横浜市の店舗内装解体(原状回復)費用相場はどのくらい?

横浜市で店舗の内装を解体する際、費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

実例を交えて相場を紹介するとともに、解体費用を抑えるコツや失敗しない業者の探し方を解説します。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

お問い合わせ

店舗内装解体とは?横浜市の費用相場はいくら?

店舗の内装解体にはいくつか種類があります。それにより解体費用も変わってきますので、まずは基本を押さえましょう。

店舗内装解体とは

文字通り店舗の内装を解体する工事のことです。

内装だけなので、躯体(天井、柱、梁、壁、床など)には手を加えないのが基本です。内装をまるまる撤去して躯体のみを残す工事を「スケルトン解体」と言います。

一方、その店舗に入居する以前の状態に戻す工事を「原状回復」と言います。店舗内装解体にかかる費用は、一般的にスケルトン解体のほうが安くなることが多くあります(ただしすべてがそうとは限りません)。

横浜市の店舗内装解体費用の相場

横浜市の店舗内装解体費用は、おおよそ13,000〜45,000円(坪あたり)程度とされています。

ただ、店舗の内装解体は「いくら」と相場を出すのが非常に難しい分野です。業態、面積、設備などによって大きく変わるためです。

たとえば美容室と飲食店、クリニックなどはそれぞれ設備が異なりますよね。仮に同じ面積だったとしても、個室が多い(仕切り壁などが多い)クリニックは高くなるなど、業態が大きく関わってきます。それを踏まえていただいたうえで参考にしてくださいね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク

【実例】横浜市の店舗内装解体の費用相場を紹介

実例から、横浜市の店舗内装解体における費用相場を考えてみましょう。

横浜市の店舗内装解体の実例

■飲食店30坪44万円(坪あたり14,667円)
■衣料品店42坪68万円(坪あたり16,190円)
■クリニック40坪179万円(坪あたり44,750円)
■治療院18坪65万円(坪あたり36,111円)
■衣料品店40坪39万円(坪あたり9,750円)
■飲食店13坪57万円(坪あたり43,846円)
■美容室18坪49万円(坪あたり27,222円)

一例ですが、横浜市における店舗内装解体の費用はこのようになりました。

やはり、坪数も大切ですが業態や設備で大きく変わってきそうですね。衣料品店で坪あたり1万円以下のケースがあるなどは驚きです。おそらくほぼ何もない状態だったのでしょう。

実例からみる横浜市の店舗内装解体の費用相場

サンプルが少ないため本当に「目安」となってしまいますが、上記の実例から単純計算で店舗内装解体の費用相場を算出してみると坪あたり27,000円前後になりそうです。

【解体業者専用】受注支援システム

・今のホームページが集客ツールになった
・無料で使えるGoogleマップで顧客獲得
・0円でホームページを制作するスマホ対策
・地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
・ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

初期費用0円で、ホームページを立ち上げる受注支援システムを提供しています。

>>今すぐチェックする

横浜市で店舗内装解体の費用を抑えるコツと業者の探し方

横浜市で、店舗内装解体の費用を抑えるにはどういった方法があるのでしょうか?

失敗しない業者の探し方と併せて、最後にお伝えします。

横浜市で店舗内装解体の費用を抑えるコツ

横浜市で店舗内装の解体費用をできるだけ抑えたいと思ったら、まずは【解体業者に直接依頼する】ことです。一括見積サイトや工務店などを仲介すると、その分マージンが発生するためです。

また必ず2社程度から【相見積もりを取って比較する】こと、什器やデスク、イス、蛍光灯など【撤去できるものは撤去しておく】ことなども、内装解体の費用を抑えるためにできることです。

横浜市で店舗内装解体の業者の探し方と注意点

店舗内装の解体工事は、退去の日なども決まっていますので遅延は絶対に避けたいですよね。

信頼できる業者を探すには「解体工事業登録」「建設業許可」いずれかを受けている業者から探しましょう。

無登録・無許可の業者は違法ですので依頼してはいけません。過去のトラブルの有無などが気になる方は、国土交通省が運営する「建設業者の不正行為等に関する情報交換コラボレーションシステム」を利用するのもよいでしょう。

解体業者の内装解体の実績をチェックしておくことも大切です。似たようなケースの事例があれば参考にしやすいでしょう。

一方、避けたいのが「極端に安い業者」「相見積もりを見て値段を大幅に下げてくる業者」「意思疎通が計れない業者」などです。

安いのはうれしいことですが、安すぎる場合は利益を確保するためどこかで浮かせなければなりません。たとえば廃棄物を不法投棄された場合、施主(依頼主)も罰せられる可能性があります。安すぎる業者や、正当な理由もなく大幅に値下げしてくる業者には注意しましょう。

意思疎通が計れない業者は、工期や工事範囲(頼んでいないものまで解体される等)でトラブルになる可能性があります。担当者の対応や打ち合わせの際などに、信頼できそうかどうかチェックすることも忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

横浜市の店舗内装解体の費用相場や、できるだけ抑えるためのコツ、そして業者の選び方などを解説してきました。

店舗内装解体の費用は業態や設備で大きく変わってきます。まずは相見積もりを取りましょう。

また、業者選びは重要です。この解体業者なら任せられる!と思える業者を探してくださいね。

【あわせて読みたい。こちらの記事もご覧ください】

解体業者様へ、0円で始められる解体工事の受注支援システム

冊子
  • 今の時代ホームページが集客ツールだった
  • 無料で使える
    Googleマップから新規問い合わせ
  • 0円でホームページを制作するスマホ対策
  • 地元のお客さんを効率的に来店してもらう方法
  • 素人がホームページで儲ける5つのステップ
  • ネットで目立つ解体屋のホームページの裏話

無料ガイドブックをプレゼント。