解体費用(鉄骨・火災・内装)の事例をご紹介!パート2

解体費用の事例を紹介します

「解体工事って大体どの位の費用がかかるものなの?」

お問合せいただく中で、この質問が一番多いと思います。

解体工事費用は良く坪〇万円~などと表現されますが、それはあくまで平均的な相場であって、実際お客様が依頼したい物件の価格ではありません。

また、建物の種類や大きさ、施工条件によってもだいぶ変わってきてしまいますので一概に「坪当たりいくら」とは言えないものです。

やはり、実際に行った事例を見るのが一番わかりやすいと思います。

今回の事例は「鉄骨造・火災物件・店舗内装」に3種類について解体事例をご紹介したいと思います。

是非、ご参考にしてください。

【解体事例関連の記事もご覧ください】

お問い合わせ

鉄骨造の解体費用事例

まず最初に、鉄骨造の建物解体の施工事例をご紹介いたします。

①店舗兼倉庫の部分解体

こちらは旧店舗であり、すべて鉄骨で作られている建物です。

全部解体ではなく、一部切り離しての部分解体です。

鉄骨解体(49坪130万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
鉄骨倉庫 49坪 部分解体(切り離し) 130万円 6日間

②工場倉庫の解体工事

とある工場の建物です。

鉄骨造の比較的大きな工場でした。

鉄骨倉庫(95坪160万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
鉄骨工場 72坪 全て解体撤去 195万円 8日間

③ガレージ解体工事

駐車用のガレージです。

平屋のガレージが数列並んでいました。

古くなったので解体して、新たに駐車スペースとして開発するそうです。

ガレージ(104坪146万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
駐車ガレージ 104坪 土間コン部分残し 146万円 8日間

④マンションモデルルーム解体工事

マンション販売用のモデルルームがこの建物の内部にあります。

マンション販売が完了したのでこちらを撤去する運びとなりました。

モデルルーム150万
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
モデルルーム 全部解体 150万円 6日間
スポンサーリンク

火災物件の解体費用事例

続いて、火災にあってしまった住宅の解体事例をご紹介いたします。

火事は怖いものだし、危険なので出来る事なら気を付けたい所です。

毎年、数件の火災物件を対応させていただきますが、火災物件はすべて一緒に燃えてしまっているので、分別手間がかかりしますし、特別な処分が必要ですので通常の解体より費用は高くなります。

しかし、市町村によっては火災物件に限り特例で「減免」という制度があります。

これは、燃えてしまった混合廃材(家財類)の処分費用を免除してくれる、という制度です。

これだけでも大きな費用になりますので、これがある市町村なら絶対に使うべき制度です。

①3F建ての大きな住宅火災

高基礎の比較的大きな住宅での火災事例です。

建物の外観は残っていますが、内部がほぼ全焼しております。

火災物件(135坪330万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
木造住宅3階 135坪 全部解体 330万円 11日間

【こちらの記事もご覧下さい】

  1. 倉庫の解体費用を解説します
  2. 家の解体費用を自分で算出する方法
  3. 古家、古民家の解体費用相場を解説

関連記事の一覧はこちらから

②木造住宅の火災解体

一般住宅の火災物件です。

この日は風も強ったため、家全体が全焼してしまいました。

作業通路や施工場所が狭かったため、時間と手間がかかりました。

火災物件2(42坪180万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
木造住宅2階 42坪 全部解体 180万円 7日間

店舗内装回収(原状回復工事)の解体費用事例

店舗がリニューアルもしくは新しいお店が入ることになると、今の状態から元の状態にして引き渡さなくてはなりません。

これを「原状回復」と言いますが、この際に必要となる作業が内装解体工事です。

様々な店舗さんから原状回復工事の依頼も受けますので数点ご紹介いたします。

ちなみに、この店舗内装解体に関してはそれこそ店舗ごとに条件が違うので一概に㎡あたりいくらといった平均相場費用が出しにくいものだと思います。

①写真館の内装解体

こちらは子供専用の写真館です。

リニューアルに伴い、原状回復工事を行いました。

店舗内装解体(139㎡110万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
商業用テナント 139㎡ 原状回復 110万円 3日間

②お花屋の内装解体

内壁や床を解体するのではなく、お店の什器類や壁クロスなどの撤去作業です。

店舗内装(28㎡22万)
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
商業用テナント 28㎡ 原状回復 22万円 1日間

③カフェの内装解体

カフェとして営業していたお店でしたが閉めることになった為の原状回復工事です。

ボード壁・床材もすべて撤去して、躯体である軽量鉄骨を残しての内装解体です。

店舗内装24万
解体物件 付属工事 解体費用 工事日数
カフェ 原状回復 24万円 2日間
スポンサーリンク

特殊な解体工事は費用相場が難しい

いかがでしたでしょうか?

今回は、通常の住宅ではなくちょっとだけ特殊な解体工事をご紹介しました。

一般的な住宅の解体ですと大体の費用相場が分かるのですが、こういった建物になると平均的な解体費用相場を出すのは少し難しいかもしれませんね。

もしこの様な建物の解体が必要になった時は必ず数社の業者さんから見積もりをもらって判断するようにしてください。

これが一番間違えの無い方法なのです。

【こちらの記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 201906/2417:44東京からの新規の予約相談
  • 201906/2320:06山形からの新規の予約相談
  • 201906/2118:19福岡からの新規の予約相談
  • 201906/2014:02愛知からの新規の予約相談
  • 201906/2009:41??からの新規の予約相談
  • 201906/1812:35神奈川からの新規の予約相談
  • 201906/1718:23からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

ABOUTこの記事をかいた人

市川雅樹

35年で過去5,000棟の解体工事を手がけた解体専門店・市川工業の責任者であり、解体協会の理事も務めています。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務を中心に、毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいます。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいます。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士