ホテルの解体費用はいくら?高層ビルやホテルを解体する日本の技術はスゴイ!

インバウンドの増加や、東京オリンピック・パラリンピック開催中の訪日客に向けて、都市部ではホテルの建設が急ピッチで進められています。

その中には、既設ホテルや高層ビルを解体して建て直す現場もあります。総事業費・建設費などは話題になることも多いですが、解体費用って分かりにくいですよね!

この記事では、ホテルの解体費用の目安と、日本が世界に誇るホテルや高層ビルの解体方法を紹介します。

【こちらの関連記事もご覧ください】

お問い合わせ

ホテルや高層ビル、解体費用はいくらくらいになるの?

解体費用は、その建物の大きさ、解体方法、排出される廃棄物の量、人工(にんく)、足場、防音・防塵シート、基礎解体、その他付帯工事などなど、さまざまな条件によって大きく変わってきます。

そのため、携帯料金の「2,980円/月」などのように、分かりやすい目安があるわけではありません。

ホテルや高層ビルの多くはS(鉄骨)造、RC(鉄筋コンクリート)造、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造ですが、解体費用を概算する目安となる「坪単価」を見てみると、それぞれ次のようになります。

  • S造…35,000円/坪
  • RC造…45,500円/坪
  • SRC造…60,000円/坪

実在する(した)ホテルの解体費用を、上記の坪単価の平均相場をもとに概算してみたいと思います。

廃業ホテルの解体費用1億8000万円!

例えば、山形県鶴岡市で2007年に廃業したホテルが、未だ手付かずのまま老朽化が進み、もはや廃墟と化していることで問題になっています。このホテルの解体費用は、およそ1億8000万円とされています。

これはあくまで一例であり、前述のように解体費用はケースバイケースではありますが、7階建て鉄骨鉄筋コンクリート造(延床面積約3100平方メートル)で1億8000万円とは、、、解体できずに放置されてしまうわけですよね。

なお、このホテルはSRC造、延床面積3100平方メートル(坪換算で937.75坪)ですから、単純計算で

60,000円×937.75坪=5626万5000円

となります。

平均相場とされる坪単価で単純計算しただけですが、解体費用だけで5600万円かかることになります。

ここに、先ほどお伝えした人件費、廃棄物の運搬や処分費用、足場や養生など仮設費用、解体業者の利益などさまざまな費用が加わり、トータル1億8000万円という解体費用になってしまうわけですね。

赤坂プリンスホテルの解体費用は20億超え!?

もうひとつ、2012年〜2013年にかけて解体され、その解体工法も大きな話題となった赤プリ(赤坂プリンスホテル)の新館の例を見てみましょう。

階数は地上39階・地下2階・塔屋1階で、構造は地上がS造・地下がSRC造です。

延床面積は67,750平方メートルです。

全構造がS造と仮定して延床面積で解体費用を概算してみると、次のようになります。

35,000円×20494.38坪=7億1730万3300円

もちろん、これも単純計算なのであくまで概算ですが、先ほどの山形県鶴岡市のホテルを例に考えると、解体費用の総額は、建物の解体費用のおよそ3倍程度になりますので、21億円以上はかかっているのでは?と予想できます。

いかがでしょうか?

ホテルや高層ビルの解体費用って、やっぱりケタが違いますよね…!

解体費用を捻出する余裕もなく廃業してしまった場合、解体したくても着手できず、放置されてしまうケースが多いのも、(本来、あってはいけないのですが)仕方ないようにも思えます。

なお余談ですが、山形県鶴岡市のケースは、平成26年11月に施行された「空き家等対策特別措置法」に基づく行政代執行で解体される予定です。

1億1000万円は国の補助、残りを鶴岡市が負担することになるようです。

スポンサーリンク

ホテルや高層ビルはどうやって解体するの?

ところで、ホテルや高層ビルなどは、どうやって解体するのでしょうか?

さすがに、都市部にあるホテルや高層ビルは、海外のように「爆破解体」はできませんよね。

かといって、住宅などのように重機で一気に解体することもできません。

以前は、ホテルや高層ビルなどの解体は建物の中と外にタワークレーン(昇降可能な仮設揚重機)を設置して解体していく方法が一般的でした(現在も100m以下など高さによってこうした解体工法が採用されています)。

ですが、必ずしも効率が良いとは言えないことや、周囲への粉塵・騒音、廃棄物の落下などさまざまなリスクもあり、大手建設会社はそれぞれ、新しい解体工法が必要と考え開発に着手してきました。

その結果、いくつもの新しい解体工法が生み出され、現在、それぞれの現場で生かされています。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 鉄骨建物の解体費用と工法をご紹介
  2. 解体費用(鉄骨・火災・内装)の事例をご紹介!パート2
  3. ガソリンスタンドの解体費用ってどのくらい?解体業者の探し方もご紹介

赤プリの解体で用いられた「テコレップシステム」

グランドプリンスホテル赤坂の解体工事で採用されたのは、大成建設が開発した「テコレップシステム(Taisei Ecological Reproduction System)」です。

まず、解体の基本「建物の構造に関わらない部材や備品、設備などはすべて撤去する」ところから始まります。

次にホテルの屋根を超大型のジャッキで支えて「蓋」とし、その蓋の上から防音・防塵シートで建物の上部をしっかりと覆います。

この閉ざされた空間の中で「2層(2フロア)解体する→ジャッキを降ろす→2層解体する→ジャッキを降ろす」という工程を繰り返していくわけです。

内部では解体が進められていますが、外から見ると「本当に解体工事が行われているの?」と思えるほど、何もありません(防音・防塵シートにホテルが覆われている程度)。

しかも2層ずつ解体してジャッキが降りていく訳ですから、毎日そこを通る方は、「あれ?なんかこの前よりも赤プリが縮んでいない?」と驚くかもしれませんね。

「目立たないように」「美しく」「静かに」「縮む」解体で、かつ、作業の効率性や周囲への安全確保、環境への配慮まで考えられた、まさに画期的な解体方法だったわけです。

だるま落としのような鹿島建設の「カットアンドダウン工法」

逆に下層階から解体していく、鹿島建設の「鹿島カットアンドダウン工法」も素晴らしい開発です。

鹿島建設の旧本社ビルや、東京・大手町にあった、りそな・マルハビルなどの解体に採用されて話題となった工法です。

解体するホテルや高層ビル自体を「油圧ジャッキ」でしっかり支えます。

その状態で下階から解体工事を進め、だるま落としのように徐々に縮んでいくという解体方法です。

解体工事自体は、地上に近い下階でのみ行われます。

つまり、騒音の拡散、粉塵の飛散、廃棄物や部材の落下、作業員の転落…ならゆるリスクを最小限に抑えることができるわけです。

そのうえ屋根も最後まで残りますので、雨が降っても現場が濡れることなく作業が進められます。

内装に使われた部材のほとんどを、リサイクルできたとも言われています。

まだまだある!日本が世界に誇れる解体方法

大成建設や鹿島建設のほか、竹中工務店は「竹中ハットダウン工法」、大林組は「QBカットオフ工法」、清水建設は「シミズ・リバース・コンストラクション工法」といったように、大手ゼネコン各社は高い「安全性」「環境性」「効率性」を兼ね備えた、さまざまな解体方法を開発しています。

まさに、日本が世界に誇れる素晴らしき技術たちです。

ホテルや高層ビルなどの解体工事はなかなか目にする機会がなく、また現場を覗くことが難しいので、中でどんな工事が行われているか知ることはできませんが、こうした解体方法が生み出されているということは、知っておきたいですね。

ホテル解体のまとめ

ホテルや高層ビルの解体工事には、当然ですが多額の費用がかかります。

ただ、従来とは異なり、現在さまざまな解体方法が開発され、作業の効率化が進んでいます。

それによってコストダウンも可能になってきていますので、大幅に!とは行かないまでも、解体費用は今後、抑えられるようになっていくかもしれません。

各建設会社が、今後どういった解体方法を開発していくのかも注目したいですね!

【こちらの関連記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 201912/1015:51??からの新規の予約相談
  • 201912/1004:50??からの新規の予約相談
  • 201912/0901:38??からの新規の予約相談
  • 201912/0809:29福岡からの新規の予約相談
  • 201912/0709:36??からの新規の予約相談
  • 201912/0705:02徳島からの新規の予約相談
  • 201912/0618:43??からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

ABOUTこの記事をかいた人

市川雅樹

35年で過去5,000棟の解体工事を手がけた解体専門店・市川工業の責任者であり、解体協会の理事も務めています。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務を中心に、毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいます。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいます。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士