解体工事ってどうなる事が一番良いの?

解体工事をお考えの方へ

「解体工事」というと、ほとんどの方は「その建物を取り壊すこと」をイメージすると思います。

もちろんそれが解体ということなので間違いではありませんが、実際にはそれだけでは終わりません。

解体工事を行ったあと、最終的にどうなることが一番良いのか? 更地や整地の違いは?などについて解説をして参ります!

【解体工事に関連する記事はこちらから】

お問い合わせ

解体工事は「建物を取り壊したら終わり」じゃない

ee2f61ed480ecd6421821d55dfaf6405_s

解体工事を考えた時、どうしても「費用」「どの業者が良いか」というところばかりを重視してしまい「解体工事後にどうなっているか」つまり、仕上がりや整地方法などを軽視してしまいがちです。

ところが、お願いした解体業者の技術が低かったり、いい加減な業者にお願いしてしまうと、解体後の仕上がりが悪くなってしまうことがあります。

するとどうなると思いますか?

仕上がり次第では、その土地の地盤に影響を与えたり、その土地の地価を大きく左右してしまうことがあるのです。

解体後に新たに建物を建てる場合もそうですが、更地にして売却を考えている場合も仕上がりを重視することはとても大切なことなのです。

スポンサーリンク

解体工事の仕上がりとは?

解体業者は多数、存在します。

中には経験が豊富で熟練された技術を持つ職人さんも多いのですが、その反対に経験が少なく、初心者をアルバイトで雇っているような業者も少なくありません。

もちろん誰でも最初は経験が浅いものですし、熟練の職人さんについて指導してもらっているという駆け出しの職人さんもいらっしゃいますので、アルバイト等を否定しているという意味ではありません。

ですが、技術がない解体業者やいい加減な解体業者が解体工事を行うと、本来はきちんと処分しなければならないはずの「解体工事によって発生した建材ゴミ」が撤去されていないケースがあるのです。

意図的であるかどうかは関係なく、建材ゴミが残っているとどうなるかと言いますと、そのゴミが長い月日を経て次第
に腐敗していき、やがてその部分に徐々に空洞が生まれてきてしまうのです。

それを知らずに建物を建ててしまうと、その建物の重量で空洞がつぶれ、地盤沈下を招いてしまうリスクが非常に大きくなるのです。

また、もっと悪質な業者になってくると、産業廃棄物の処分費用を出来るだけ抑えて利益を上げるために、建材ゴミを地中に埋める、いわゆる「不法投棄」といったとんでもない行為を働くケースもあるのです。

こうなってしまうと責任の所在を明らかにすることが難しくなります。

解体工事後に地中からガラなどが見つかった場合

4a6a3b9603e9763198940dbd46d86b96_s

「ガラ」とはコンクリートや石膏ボード、木屑などゴミのことを指します。

解体工事後にこれらのガラが地中から発見され、それが明らかに解体業者が埋めたと思われる場合、それが解体業者が埋めたものであるということを認めさせることが必要になります。

それにはどういう方法があるのでしょうか?

次から説明して行きます。

(1)写真を撮る

82da0b20438ecf2a44d3437d2d16518e_s

まずは発見し次第、その場でガラが埋められている様子を写真に収めます。

同時に、解体業者に連絡をして立会いと説明を求めます。

ここで認めてもらえれば、解体業者の責任で処理をしてくれるはずです。

これには費用はかかりません。

(2)解体業者の責任であることを立証する

もし解体業者が否定したら、面倒なことになります。

まずは証人探しです。

近所の方などに「業者がガラを地中に埋めているのを見ませんでしたか?」などと聞き取りを行います。

さらに、役所などで今回取り壊した建物の前にはその土地に建物は建っていなかったことを証明(または建っていたとしても今回見つかったガラを使用した建物ではなかったことを証明)するための資料を集めます。

もしそれでも否定されるようであれば、最終手段として弁護士に相談することになります。

少し話が逸れてしまいましたが、このように解体工事後のトラブルも考えられますので、解体業者の技術は重要になってくるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

整地とは?更地との違いは?

「整地」と「更地」という言葉があります。似ているようで意味が全く異なりますので、一度おさらいをしておきましょう。

整地(せいち)とは…

3b91ecedd99225589beb27c65e219fc3_s

整地とは、建物を解体した後に、工事で発生したコンクリート片、石、石膏ボードくず、木くず、ガラスなどを手や重機などで拾って綺麗にし、さらにその後に重機で踏み固める作業(転圧作業)を行った土地のことです。

なお、業者によって様々ですが、その上でトンボ掛けや掃き掃除などを行ってくれる業者もあります。

アスファルト舗装や砕石舗装などの特殊な整地でなければ、基本的には解体業者が解体工事後に行ってくれます。

見積もりにも整地に関しての記載がある場合とない場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。

更地(さらち)とは…

05a514974262f8c6dd49683f18bf2438_s

更地とは、単にその土地に建物などの定着物がない状態を指します。

整地されているかどうかは関係ありませんし、樹木があったり凹凸があっても更地です。

もし解体後に土地の売却を考えている場合は、更地ではなく、きちんと整地をしてから売却するということを覚えておきましょう。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. 安くて良い解体工事を依頼する方法
  2. 解体工事会社を始める際の届け出や手続きについて解説
  3. 安くて良い解体工事を依頼する方法
  4. 家の解体費用の料金相場と安く依頼する3つの方法

関連記事の一覧はこちらから

解体工事後のトラブルを防ぐためには?

解体工事後の様々なトラブルを防ぐためには、施主の心がけも大切になってきます。

ポイントをいくつかご紹介します。

(1)整地内容を明確にしておく

60555f9075a503a6779b33ab6ff091e2_s

整地は「どこまで行う」という決まりはありません。

そのため業者によって仕上がりは様々で、言わなくても綺麗にしてくれる業者もあれば、「え?これで終わり?」といったレベルの整地で完了の業者もあります。

解体後の活用方法が決まっているのであれば、事前に伝えるようにしましょう。

この場合の「事前に」とは現地調査や見積もりの時点が望ましいでしょう。

そうすれば「どこから追加費用が必要になるのか」が確認しやすいからです。

(2)現場をチェックする

e31af1f6ba2d0b2244722a4b320d07d6_s

着工したら解体業者に任せっぱなし、という状況では、建材ゴミを地中に埋められてしまっても分かりません。

できるだけ解体現場へ足を運び、きちんとチェックしているということを業者にアピールしておくことも大切です。

(3)そのほか、解体工事後にチェックしておきたいポイント

2c1a09cdbc8e8de6992cbd6fed610a50_s

建物がなくなり、整地をしてもらえて一安心、と言いたいところですが、その後のトラブルなどを防ぐためにも「契約通りの工事内容がきちんと行われたか」を確認することを忘れないようにしましょう。

特に工事費用を支払ってしまった後では「納得して支払った」とみなされますので、手直しなどをお願いしにくくなります。

双方が最後まで気持ち良く取引をするためにも、最終確認は大切になってきます。

①ブロック塀、樹木、ガラなどの取りこぼしや撤去忘れがないか確認します。

②可能であれば近隣の住民にも立ち会ってもらい、塀、外壁、屋根、ガレージ、車、植栽などに破損や汚損などがなかったか確認します。

③現場周辺の路上などに砂や石、泥などが散乱していないか確認します。

④近隣の方へ解体工事が完了した旨を報告(挨拶)したかどうか確認します。

⑤建物滅失登記の際に「取毀し(とりこわし)証明書」が必要になります。解体業者が発行しますので忘れずに受け取りましょう。

⑥自分で行うこともできますが、一般的には土地家屋調査士に建物滅失登記を依頼します。

⑦マニフェスト(産業廃棄物管理票)の写しをいつもらえるか確認します。

⑧契約書を見直して、抜けがないか最終チェックします。

これらの最終確認を行って問題がなければ、解体費用(残額あるいは一括)を支払うという流れにすることで、解体工事後のトラブルを極力防ぐように努めましょう。

スポンサーリンク

「解体工事後は整地」と覚えておきましょう

解体工事は最終的にどうなることが一番良いのか?というお話しでした。

解体後の目的にもよりますが、一般的には一番良いのは「整地」まできちんと行うということになります。

整地をどこまで行うかに関しては業者によって様々ですので、施主の方があらかじめイメージを明確に持っておくこと、そして契約前にイメージを正しく伝えることが必要になります。

お問い合わせ

一番良い解体工事の終わり方

解体工事で一番良いのは「安くて、丁寧で、綺麗に終わる」事に尽きると思います。

まとめると「安心して完了する」ことではないでしょうか?

こういう解体工事に出会えることを祈っております。

c009b2a4c2b0dd9531811de9e7052cea_s

【こちらの関連記事もご覧ください】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新着の見積相談

  • 202001/2101:27??からの新規の予約相談
  • 202001/2023:05??からの新規の予約相談
  • 202001/2020:03愛知からの新規の予約相談
  • 202001/2015:02??からの新規の予約相談
  • 202001/2014:02東京からの新規の予約相談
  • 202001/2012:38??からの新規の予約相談
  • 202001/1920:38大阪からの新規の予約相談

解体の達人は24時間365日対応です。まずはお気軽に見積予約してください。

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

なぜ、5人中4人が“見積書に書かれていない”重要事項を見過ごしてしまい、解体工事を後悔してしまったのか?

「この見積もりって本当に大丈夫?」
「よく分からないので、業者任せにして
 しまいそう・・」
「近隣対応ですべきことがあったなんて
知らなかった…」
「見積書の抜けを見抜くポイントがある
なんて知らなかった」

解体の達人

失敗しない解体工事をするためには、最低限のポイントがあります。
メールでお問い合わせいただいた方には、解体工事を行うために必要な重要エッセンスを詰め込んだ無料ガイドブックを差し上げます。

冊子
  • もう安心!これが本当の解体費用相場だった
  • アレがあんな値段で売れるなんて!
    普通の解体業者は教えてくれない不用品処分法
  • 知らなきゃ怖い!建物以外のアレの処分費用
  • 安くて良い解体工事を依頼する3つのポイント
  • 追加料金の落とし穴を回避する方法
  • 誰も教えてくれない。良い見積書の見分け方

24時間365日対応です。お気軽にご相談ください。
メールからお問い合わせいただいた方には
無料ガイドブックをプレゼントをプレゼント!

お問い合わせフォームから予約相談(年中対応)

お電話によるご相談

解体・外構工事はお気軽にお問い合せ下さい。
「私たちがご案内いたします♪」

ご返信:2営業日以内に地域担当企業ご返信します

ABOUTこの記事をかいた人

市川雅樹

35年で過去5,000棟の解体工事を手がけた解体専門店・市川工業の責任者であり、解体協会の理事も務めています。 建物解体工事を中心に産業廃棄物のリサイクル業務を中心に、毎年、年間300件以上の解体工事でお客様とふれあう中で「より良いサービスを提供する解体企業になる」をモットーに、業界のイメージと解体工事の品質向上に力を注いでいます。 現在は新潟県解体工事業協会の理事を務め、解体業界全体の品位向上に力を注いでいます。 資格:一級土木施工管理技士、リサイクル施設技術管理者、解体工事施工技士