費など経費を削減することができれば、買主からの仲介手数料を無料や割引をする事が可能になります。

スポンサーリンク

まとめ

仲介手数料は、結構、高額になります。不動産会社を選ぶ1つの判断材料になりますね。

また、仲介手数料は、上限額の事が多いですが、上限額でなければならないことはありません。
仲介手数料以外の費用を求められても支払わないようにしましょう。

不動産購入には、登記手続き、固定資産税など必要な経費がいろいろかかります。

予め、不動産会社の担当者にしっかり見積もりを依頼して、決して損をしないように心がけてくださいね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202008/0414:32大阪からの新規の予約相談
  • 202008/0413:29神奈川からの新規の予約相談
  • 202008/0112:49神奈川からの新規の予約相談
  • 202007/3121:46神奈川からの新規の予約相談
  • 202007/2809:36茨城からの新規の予約相談
  • 202007/2717:30大阪からの新規の予約相談
  • 202007/2513:57大阪からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します